生きているロボットをこよなく愛す
例年通りお蔵入りか雑なまま公開するか。。。。


あにめどらをみるじかんがでてきました。
休みのたびに1時間消化しています。
っていっても録画ハードディスク入れ替えるの面倒なので、
割と新しめのですね。
カチコチの番宣とかが入ってるところに来ました。
後ろにはまだ2T残ってるのか。。。。

本題;
「トレーサーバッジ」にてモブ;才野(仮)がやまだとよばれた事を受けて、
唐突に「モブについて」を雑に修正
ていうか山田が色紙にあったってのがびっくりですよ。
スタッフの中ではしっかりとあるのかな、設定。

また、委員長こと少女Aが田中との情報をいただいておりましたので、
同じく反映いたしました。
(なお田中姓を振ってたえっちゃんは没収となりました)
できれば自分の目で確かめてからとは思っておりましたが、
見直す時間が取れないっぽいのでこの機会にとなりました。
遅くなってすみません。

間が空きましたが改めて、
耳たぶの調子がよくない田中さんを応援しています。

【2017/04/21 19:19】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
今日のドラ、
チカちゃん可愛かったですね。
これからも出てくるといいですね。

でも忘れてはいけない。彼女の設定と髪型を。
お隣であの髪型です。更に人形遊びです。

だまされるな!
奴の正体はガン子だ!
幼児がお金落として怒るママはミツ夫のママだ!
それは時間軸が違うのではないかって?

では奴はガン子の娘である。
ガミガミママはガン子だ!
あ、きれいに繋がった(オイ)

ジャイ子の影響で可愛くリニューアルされたようです。
「のろいのカメラ」リメイクの時に
無邪気な狂奇路線で再登場したら笑うけど。


じゃなかったらキョーボー一族なんですねチカちゃん。
いや彼もショタ時は可愛かったのでありなのか。なのか。

あと彼ですけどね。
ショタ時はいい子だった訳で、
荒れたのは中学頃ですのでここ2.3年。
そして登場時の「うるさいぞ!」
ここから導き出される結論は!

荒れた原因はお隣の娘さんがバイオリン始めたから。
可愛そうに…
彼も被害者だったのですよ。


誕生日にネコにされて全裸晒したり、
コピー作られて乗っ取られそうになったり、
今日のタイトルだけで牛乳風呂を期待されたり、
お隣の彼女もそれなりに被害者なのですがー

【2012/05/25 23:01】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
「のび太の忍者修行」

ニンニン(アドリブ)は山を越え谷を越え、
何処かへ行ってしまいました。
ドロンも巻き添えでドロンしました。

いつも通りグダーとだらけているのび太。
咎められても、「だらけちゃ悪い?と」
悪びれる様子もありません。
別にする事もなければノンビリしてても良いとは思いますが、
頻度の問題か、
「大体のび太くんには忍耐力というものがないんだよ。」
と辛辣なタヌキさん。

「あっ、そうだ!」と取り出したのは、忍者と忍術の本。
忍で連想したのかもしれませんが、何の関連性もありません。
何を伝えたかったのかかなりの謎です。

その本も、
ハットリくんではなく
マンガでもなく、
もちろん史実ではなく、
絵なら絵本。実写ならコスプレ集と取れるよく解らないもの。
修行セットの付属品なら箱の中に入っているでしょうし、
何故こんな本を持っていたのでしょうか。

しかし単純なのび太は思惑通り(?)に感化され、
山を越え谷を越え、投げる手裏剣ストライク
の忍者でござるイメージを抱きつつ、
「ボクも忍術が使えたらいいな」と危険発言。
一般的な忍者イメージなのかもしれない。
元道具名からのイメージ先行かもしれない。
でもここの一連ののび太は某OPを意識しているような気がしてなりません。

案の定、「忍術が使える道具なんてない?」
と聞くのび太に、
珍しく「あるよ。」と即答。

間違った忍者修行セットを出す所まで計算通りなのでしょうか。
それとも先ほどの本は
この子供のおもちゃの付属品だったのでしょうか。
連続で出てきた事から、
ドラはこっそり巻物を使っている線も捨てきれませんね。

「忍術を軽く考えてもらっては困る。忍術は忍ぶ術なのだ。」
と忍耐ネタに戻って伏線も張っておきます。
結局お説教したいが為に忍者本を出したのでしょうか。
このタコ八先生。もといタヌ八先生。

中身を見て目をキラキラさせるのび太が可愛らしいですね。
運命が解っているだけに余計…

まず選んだのは「水上歩行の術」
なぜかサーフィンでヒロインさんから素敵ーと。
いやそれ歩行じゃないから。歩いてないから。

しかしながら出てきたのは水ぐも。
これ未来の道具なのでしょうか?
いやいや実際には水ぐもって使えないらしいですから、
使えるレベルに改良された未来の道具なのでしょう。
アメンボウ?なにそれ。

のび太は「ただ浮きの上に立つだけだろ。」と馬鹿にし、
「じゃあやってもらおうかな。」とタヌキ。
ドラには結果が解っていそうですが、
売り言葉に買い言葉って奴ですね。

哀れのび太はお風呂場で垂直にひっくり返る羽目に。
どんだけ深いのでしょうか。シネラマンも飲んでたの?
それともこれが未来の水ぐもの効果なのか!
ドンブラ粉内蔵の「どこでも水ぐも」とか。
恐ろしく意味がありませんね。

水の上なんか歩いてもしょうがないので
あっさりくじけるのび太が次に選んだのは、
「天狗飛翔の術」
ジャイアンをからかって逃げるのび太
「のび太さんかっこいい!」と静香。
ないないないない。

出てきたのはロボットツリーの種でした。
未来の道具っぽいぞ!
唯一未来の道具っぽいぞ!(禁句)
これを飛び越える事により跳躍力を養うと。

この時の忍者ドラが可愛らしいのですが、
ドラの目の動きが細かくて感服いたしました。
木の頂点に向けてちゃんと視線が動いているのですよ。

どんなに訓練しても家越えは難しいかもしれませんが、
そこは未来の道具、
飛び越えるごとにふわぐわガスなどを
少しづつ吹き付けてくれたりするのでしょう。
3年、1年、半年と期間がある事から、
ちょっとずつ投与して中毒もとい蓄積させるのです。

しかしのび太は1時間に設定し、
あっという間に飛べるはずがない高さになってしまいました。
1時間って設定があるのもどうかと思いますが、
ぐんぐん伸びるって事はい1時間ひたすら跳び続けるのですよね。
さすが未来、恐ろしい特訓メニューです。

「モイストハリウッドに行く」を思い出したり

最後は疾風百里行の術
風のように早く走れるそうです。
イメージは何故かかギリシア。
意味不明と言いたい所ですが、
月桂樹はオリンピックの象徴。
オリンピックと言えば全裸、
つまり全裸修行を示唆しているのですね!
なかなか知的だぞ、のび太。

さて、ここまででのび太は一度も忍者を考えていません。
別に忍者になりたいわけではなくて、
忍術が使いたい…
と言うか静香にキャーキャー言われたいだけなのですね。

背景が不穏ですが、
スカートがめくれるのもお構いなしで尊敬する静香。
これまでの一連のイメージって、運動が出来る人は素敵で尊敬される…
つまり暗に出木杉肯定してますよね。
その位置にはいつも出木杉(たまにたけしさん)がいるのですよね。
あわれ。

あ、道具はドシフン。
地面に引きずらないように走るのです。
なんだか長すぎる気がしますが、
どうせ30分コースなどにしたのでしょう。
1寸から6間まで自由自在の「のびちぢみふんどし」
うん未来っぽい。

何も脱がなくても良いのに半裸で走るのび太さん
「こんなとこ誰かに見られたら大変だ」
なんて言うのは見てくださいって事。
スネ夫に踏まれて転び、
その先には待望のヒロインさん。
よかったね。キャーと言われて。
イメージ通りスカートもひるがえりましたよ。
一番望みが叶ったんじゃない?

もちろん納得するわけがなく、
「もっと手っ取り早く忍術が使える道具はないの?」
とこの作品の主題に戻りました。
そう言えば大長編忍者主題ってやってないですね。
次は時代劇なんか良いのではないでしょうか。

さっきの巻物はなんなの?
と言うのび太に、
「子供の忍者ごっこに使うんだ。くだらない」とドラ。
なら何故持っている。
知ってるぞ。
こっそり使ってメスネコ覗いたり、
子猫に化けてきれいきれいされたりしてるんだろ。
この変態タヌキ!

これもまた名前変更された「お手軽巻物」
ドロンは別に良いのではないかと…
幽霊イメージの方が強いからか、単に巻き添えか。
関係ないけどドロンモドキの水谷先生、
ドロンの由来は幽霊で、
陰気な先生だと思っていました、
アラン・ドロンだったのですね。
陰気なのは陰木さんだけで十分ですよね。

10分間だけ変身が出来るそうです。
「忍術が堪え忍ぶ術なんて嘘ばっかり」
根本的に化けるのは忍者じゃないんですが…
あと安易な発言は後で泣く事になるぞ。

真っ先にガマガエルに化けましたが、
「イヤー」との反応は当然。
ガマガエルでもアレなのに巨大で二本足です。
「のび太だよ」って言おうものならなおさらキャーです。

でも何故ここでガマガエルなのでしょう。
ハットリくんを読んだ(原作)ならばカエルは敵のはず。
のび太はケムマキ派なのか!
ケムマキに投影していたのか!
驚かせるのが目的なら完全に成功です。
おめでとう。

今回のアニメでは、カエルに変身する絵でも本の中にあれば、
納得が出来たのかなと思ったりします。

当然静香には追い出され、街の住民には追われ…
10分立たないと戻れないので逃げ回るのび太。
ひたすら哀れですが、
疾風百里行の術とかくれみの術を駆使して待避。

彼は何がしたかったのか

さて次は皆様お待ちかねの犬変身。
カットするかと思いきや、
PTAすいせん子供に見せたいアニメに怖いものなし!
さあきれいきれいしましょうね。

犬と一緒には入らないと思いますが…
のび太の妄想と言う名のサービスですので問題なし。
あ、動物と一緒はエリさまの例がありましたか。

犬作戦は言うまでもなく計画倒れ。
最後に姿を消す事を選んだのですが、
何で「しずかちゃーん」って駆け寄っていくの?
見えないから「ステキ!」展開はないよ。
何でなの?

それに気が付いたのか、
見えない事を利用してジャイアンを殴る蹴るの方向に転換。
オチが解ってるのに懲りない子ですね。
出現後、もう一度消える事でジャイアンからは逃げられましたが、
見えない事が災いして自転車にはねられてしまいました。
衝撃は伝わる…と言うか自転車などひっくり返ると思うのですが、
どうやらこの人ははね慣れているのだと思います。
練馬にはよくある事です。

その後も、工事現場で土をかけられ、バットで殴られ、
引っ越しのタンスに当たり、サッカーボールにぶつけられて
おまけに踏まれてしまいました。
なぜみんな揃って気が付かないのか。
やはりよくある事なのでしょう。
この土地で不思議な事を気にしても仕方がないのです。
オバケとか透明なのは腐るほどいるのです。
気にするのは大ガエルくらいです。タヌキはスルー。

のび太はくじけず目標地点までやっと辿り着きました!
堪え忍ぶとは正にこの事!
迷うことなく風呂場に直行!
時間もないし急げ急げ。

直行しておいて「あ…」はないと思う。
いるの期待してたんでしょ?
みんなの期待に答えたんでしょ?

とてもタイミング良く実体化し、
山のような風呂道具をぶつけられるのび太。
忍者はここにいたのか!


追記を閉じる▲

【2011/11/08 07:38】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
「まじんのいない魔法のランプ」

今度はほんこ。
さて以前の作品を2作ほど観てきました。

比較する気はさらさら無いのですが、
80年代の流れるようなテンポの天丼ギャグ、
00年代のふざけたバカバカしさはありません。
では駄目だったのかと言えば当然そんな事はなく…
魔人数が最多なのですよ!!
過去に出てきた魔人は全て回収した上に追加。
しかも原作基準の+目!
画面眺めているだけで楽しいのです。
(結局流れはどれも原作基準ですし…)

別にキャラ萌えを謳っているわけではありません。
魔人キャラが多いが故のテンポの良さ。
90年版を引っ張り出すのならば、
普段命令されているのび太が、
次々と命令してゆく痛快さ。
そこに魅力があるのです。

今って全てのキャラを愛せますけど、
凄く昔はのび太が他のキャラに道具を使ってどうこうするのって、
それだけで面白かったと。
ドラ本編って基本みんな敵役だったと思うのです。
味方はドラ(道具)だけの孤独な世界って感じを持っていました。
そのドラも必ずしも全面的に味方な訳じゃないですし。

本編

やっぱり宿題に悩むのび太、
やってるだけ褒めてあげても良いのですが、
ドラは「がんばってね」と冷たいです。
「他人事みたいに!」と言われれば「他人事だもん。」
そりゃそうですがー
お話がお話なのでドラは基本冷たいですね。
出す道具がアレですし。

「魔法のランプがあれば…」と
コンピューターペンシルだの小人ばこだのは忘却の彼方なのび太に、
「あるよ」とこれまた素っ気なく道具を取り出します。

言うまでもない「まじんのいない魔法のランプ」
「のび太くん」とのび太を吸い込み、
誰もいないのに中を見上げて一人で道具の解説をするドラ。
傍目から観ると危ない人です。

命令も当然「宿題をやりなさい」なのですが、
「さらさらさらさら」で出来るって事は
のび太の頭って実は悪くないのでは…
魔人になっても能力的には変わっていないようですし。

宿題を終えたのび太は元に戻ります。
やはり魔人の記憶はないようですね。
この道具を出した理由は宿題をやらせるためなのでしょうが、
記憶がないのならば実はあまり意味がないのでは…

さて、「持ち主の言う事を絶対聴かなくてはいけない」
最強道具がのび太の手に渡りました。
今回は呪文も不要なタイプです。
そしてこれ見よがしに散らかっているお部屋!

やった!新キャラ!ドラ魔人!
掃除を申しつけられたドラ魔人の
本をしっぽでひょい跳ね上げる動作が可愛い可愛い。

設定的には魂の有無は関係ないと言うのが大きいでしょうね。
いやドラは夢見るし魂に近い物があるのかも知れませんので、
ある程度の知能があれば魔人化出来るのでしょうか。
やっこさんユーレイにもなったし。
旧作オマージュがある…のか?

で、やっぱり出てくるママ。
この子をまともにお使いに行かせる事は無理だと知るべき。
って言うか居候のタヌキからお使い道具を徴収してもいいと思うんだ。

外に出ればマンガを大量購入し、「ちょっと自慢したかっただけ~」
と馬鹿にするこれまた学習能力のないスネ夫。
ろくな事になった試しがないのに懲りないものですね。
そして誕生したスネ魔人は揉み手までしてやっぱり卑屈。
のび太は容赦なく全部回収。
戻ったスネ夫が「おやすいご用で~」って言ってるし良いんでしょう。

そしてこれまた何か持っていると沸いてくる男ジャイアン。
見せろと言うジャイアンに、「とっても難しい本さ。」
とごまかしにかかるのび太ですが、
「お前がマンガ以外のもの読むはずないだろう。」
と完全に見透かされております。
でも難しい本や電話帳とかだったらそれはそれで怒るんでしょ?

しかし今ののび太にはシレンで言う所のブフーの杖[99]があるので、
アークジャイアンでも恐れる事はありません。
あっさり魔人化し、ジャイアンに静香宅の庭掃除を命じます。
更に宿題をやらせて遊ぼうとするのび太。
たまたま近くにいた先生(やっぱり先生で有効)を捕獲し、
宿題をやらせます。

しかし静香は「宿題は自分でやるべきよ」とまじめな返答。
庭掃除は良いのかヒロインさん。
これが一般生徒だったら流したかもしれません。
出木杉だったら「出木杉さんに悪いわ」に鳴ったかもしれません。
先生にやらせるのは引くよね。うん。

そんな心はつゆ知らず、
「真面目だなあしずかちゃんは」と思わず吸い込んでしまいました。
ここで魔人総出演が判明して大歓喜。
もうちょっと増えるかも!と期待も膨らみます。

そして流石ヒロインさんは登場シーンもあざとい。
のび太さんは「好きな事をして良いよ」とご命令。
これはお風呂だな!
人魚理論でオッケーよ。なはず!
総登場である

と思えば飛び上がり、希望を粉々に打ち砕くヴァイオリンを手に取りました。
源家ではピアノの上に置いてあるのですね。
余り良い事ではありませんが…
と言うかこれはアレですか。
娘が手軽に取れない場所に置いてあるって事で良いのでしょうか。
高価な物だから大切にしているのですね(しらじらしい)

その演奏はドクロにノコギリにヒビの入ったグラス。
先生は魔人の力か耐性があるのか平気なようです。
その頃運悪く掃除が終わり、
正気に戻ったジャイアンが洗礼を受けます。
わらにもすがる思いで「ジャイアン助けて」と叫ぶのび太は
またしてもジャイアンを魔人化してしまいました。

「逃げちゃってずるい」と言うのび太。
何故か元に戻ってその言葉を聞いていた静香はこの上なく激怒!
自覚はあるのかしら。
その頃みなさん正気に戻りました。
揃って激怒です。
やっぱり若干記憶があるのでしょうか。
ならばのび太の宿題も無駄ではないのかな?

今回魔人数が最多。
つまり怒っている人も最多!
どんどん仲間が増えていきます。
静香も「待て!」とヴァイオリン振り上げて追いかけてきます。
ぶん殴るのかノコギリ引きか、はたまた演奏するつもりなのか?

のび太は古典的手法、電柱隠れの術で事なきを得た…
かと思いきや一度通りすぎたものの、
「その手に載るか!」とノリのいいみなさま方。

この際ランプの中に逃げ込もう!
どんな命令されるかも想定せず、
「ここなら誰も追いかけてこないだろう。」と一息つきます。
確かに誰も来ませんよ。
来てない人がいるだけです。
みんなで++

気が付いたドラがランプをこすると、
やたらつやつやしたジャイアンが飛び出してきました。
今なら命令しても怒らないのかな?

「どうなってるんでしょう?」
との問いかけに、一同魔人目で「さ、さあ…?」と終わり。
これは訳が解らず魔人になってた時の目ですので、
「訳が解らん」感が出てて凄く良かったです。

総合的意見。
結局若干記憶があるんですよね。
命令されたら怒りますよね。
この道具何?いやがらせ目的?


魔人数まとめ
・原作 4
のび太、ママ、スネ夫、ジャイアン
・80年度版 5
のび太、ママ、先生、スネ夫、ジャイアン
・80年度版 5
のび太、ママ、スネ夫、ジャイアン、しずか
・紙芝居版 5
のび太、ママ、スネ夫、ジャイアン、しずか
・10年度版 7
のび太、ドラ、ママ、スネ夫、ジャイアン、先生、しずか


追記を閉じる▲

【2011/11/01 07:48】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
久々に超高速でのアニメドラ感想です。
嘘ですが。


いや、久々とアニメドラ感想は本当です。
「魔人のいない魔法のランプ」(1991/8/16(再)
ウチにある最古のビデオです。
それだけに繰り返し繰り返し観てまして、
この「夏だ一番!ドラえもん祭り」はセリフ暗唱出来るほど。

ちなみにラインナップは、
「魔人のいない魔法のランプ」
「南海の大冒険」(新)
「しあわせ保険機」
の3本、全未収録でお送りいたします。

あ、のこり2本はソフト化されてますのでそっちを参照してくだちい、
テレビ文庫(VHSオンリー)だけど。

あらすじ

宿題の多さに値を上げるのび太。
ドラに手伝ってもらおうとするが、
ドラはゲームブック「アラジンと魔法のランプ」
を読んでいて忙しいとそっけない。
アラジンのランプがあればいいのになと言うのび太に…

原作に忠実ですね。
と言うか初のアニメ化なのでアレンジする必要がないというか(謎)

ランプの魔人も原作忠実ですが、
使用手順に「アブラカタブラ」が必要となっています。
吸い込む時は「アブラカタブラ(名前)」
出す時は「アブラカタブラ魔人よ出てまいれ」
となります。
吸い込まれる相手の意志は関係ないのも原作通り。

ドラはまずのび太を魔人にし、
宿題をやらせます。
結果的に宿題を終わらせてしまったのび太は、
ランプを静香に見せようとするのですが、
そこに立ちふさがるラスボス「ママ」
ラスボスのくせにお使いイベントをこなさせようとします。

のび太を魔人にした時は「野比のび太」とフルネームだったのですが、
今回は「ママ」で通りました。
相変わらず未来の道具はいい加減もといファジーです。

これでイベントクリアかと思いきや、
次には先生が現れました。
成績の事でママに進言したいとの事。
言うまでもなく魔人化し、
「真っ直ぐうちに帰りなさい」と命令。
名前は「先生」で通りました。もうなんでもありですね。

さて原作通りゴールドマンスネ夫のご登場。
「新しいマンガ10冊も買ったんだぞ。10冊だぞ!」
「見せて欲しいか?」
とよせば良いのに無駄な自慢をやらかします。
返事はもちろん、
「べー!だぞ」

どうしてこうなったかは文字数の都合で省く

「ご主人様何なりとご用件をお言いつけ下さい」
とスネ夫らしくとても従順。
のび太に「コラ!遅いぞ!」と怒られれば、
「申し訳ございませんご主人様」と即土下座。
ある意味潔くもあります。

マンガを渡すと魔法は解けるのですが、
何故かスネちゃまだけ記憶あり。
やり慣れているから耐性があるのでしょうか。

道具なりマンガなりを持っていれば現れるのがジャイアン。
「のび太、素通りか?」
「何を持ってるんだ。見せろよ」

一昔の感覚ではとんでもなかった

映画ではいい人なんて言われます。
って事は普段は酷い人なのです。
忘れてはいけません。
星がにじんだ屈辱の日々なのです

石につまずいてこけたのび太は素早くジャイアンをゲットだぜ。
あとは静香宅にて楽しい奴隷の日々なのです。

「なんだか悪いわ。」
「いいのいいの、ご主人様のお役に立てて喜んでるんだから。」
「そうかしら(笑)」
と見事に素晴らしくクズしかいないアニメです。


「学校の教科書が全部漫画だったら出木杉なんかには負けないさ」
などとうそぶきながらのび太は読破完了、

スネ夫が買った漫画は、
オバQ、パーマン(コロコロ)、
ドラっぽいのも見えますね。
女の子はセーラと書いてありました。

漫画を読み、用事も済んだので
ジャイアンは用済みとなり解放されました。
ここでドラが一人そろそろいつものパターンだとメタ発言。
うん、みんな解ってる。

記憶の残ってたスネ夫に吹き込まれたのか激怒のジャイアンとスネ夫。
逃走するのび太は、
ポケットからアメを取り出し、
「えいっ、これでどうだ!」
とまきびし攻撃。

「おっ、アメだ!」と飛び突くものの、
顔を見合わせ、
「そんな事をしている場合じゃない!」
「のび太待てー」

「じゃぁこれではどうだ」
「おっ、ガムだ!」
「そんな事をしている場合じゃない!」
「のび太待てー」

「じゃ、おまけだ!」
「おっ、画鋲だ!」
「いてえーっ」
「そんな事をしている場合じゃない!」
「のび太待てー」

「そうこうしているうちに見失ってしまった」

DVD化を切に願う


この一連のテンポが面白すぎて何回観た事か。
今回も4回は観てます。最高!
テンポとか天丼を逆手に取ってるのも面白いのですが、
「見失ってしまった」までジャイスネが二人で同時にしゃべってます。
この息は流石だなぁと。

しかしのび太は逃げ切ったわけではなく、
土管の中に隠れているだけ、
2人は空き地に到着して探し回っております。
苦肉の策でのび太は自分を魔人に…
ランプの落ちる音で土管に気付いたジャイスネは、
双方から一気に責め立てますが結果は…

さて一見無事に逃げおおせたのび太。
そこに解っていながら今更到着したドラ。
「誰かが気が付かないと戻れないのに」などど良いながらのび太を呼び出し、
もういいよと言いますが、
のび太は用事を済ませないと戻れないと…

ドラ(やはりクズだった)はのび太の背に乗り「こりゃいいや」
どこまで行けば良いのかと言うのび太に、
「そうだな、町内をあと10週はしてもらおうか」
勘弁してくださいとのび太がひるがえり、
ドラが落下してめでたしめでたし。

とまぁ原作に忠実ながらオチ(後日談?)を加えたシナリオ。
文章では伝わりにくいですがテンポがとても良く、
「解ってて止めない」ドラの存在など、
登場人物全てに好印象を持てないのが帰って愛おしい作品です。
(なんだそれ)
いやみんな等しく痛い目にあっているではありませんか。
ドラの落下先は源宅だから。絶対。

映像ソフト化されておらず、
再放送もこれ以後無かった記憶があります。
埋もれさせるには惜しい出来なのですが、
タイムマシンBOXの続報はいつくるのでしょう。

ついでにCMを。
チーズキャッチは恐竜パロで、
シリアルは鬼岩城と大魔境。
CMでフルアニメって良い時代だったのですね。
で、開拓史は?



追記を閉じる▲

【2011/10/31 11:04】 | アニメ感想
トラックバック(0) |