生きているロボットをこよなく愛す
F全集第10回配本やっと買えました。

今現在余り読む暇がございませんので、
軽く週報だけチェックしたのですが2期の情報が!
1期でパーマン魔美キテレツと有名所を消費しすぎて
どうなることやらと思っていたのです。
しかも大長編ドラを目玉扱いとか正気か?と不安だったのですが、

ドラ、Qは当然継続。
しかしオバQが普通に買えるのを「当然」と見なすのは、
良い感じに麻痺してますねぇ。
21エモン、チンプイ、みきおに並んで

「バウバウ大臣」!!!
大好き。
この作品に出会わなければファンから離れてたかもしれない。
そのくらい思い入れの深い作品で、
刊行してくれたFFには最大限の感謝を!
保存用とかレアとか考えることなく2冊目を買ったタイトルです。
ボロボロになった1冊目、
そこそこ綺麗な2冊目とも大切に保管してあります。
未収録もチェック済みで未読はないはずですが、
埋もれたカットがどれだけ出てくるのかとワクワク。

「てぶくろてっちゃん」
再録で1話と最終話を読んだだけですが、
最終話の秋風のような綺麗さが素晴らしい。

「パジャママン」「Pポコ」「モッコロくん」
ぴかコミモッコロくん発売時に、
売れればこれらの作品も…と期待して、
10冊買った事が昨日のように…
無駄ではなかった!(無駄)
Pポコは暴力ねーちゃんというレアキャラが魅力なのです。
パジャママンはあまり読めてないのですが、
パジャマと言うよりツナギスーツであるとだけ申しておきましょう。
さすがFだ。

「トッピ」「ドビンソン」
ドビンソンはチンプイと、
トッピはドラとリンクがある作品ですね。
タイミング的にベストかと。

「大長編ドラ」「少年SF短編」
有名所だけど逆に売りがない人たち
一般向け枠かしら。
ドラはカラー確定っぽいけど…

ここで漏れてる有名所は3期に回るんでしょうか。
デンカ、モジャ公、ぼん…
濃いぞ!

週報場所
ドラ
294 294
パーマン
162 158
魔美
194 200

【2010/04/27 22:39】 | 藤子
トラックバック(0) |
「のび太の遠足サバイバル」
原作は「キングコング」かと思ってたらそんな事無かった。

正直に申し上げますのならば、
1月お休みでパワーアップって(一応)煽って…
なにこれ?と。
必ずしも全て悪い意味じゃないんですよ。
相変わらず小ネタは満載だし、
普通に毎週放送してたら「こんなのもたまには良いよね」なんですが、
1月開いてるからなぁ…
うっかり見逃した人へのフォローか(何の?)

それよりなによりおまけコーナーが絵描き歌(使い回し)は許し難い。
あのコーナーこそくぅだらなくバカバカしくやって欲しいのですが。
高井山への学校遠足。
いきなりバスが故障し立ち往生していた所に、
都合良くドラが弁当を届けに来た。
グレードアップ液をバスにかけて乗り切る物の、
道具を手にしたのび太が調子に乗って…

バスが故障した時に「大丈夫よーしりとりでもする?」と
のんきなガイドさん。
良くある事なのでしょうか。
注目すべきはキテレツ(偽)っぽいカラーの嫌らしい目つきしたモブ。
あとグレードアップ液で修理は出来ないのでは…
バスの大暴走がこの後の大暴走を象徴してます。

タヌキを普通に認識

何の告知もなくOPが新バージョンに!
ハグのマイナーキャラ大行進を思い出す、
ひみつ道具大行進!
人格のある道具だけかと思ったら、
空気砲やもしもボックス、
風雲ドラえもん城まで大行進!
見所はロボ子なのは言うまでもないですが。
それにしても何故
このアニメはゴキブリカバーに拘るのか全く理解に苦しむよ。
サビからして2番に合わせてるのかな?と思って試してみたけど
特にそう言う訳でもない?
(合わない訳ではありませんでしたが)

キャラ絵がそれっぽいけど寺本さん?

才野とキテレツはモラいもんのゲームの貸し借りをしているようです。
リニューアルして22世紀まで続くのですね。
ドラもそうあるべき。

5人班として、
キテレツ、才野、森安、太子、名前募集中(全て仮称)が組んでるみたい。
そしてなんとこのどうにも名前の付けられない子が班長であると解釈できる。
しんがりも勤めるし堅実に生きる女である。

のび太そっくりのサルを見つけたスネ夫とジャイアンは、
「高級バナナあげる」→「はいあげた」
と、早速からかい始めます。
このキャラ、何かキーになるかと思えば全くならなかった。
正にのび太である。

そんな中、しずかは釣り糸が絡まった小鳥を助けます。
・高井山はバスで行く距離
・ふもとに魚がいる湖がある
・サルとシカがいる
着実にデータが溜まっていくんですが、
都会にそんな地があるんでしょうか。

のび太が遅れれば「班行動」先走れば「班行動」
責任感が強いのか山の怖さを知っているのか
(サルもシカも子連れイノシシまでいるし)
はさておきキャラが暴走していますね。
「たまえ」口調を所望する。
「天才」も可

グレードアップ液でグレードアップした猿と山。
さながら簡易RPG。
のび太が半端でなく遅いおかげで、
他の子は巻き込まれずに済んだんでしょうか。
でも一般客は果たして…

猿に追われて「見ざる言わざる聞かざる」ネタ。
ポイントは実際にすべき事は口を押さえる事であり、
「出木杉がボケた」と言う事である。

猿に追いつめられ、崖から静香が落下してしまいますが、
序盤の伏線回収とばかりにでっかい小鳥が助けてくれました。
ここでめでたしめでたしと思いきや、
猿は泳いで渡ってきたりして、
これ収集どう付けるの?
のび太顔の猿が味方に加わるの?
と思っていた途端、出木杉がさらわれてしまいました。

「みんな、頂上で一緒にお昼を食べよう!班行動だよ~!」
スネ夫などだと「素直に助けろと言え!」と言う所ですが、
彼には何か策があるのか…
例えばジャイアンの弁当が彼お手製なのを見破ったとか!

普通に捕まってるし。
リーダーやったりボケてみたりヒロインになったりして忙しいです。
この回は可愛い出木杉を愛でる回だと判明しました。
前シリーズ「ジュラ紀でドラミが大ピンチ」の、
恐竜に襲われて恐れおののいている姿に、
妙に感動したのを思い出します。
出木杉がショタい

猿の要求は弁当!
「よこさないとこの子供を…
には「食べてしまうぞ」を期待したのですが、
それは流石に危ないのか。

出木杉の命には代えられず、
哀れベルサイユ弁当は猿の手に。
ジャイアンをグレードアップして取り返そうとしますが、
無駄に原作元ネタ通りに臀部に吹きかけただけで終わってしまい、
弁当ごと吹き飛ばしてしまったのでした。

ベルサイユ弁当の中身見たかったな…
「さよおなら」「グレードアッ「プ」」ってひどいオチ…
ひょっとして原作のオチもこのネタ?
「おれさまのグレードアップ」って事だったのか!
と無駄な解釈知識が一つ増えてしまいました。

最後のヒキで山がかなり高いのが解りますね。
そもそもロープウェイがある事からして相当です。
子連れイノシシなんてとんでもないのもさりげなく歩いてますし、
(いやウチの近辺にもいるらしいけどさ)
先生かなり立場が危ない事をなさってます。


追記を閉じる▲

【2010/04/24 09:28】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
と言うのがトラックバックテーマにあったので、
TB自体はしないけど書いてみます。
久々に某オークションで良さそうなジャンクプラモ発見。
終了5分前に思い出して入札。他入札者無し。
大丈夫だろうと思ってて放っておいたら、
「入札2:終了」になってた。
きわめて欲しい訳ではなかったのですがちょっと悔しい。

でもこれひょっとしたらストックあるんじゃないかなー
→倉庫チェック
→全部未組みで発見
ありがとうもう一人の入札者!(オイ)

ドラデータ5回分(10話)まで終わりました。
書き始めた日でアップするので「ドラデータ」タグからご覧ください。
これからもカレンダーの空き部分に入っていきます。
書き方模索中。
ネタはゲストに搾って感想は控えめに…とは考えているのですが、
「どくさいスイッチ」のように書きたい事が多いと悩み所。
あの頃は感想書いている所も多く、
自分自身も色々思う所があって回ったのですが、
3話目にして「不安を感じてた人」を黙らせた名作だと思います。

不満点もいろいろ目を通しましたが、
個人的に声優変更事態に関する云々とかは完全スルーでした。
残念な気持ちももちろんありましたが、
思想としては正直「もっと早く変えるべき」だったので。

それよりキャラデザでもう大満足。
目のハイライトは必要ですよ。
原作でものび太の目はアップ時にちゃんとハイライトがあります。
ドラに至ってはなんで点なのかと…

他にものび太としずかのアゴとか、
メインイラストに生気が無いとか
そう言った不満点がすっぱり解消されてて、
後はもうどうでもいいや(いやそれは大げさですが)って気持ちでした。

声に関しましては演技力の問題は確かにあったかなーと。
大原さんの呼吸のタイミングはちょっと引っかかってました。
今順調に遅れて20話まで観てますが、
この頃まで来るともう安定してますね。

と言う事で、
変更そのもの→致し方ないし歓迎
キャラデザ→涙を流して喜ぶ
演技等→温かい目
シナリオ→あのムチャクチャも好きでしたがやっぱ原作は良いなぁ…

とほぼ絶賛状態。
不満・文句の感想も「この人はそうなんだ」と流していたのですが、
共感を感じた言葉として、
「絵は原作に近いけどツギハギみたい」ってのがありました。
そしてそれを一番強く感じたのがこの話。

なにがかってデータ枠内でも書きましたが、
「原作の名場面」がことごとく浮いているんですよ。
なんか無理やりねじ込んでみた形です。
のび太が空き地で佇むシーンがその最たる物です。
オリジナルシーンが良いだけに勿体ない。

これはどういう事かと考えてみますと、
Fマンガってシナリオが主役なんです。
キャラは主役ですらシナリオを進めるパーツに過ぎません。
「名場面」「心に残るシーン」の類って、
結果として心に残った訳でして、
シナリオを進める上でのただの通過点に過ぎないと思うのです。

自分で書いてて訳が解らない文章ですが、
「1つのコマから次のコマへ移るまでの間の繋がりが天才的である」
と言う事。
大ゴマはほとんどない、奇をてらったコマもない、ページ数は少ない、
集中線、効果線も必要最低限…
これでキャラクターが実に生き生きと動いて見える構成の素晴らしさ。
F先生の天才たる所以はここであると思うのです。

で、名場面ってのが「その動きの中点をたまたま抜き出した物」
出しかない為に、
動画でそれを魅せようとするととても難しい。
「ここを見てくれ」って気持ちは解るけど、
そこだけ抜き出されても…と。

「さようならドラえもん」は3回(多分)ほどアニメ化されていますが、
「帰れないんだ!」のアップで原作を越えた物はありません。
だんげんする。
原作を読んでアレをアニメにするとなると、
誰もがあの段階アップをやりたいのです。
やらねばならぬと思うのです。

でもあれはマンガの手法として映えるものであって、
段階的にアップにしていく物ではないのです。
絵が動くアニメなんだからアングルを変えるとか回り込むとか、
そこまでへの持っていき方って多々あると思うのですが、
やはりあのアップに囚われてしまうのだなぁと残念に思います。

F先生が「流れの中の1シーンがたまたま名場面になった」のと対照的に
A先生はいわば殺陣の決めシーン、歌舞伎の見栄的に
「意図して名場面を描いている」のがまた好対照で面白いと思うのです。


追記を閉じる▲

【2010/04/23 08:25】 | たわごと
トラックバック(0) |
「好きでたまらニャい」
「王かんコレクション」
前回に引き続き狂気のお話2本立て。
あれ?ドラってほとんど狂気のお話…
「好きでたまらニャい」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:玉野陽美
演出
作画監督:針金屋英郎
原画

タイトルコールは「たまらにゃーい」

・太ったネコは嫌い
フーセンみたいな顔は嫌い…と言う目つき
微妙に軽減されていると言うかデブはNGなのですね。

留守番役がスネ夫から出木杉に変更。
なっとくの人選です。

ばかねこ!

ひみつ道具:
ヤスリ
ばくだん
…ひみつ道具?

ゲスト:
出木杉
ネコちゃん:倉田雅世

「王かんコレクション」
脚本:早川正
絵コンテ:古屋勝悟
演出
作画監督

イマモムカシモカワリナク

スネ夫が自慢している切手は「月にカモ」
色んな意味でカモですね。

洗剤の方は「漂白力ア(ップ)アクッ(タ)」だと思いますが、
「川越 十三里」はちょっとよくわかりません。

道具名が「流行性ネコシャクシウィルス」に。
ビールスのなにがいけないんですか。

子どもたちのセリフは右の子から順番。
男の子A:小林由美子
男の子B:山下亜矢香

レア王冠は「三河屋万蔵(まんぞう)サイン入りレシート付スキットサイダー」
その横は「ずたや SARAKU」後は資料的に面白みが無いのでパス。
町のお店「ヤマフジベーカリー」「信州そばたちばな庵」

最終的に1000万突っ込んだ王冠コレクターは玉野隼人さん。
いくら効き目が切れたからって
あの手のひらの返しようは大人としてどうかと。
あ、コレクターなんてそんなもんか。

中年紳士:楠見尚己
婦人:近藤玲子
若者:下和田裕貴

コレクターの人たちは笑えないけどね…

ひみつ道具:
流行性ネコシャクシウィルス

ゲスト:
パパ
ママ
しずかのママ
スネ夫のパパ:田中秀幸

中年紳士:楠見尚己
婦人:近藤玲子
若者:下和田裕貴
男の子A:小林由美子
男の子B:山下亜矢香


第十回声優リスト
パパ
ママ
しずかのママ
スネ夫のパパ:田中秀幸
出木杉

中年紳士:楠見尚己
婦人:近藤玲子
若者:下和田裕貴
ネコちゃん:倉田雅世
男の子A:小林由美子
男の子B:山下亜矢香


追記を閉じる▲

【2010/04/23 07:20】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「ドラえもんだらけ」
「ココロコロン」
ドタバタとしんみりの2本立て。
そして両方共レベルが高い出来でした。
「ドラえもんだらけ」
脚本:早川正
絵コンテ:前田康成
演出:宮本幸裕
作画監督:西本真弓

食玩DVDにも収録された名作。
自分であるとわかっている。
それなのに4回もボコボコに…
りくつではない狂気を感じます。
それをロボットがやるってのがまたなんとも。

4時間後が1時5分。
つまり思いついたのが9時って事ですね。
机に「のびたの恐竜」「ベンハー」(!)と読める本が。
プチ予告だったのでしょうか

「くるった」と「(頭が)へんだ」はどっちがひどいのだろう

ドラとのびだけでゲストなし。
あ、2時間後4時間後(以下略)
演技分けが見事でした。

ひみつ道具:
タイムマシン

「ココロコロン」
脚本:大野木寛
絵コンテ:前田康成
演出:宮本幸裕
作画監督:菅野智之

「コロンは嫌いなんだ」はなかったことになりました。
いや引っ張られても困るんですが。

「のび太を犠牲にして人形を助ける静香」
がそのままだったのは実に素晴らしい。
「口でビンのふたを開ける行儀の悪いドラ」もそれっぽくて良し。

追加要素として、おもちゃを粗末にするスネ夫とジャイアンが描かれていました。
おもちゃは大事にせねばなりません。これジャングルの常識。
コロンをかけられたおもちゃは反撃を開始!
電動式だから動けるのかーってのはそのりくつはありなのかと思いつつ、
微妙に納得。

思い出した女の子と対照的に、
フォローを全くされなかったスネ夫は祟られる事になったのですが、
これがもし人形も動けたら…と思ってしまうと、
まず夜のシーンで静香を絞め殺し…と
かなり危ない方向に進んでしまうのが楽しい。
ウチにもフランス人形や日本人形あるんですが、
あの不気味な美しさ(失礼)には心引かれます。
メリーさんサイコー

ASOBO

ひみつ道具:
ココロコロン
オモイデコロン
タケコプター

「ココロコロン」が大変美しい言葉だけに、
「オモイデコロン」はもうちょっと別の表現無いのかなぁ。
ないよなぁ。
思い出がコロンと転げ落ちちゃいそうですよ木の根っ子。

少女:川田妙子
犬:高戸靖広
少女のパパ:楠見尚己

ミニシアター(マジックチャック)
絵コンテ・演出:やすみ哲夫
原画:木村陽子

第9回声優リスト
少女:川田妙子
犬:高戸靖広
少女のパパ:楠見尚己

ココロコロンのアレンジがなければ
ジャイスネは呼ばれなかったかもしれないですね。


追記を閉じる▲

【2010/04/22 19:35】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「入れかえロープ物語」
「まんが家ジャイ子」
出木杉に続いてジャイ子の顔見せ回でした。
さすがにあまりにもの方向性の違いに驚きましたが、
慣れって怖いなぁ…
「入れかえロープ物語」
脚本:大野木寛
絵コンテ:古屋勝悟
演出
作画監督:富永貞義

色々あって微妙にタイトル変更。
入れ替わり後は中身に当たる人が声を当てていましたが、
声まで入れ替わって聞きたかったなと思ったり。
この段階では無理なことでしょうけどね。
※ドラに関しては後に玄田さんと入れ替わりが聞けましたね。

・入れ替わりたいのび太とそうでない静香。
のび太の「にいーっ」が復活。
静香の姿で色々やらかしてます。必見。

野球のシーンでセリフがあったのはバッターとコーチ。
「女の子」役の人が兼ねている?

女の子は3人いるけどセリフは2人しかない感じ。
(左右どちらかがセリフなし?
ちゃんとしゃべっているシーンが無いので判別つかず)
デザインは微妙に違います。
真ん中の子が小林さんっぽい。

死刑!

ゲスト:
女の子A:小林由美子
女の子B:瀬那歩美

ひみつ道具:
入れかえロープ
どこでもドア

「まんが家ジャイ子」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ;塚田庄英
演出
作画監督:中村英一

ジャイ子顔見せ回。
友だちA:山下亜矢香
友だちB:桃森すもも
Aが春夫でBが安雄。
下克上か!

ジャイ子の漫画を笑わなくてはいけない→マジックおなか
マジックハンドからの発展思想なんでしょうけど、
そもそもマジックハンドが伝わりにくい世の中になった感じ。
マジックハンドで検索すると棒のやつがわらわら出ますけど、
これは違うのです。
少なくともドラ世界では伸び縮みする奴が22世紀まで生き残るのです。

さてのび太、
泥棒に入られたおばさんの前で思い切り笑ってしまいます。
原因は言うまでもなくタヌキ。
「落としちゃったもんでホコリをはらってたんだ」
なんて言いますけどわざとです。絶対。

おばさん:まるたまり

ついにお亡くなりに…


ひみつ道具:
マジックおなか

ミニシアター(花火のたね)

第八回声優:
ママ
しずかのママ
ジャイ子

おばさん:まるたまり
女の子A:小林由美子
女の子B:瀬那歩美
友だちA:山下亜矢香
友だちB:桃森すもも


追記を閉じる▲

【2010/04/21 07:37】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
相次いで発売されました、
「ドラえもん映画主題歌大全集」及び「ドラえもんテレビ主題歌全集」
更には「武田鉄矢ドラえもん映画主題歌集+挿入歌」、
「沢田完ドラえもん映画音楽集」と言うのも控えてまして、
早々に廃盤になってしまったドラ・ザ・ベストが手に入らず泣いた人には、
プレ値同等の投資で遥かにそれ以上の物が手に入る夢のような企画!
(「なにかいい事きっとある」だけ漏れるっぽいですが)

でも「誕生」とか「大行進」挙げ句の果てには「大百科」から始まって、
創世日記の時に出た武田鉄矢全集、
(最初はカセットテープ版買いました。CD持ってなかったし。今でも残ってます。)
「ドラ・ザ・ベスト」に歓喜し、別に風のマジカルも手に入れ、
シングルが出るたびに…とやってきた立場からしますと、
1曲2曲の為に買うには凄く抵抗が。

って言うか唯一AJI版「ドラえもんのうた」だけなんです欲しいの。
だからTV版だけで良いんですが、
これ買うと絶対映画集も買って並べたくなるよなぁと…
むしろドラザベストと並べたい!6枚!
でも予算が…
クーポンあったのでレンタルで妥協しました。
ごめんなさい。
そんな立場で文句言うのもアレですけど、
いやCDは素晴らしいしパッケージも良いんですけど、

TV版…
1枚目30分も入ってないのは一体…
2枚目も40分ちょっとで、
上手くやりくりしたら1枚で済む感じ。
むしろ映画曲の「またあえる日まで」「YUME日和」削ったら確実です。
どうしても2枚組みなら挿入歌もそこそこ、
せめて各キャラクターソングだけでも入れれば良かったのになぁと。

映画版も空きがあるんだから「キミが笑う世界」入れて欲しかったです。
いや映画サントラは黙ってても買うから良いんですが。

・復活のマジカル
以前小泉今日子のベストアルバムに入ってた物と3秒違いがあったので
(アルバムのは当時のレコードとは違う?らしい?と小耳に挟んだ)
同時再生してみた所、特に差違は感じませんでした。
少なくとも主旋律と歌声は一致してます。
音源としてはなおの事不要でした。

目当ての「ドラえもんのうた」はちょっと不本意な形ながら入手できたので、
ドラ関係の音源で所持していないのは、
歌詞が凄いらしい英語版「ドラえもんの絵描き歌」(レコードオンリー?)
ミュージカル2作の未収緑曲、
「ナルケマレバンガカピカッピ」(ビデオから録音した物しか持ってない)
くらいだと自負しているのですが入手のチャンスはあるのかなぁ。
この勢いで挿入曲集が出ればあるいは?


追記を閉じる▲

【2010/04/19 23:05】 | 藤子
トラックバック(0) |
放送前にぐちぐち文句言ってごめんなさい!
素直に面白かったです!

いやもちろん怪物くんの年とか口調とか、
あと歌子さんの言葉遣いとか、
引っかかる事はちょくちょくありましたが、
純粋に面白かった。
何よりこんなにしっかり作ってるとは思いませんでした。
これからあの悪魔族がどう転ぶか解りませんが、
温かい目で楽しみに観ていけそうです。

怪物くん帽子が力を抑えるものってのは、
ドラの同名のひみつ道具が形無しになりますが、
面白い要素だと思います。
ヒロシの持ってる石のおかげで力が出せるのはありがちながら…
って言うかガンダムフォースを思い出して微笑ましい。

【2010/04/18 23:49】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
プッシュが気持ち悪い実写怪物くんは明日から放送。
特番とか全然チェックしていませんでした…まぁいいや。
せぇるすまんみたいに当たりだったらいいなぁ。
でも本当、どの層を狙うんでしょうこの番組。

・ドラは来週より再開。
忘れないように録画復帰させました。

・アルフは火曜日7時25分に移動して再来週から再開
実は野球がずれこんで観逃してから観てなかったりします。
地上波2つ、BS3つもチャンネル占有して受信料まで取って、
子会社でもうけてる癖になにやってんだ。

【2010/04/16 23:11】 | 藤子
トラックバック(0) |
月の帰還だらだらとプレイ中。
とりあえず本編クリアしました。
子供が結構良い歳になって、
と言うかお互いに40近くなってるのに
まだカインはローザが欲しいのか…と
なんとも言えない気分になりました。
ドットのSDキャラだから割と笑って見られましたけど。

後することはひたすらレアアイテム(低確率ドロップ)と
エクストラダンジョンでのレアアイテム狩りと言う事で
それを平行して行いつつもリディア編にシフト。
いきなり序盤で1/1024のゴブリンドロップで幸先良いです。

顔グラとドットの違いは良くある事
トラウマモンスターのカルコ&ブリーナがロリショタ化してるー
技であの姿にもなるのが何というか逆に笑えました。
要するに自立可動式ロボットであり
このサイトの趣旨に即するので育てようと思ったら離脱…
レアドロップアイテムを取っておけばで終盤戻ってくるという事で、
やっぱり最後は狩りなのです。

ってかサブシナリオも7つとも最後は狩りの作業が待ってるんですけどね。
「その時やらないと取り返しが付かない」RPGはテンポが悪くて正直…
やりこみ要素が強いRPGはレベルリセットでもいいから、
アイテム持ち越しのニューゲームは入れて欲しいです。
主にスターオーシャン。

【2010/04/15 22:52】 | サブカル類
トラックバック(0) |
「のび太の地底国」

一本物ですがキャラが少ないのでサクっと。
「のび太の地底国」
脚本:大野木寛
絵コンテ:鈴木卓夫
演出:久保園誠

後の「竜の騎士」に繋がる話ですね。
最初から出木杉が仕切るのではなく、
それぞれが思い思いに好き勝手して揉めてしまい、
ドラが「ポケット竜巻」で一斉処分した後に
「丁度いいよ」と都市計画を練る形に。
最初から彼の言う事を聞いていれば…との気持ちになり、
彼のお披露目回としては大変優秀でした。

「骨川スネ夫記念博物館」は再度作ったのでしょうか。

出木杉回
権力の象徴である銅像を立てたり、
のび太の行動がかなりエスカレート。
それが倒される時がのび太の時代の終りだったりと
なかなか(ありがちだけど)皮肉めいたアレンジがされていました。
この銅像は再度レンタルDVDのパッケージで異彩を放つことになります。

ミニシアター(ボールに乗って)
絵コンテ:やすみ哲夫
原画:武内大三
妙に大人気な1本がついにアニメ化。
発想がぶっとんでます。

声優
ママ、出木杉のみでゲストなし

ひみつ道具

どこでもホール
ミニブルドーザー
光りごけ
折りたたみハウス
ポケット竜巻
ロボ警官と所長バッジ
立体コピー紙、フエルミラー
日曜農業セット
そっくり銅像キット


追記を閉じる▲

【2010/04/14 07:41】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「秘スパイ大作戦」
「ハロー宇宙人」
両方再登場の共名物キャラを生み出したお話。
マイクとキャメロンは司会キャラとして最適だったのですが、
2010年SPではぽっと出のキャラにその役を奪われてしまいました。

「秘スパイ大作戦」
脚本:早川正
絵コンテ:前田康成
演出:寺本幸代
作画監督:嶋津郁雄

薬規制による道具のちょっとしたアレンジは良くあったのですが、
今回スパイセットを擬人化してしまいました。
仕方がなくと言った従来の理由ではなく、
演出上の理由、この方が良いだろうと言う能動的な理由。
このアレンジは成功だったのか、
後にマイク・キャメロンと名前を与えられ活躍することになります。

この時点では声なかったんですね。
パントマイム調コントも良い感じ。

男の子A:高木礼子
男の子B:梅田貴公美
男の子C:まるたまり
女の子:倉田雅世

ひみつ道具
タケコプター
復元光線
スパイセット
どこでもドア

この後メインを張るとは誰が予想したであろうか…いや予兆はあった

「ハロー宇宙人」
脚本:早川正
絵コンテ:前田康成
演出:寺本幸代
作画監督:嶋津郁雄

放射線源が「進化退化光線銃」になってしまいました。
放射線の方がそれっぽいのに残念。
これから円盤ネタの旅に出てくる事になる
円盤さんが初登場。
「UFO研究所」ってのがなんとも。
庭にもグレイだのUFOだの、
やっぱり宇宙研究の類ではなく、
オカルトロマン系のようです。

円盤さん:茶風林

この回はドラの暴走ぶりが面白い。
なんてったって、
「メロンを食べる為」に火星に生命を造るのです。
道具を金儲けだのなんだのと…
あ、金儲けはしてないか。

そんな動機なのに順調に進化、文明を重ねていく火星人がいじらしい。
ここで「この世界も誰かの遊びの一環では無かろうか」
と思ってしまうと異色SFが始まるのです。
宗教もそんな所かな。

火星人のパパ:堀秀行
火星人のママ:茂呂田かおる
火星人の子供:小林由美子
ヒゲとか髪はどんなシステムなのか気になります。
男(?)はハゲだし。

進化のスピードは速く、
ついに円盤を造って地球に飛んできました。
無人ロケットとかすっとばしていきなり円盤なのが凄いなぁ。
今風のデジカメっぽいカメラがありますね。

大統領:楠見尚己
パイロット:高戸靖弘(広)
アナウンサー:後藤史彦

地球環境の酷さ、人間の恐ろしさに
畏怖し、しかるのちに絶望した火星人達は他の星に旅立っていき、
その後帰ってくる事はありませんでした。
「まだあんなことやってるよ、地球人」

カビがひどい空気を気にするなんて滑稽ですが、
元はサルの生き物が衛生だのなんだのと言うのと同じでしょうか。

ひみつ道具
進化退化光線銃

第6回声優データ
ママ
スネ夫のママ
円盤さん:茶風林
大統領:楠見尚己
パイロット:高戸靖弘(広)
アナウンサー:後藤史彦

火星人のパパ:堀秀行
火星人のママ:茂呂田かおる
火星人の子供:小林由美子

男の子A:高木礼子
男の子B:梅田貴公美
男の子C:まるたまり
女の子:倉田雅世


追記を閉じる▲

【2010/04/13 07:38】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「タイムふろしき」
「タンポポ空を行く」

5回目にして大事件であり一方では英断と言える事が巻き起こった。
なんと2本とも静香が不在なのである。
後に8月に出産、10月より産休を取られるのですが、
今回の場合は…

そもそも静香がいないし必要のない話なのです。
何らかの事情で休みをとったのか、
ただの偶然かは定かではないのですが、
当時は「必要の無いキャラは無理に出さない」方針と取って
大喝采をしたものです。
なおスペシャルや映画のドラミ様については禁句とする(オイ)

「タイムふろしき」
脚本:早川 正
絵コンテ:塚田庄英
演出:
作画監督:服部斎知

いきなり幼女です。
なんなんでしょうかこのアニメ。
5回目にしてあざとい事をしてきますねぇ。
キャストには記されていませんがセリフ(悲鳴)あり。

襲いかかる戦闘員!
そして「でもしか団」を名乗る怪人。
モンスター:楠見尚己

そこにヒーロー参上!
「誰だ君は!」と妙に丁寧な聞き方をするモシモシ怪人(仮)に
「宇宙?参上?」(よく聞き取れず)
「寿限無、寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝る所に住む所、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの…(長久命の長助)」
長い!
ヒロインには単純に寿限無って呼ばれてました。

※あざといと言ってしまいましたが、
今ならヒーローがライオン仮面になってて別の意味であざといだろうなぁ。

一話であった「にいーっ」が復活
「要らない物が売っちゃえ!」が復活。
と言うのは前シリーズ「とんだタイムふろしき」では…
無かったんですよねぇ。
厳密にはジャイアンとスネ夫の悪巧みになってました。

山田さんに大量の卵を配達。
しかも有精卵です。
いったい何の用途が…
ひよこにもセリフあり。

正統派幼女(中央)にツン系幼女(右)大人しめ幼女(左)とバランスとれてます(何の?)

モンスター:楠見尚己
運転手:宇垣秀成
男:高戸靖広
「男」はじいさんが若返った方。

ひみつ道具
タイムふろしき

「タンポポ空を行く」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:安藤敏彦
演出
作画監督:服部斎知

下手に伸ばさず15分でまとめ切ったのは英断です。
いや伸ばすような話でも無いけど。
「ファンタグラス」は便利なので他の話にも出てきますね。
犬や猫がデフォルトでディフォルメ調な事に関しては気にしない。

タンポポ:岡村明美

茂みの声A:まるたまり
茂みの声B:若葉よう子
茂みの声C:瀬那歩美
樹A:桃森すもも
樹B:山下亜矢香

2人くらいでやればいいのになんでこんなに律儀なんだか。
いやアリとかもセリフあるけど。

ネコ:松本美和
白い方です。
黒もセリフあり

タンポポの子:三田ゆう子
藤子的にはポコニャンニャン。
それより注目すべきはタンポポの声が成長してる!って事。
「歌を歌ってあげましょう」はこんな時流れるギター曲のハミングでした。
さて、子タンポポが旅たった後、
母タンポポの顔がないわけです。

これはファンタグラスの有効範囲(のび太)から離れたから…
と言うよりアレですよね。
綿毛飛ばしきりましたからね。
って言うかわざわざ描いたところからしてアレですよ。

小タンポポは旅立ちましたが、
のび太もまたタンポポと別れることになった訳です。
小タンポポの無事を報告に行ったのび太は何を感じたのでしょう。
そう見ると「入れてもらおうかな…」と一味違ったラスト、
タンポポの言葉が生きてくるのです。

実はタンポポは多年草だからタネ飛ばしても枯れないんですが(オイ)
そもそも作中では一言も枯れたなんて言ってないですよ。

※今だったら感動路線でちょっとクドくなるかな…ってのは
ちょっと意地悪な見方でしょうか。

タンポポになるニャン

タンポポ:岡村明美
タンポポの子:三田ゆう子

茂みの声A:まるたまり
茂みの声B:若葉よう子
茂みの声C:瀬那歩美
樹A:桃森すもも
樹B:山下亜矢香

ミニシアター(ふしぎななわ)
絵コンテ・演出:やすみ哲夫
原画:平川哲生

第5回声優リスト
(出演はないが静香もクレジット)

パパ
ママ
ジャイアンのママ
スネ夫のママ

タンポポ:岡村明美
タンポポの子:三田ゆう子

モンスター:楠見尚己
運転手:宇垣秀成
男:高戸靖広
ネコ:松本美和

茂みの声A:まるたまり
茂みの声B:若葉よう子
茂みの声C:瀬那歩美
樹A:桃森すもも
樹B:山下亜矢香


追記を閉じる▲

【2010/04/12 07:42】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
トランスフォーマーアニメイテッド観ました。
いや面白い。
色々思う事はあるけど面白い。
もう2回も観てます。
そしてやはり玩具が欲しくなった!
デストロン幹部とアーシー、
あとマグナスにセンチネルくらいにしとこうと思ってたのに!

「出張どこでも探偵団」(CV銀河万丈)
「危険が危ない」「ボコボコのズタズタのギタギタ」(ドラネタ?)
・デストロン勢の全て
・チョーさんの存在そのもの
と笑わせて頂きましたが、
やっぱり一番笑ったのは、

「オプティマス・プライムって長くない?名前。コンボイでいいじゃん」
ですね。
いいじゃんコンボイでさー
OPEDで名前連呼してアピールしてましたけど、
コンボイなら一発ですよ。
なにしろ長くて解りにくいからなじみ易い名前に…
として付けられたのが「コンボイ」だし。
アゴンボイって呼ばれるのがそんなに嫌なのか(オイ)

かといって原盤を大事にするでもなく、
バルクヘッドをアイアンハイドに変えちゃってるし。
本来のアイアンハイドがバルクヘッドになるのか?
あるいはデモリッシャーとか、
何を間違ったのかサイドスワイプになったりするんでしょうか。
逆の意味で興味が尽きません。

軍団名も
サイバトロン→オートボット
デストロン→ディセプティコン
と原語版になってるので、
会話の中に出てきた「サイバトロンに命を与え…」に大混乱。
これ今までで言うセイバートロン(星)の事でいいのだろうか。

そのほか
主題歌やロゴでついに「TRANSFORMERS」になっちゃった。
読みやフリガナは「トランスフォーマー」みたいですけれど。

声優さんの殆どがトランスフォーマー関係者。
うち同名のキャラやってたのが3名。
更にデストロンに凄くビースト臭がする…

日本新規のOPはワイドなのに、
本編は4:3なのかよ!
DVDはどうなるか?

実写はまぁこんなのもあってもいいかも…
と思いかけたんですが、
そのおかげでシーンカットがあったとなると話が別。

と気にかかる事はあるのですが、
待望の日本上陸!
そして1週遅れとはいえ観られる事に不満はございません。
とりあえずブリッツウイング欲しい。


追記を閉じる▲

【2010/04/11 06:58】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
「驚音波発振機」
「オールマイティパス」
スミレ初登場!です。
松井菜桜子さんは
トト子のイメージが強くてかなり不安だったのですが、
落ち着いた感じでした。
とはいえ個人的にあのイメージが払拭できず…

関係ないけど新魔界のメジューサが何らかの要素で再登場するときは
この方にやっていただきたい。声質的に。
っていうかゲスト声優外してまるごと吹き替え直しても許すよ(オイ)
「驚音波発振機」
脚本:大野木寛
絵コンテ:前田康成
演出:宮本幸裕
作画監督:菅野智之

先だって大全集で、
「狂音波発振機」が帰ってきましたが、
こちらはまだ驚音波です。
そもそも狂った音波が駄目って思考ががキ○ガイじみているのです。
全くの余談ですが。

ジャイアンリサイタルからスタートと言うことで、
モブの嵐です。
相変わらずカットごとに配置が狂ってるのですが気にしない。

男の子A:まるたまり
男の子B:高木礼子
男の子C:梅田貴公美

女の子A:若葉よう子
女の子B:瀬那歩美
男の子D:福園美里

男の子の分断ぶりから割り振りは話した順かと思われます。
例によって聞き分けはほぼ無理。
前半が2段目1枚目、後半が2枚目。
どちらとも中央が倒れる→右側が支える→左側が一言のパターン。
森安(仮)→才野(仮)→キテレツ(偽)
地味子(仮)→悦子→安雄

別のシーンでは配色はキテレツ(偽)だけど
メガネがなかったり、
とにかくいろんなモブがいますね。
まだ脇設定も慣れがなかったのでしょうか。
ついでにこのキテレツ(偽)ですが、
いわゆる正美をイメージしている…
と言う訳でもなさそう…な?感じ。
正美


ジャイアンからやっと逃れたと思ったら、
家ではネズミに遭遇したドラが狂ってました。
「見つけたらぶっ飛ばしてやる!
こいつで家ごと…いや街ごと。」
後に(原作的には前に)
地球を吹っ飛ばそうするのでまだ柔らかなものです。

ここで出てくるのがきょう音波なのです。
だから故に狂音波であったのです。
未練がましいのでもう言わないけど。

驚音波はテープからデータヘなってました。
テープメディアはほぼ無くなるんだろうなぁ。
ディスクはいつまであるんでしょう。

あとは人がが耐えられれる限界の音、
歯医者のドリルや黒板を引っかく音…
を遥かに凌駕したジャイアンの歌を使い害虫駆除を請け負い、
調子に乗ったのび太は最後に-とのパターン。

「おいらのハートの切なさよ」が常なジャイアンの歌ですが、
今回は「夜霧に耽るよ」まで確認。
後に星ごと吹っ飛ばすことに

ひみつ道具
爆弾
驚音波発振機
タケコプター


「オールマイティパス」
脚本;高橋ナツコ
絵コンテ:前田康成
演出:宮本幸裕
作画監督:菅野智之

ほぼ原作通りで、
スミレとのファーストコンタクトとしては最適な一本ですね。
「影とりプロジェクター」なんかを先にやっちゃうと困りますから。
「オールマイティパス」、「目立ちライトで人気者」
土壌は揃いましたがいつ来るのか…

ゲスト
おじさん:楠見尚己
表札を見るに千住さんらしいです。
由来不明。

星野スミレ:松井菜桜子

男:檜山修之
え?と思いましたが映画での相手役。
しかし一言二言。
デザインが落目だったらよかったのに(オイ)

店員:桜井敏治
パチンコ屋の人。
さり気なくセリフが多いです。

運転手:高戸靖広
行きと帰りと別の人ですが…

料理人:田中一成

あと喫茶店の店員及びスミレ宅の家政婦にもセリフがあるのですが、
該当するキャストが記されていません。
新ドラは話ごとに撮ってるっぽいのでわりとはっきり分かれているのですが、
前半後半ときて前半の役にまとめられたのでしょうね。
と言うことで比較的常連の方だと思います。
パー子

ひみつ道具
オールマイティパス

ミニシアターはお休みで
「ドラえもんニュース」として、
女子十二楽坊が日本公演で「ドラえもんのうた」を
演奏する姿が放送された。

第四回キャストリスト

ママ

男の子A:まるたまり
男の子B:高木礼子
男の子C:梅田貴公美

星野スミレ:松井菜桜子

女の子A:若葉よう子
女の子B:瀬那歩美
男の子D:福園美里

男:檜山修之
おじさん:楠見尚己
料理人:田中一成
店員:桜井敏治
運転手:高戸靖広


追記を閉じる▲

【2010/04/10 07:24】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「どくさいスイッチ(前・後編)」
とは言っても別個のタイトルが設けられていたわけではありません。
ただ、Aパート、Bパートの間に
ミニシアターを挟んだのは理解に苦しむところ。

3話目ですが文句なしの名作。
半年後早くも年末SPにて再放送されました。
パオパオが遊具として登場したのも話題をさらいました。
その後黒べえのそっくりさん、
更にジャン黒復刊などだれが想像したでしょう。

と、ゲスト(?)としては大変なことだったのですが、
モブ視点では田中さん(仮)以外のデザインが崩れるという大変な自体が。
あとから見直すとそれっぽい人もチラホラしてるんですが、
皆総じてデザインがおかしいです。
「どくさいスイッチ」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:釘宮 洋
演出
作画監督:乙幅忠志

ベタ褒めはしたのですが、
実はオリジナル要素は光るものの、
原作の名場面の再現度は低め。
しかし原作を犠牲にしたとしても名作なのは間違いなし。

今回少年役は、
男子A:まるたまり
男子B:松本美和
男子C:山下亜矢香
男子D:小林由美子

セリフのあった順番としては、
テキーズのピッチャー
2段目左端の少年、次のデブ(はる夫?)
4段目2枚目のいがぐり。
5段目のメガネ…なのですが、
その順番に割り振っているわけではなさそう?

いやデブがはる夫に当たるのならば山下さんで順番通りなのですが、
どうも小林さんに聞こえる…
特に3人でのび太をなじる場面はかなりそれっぽい。
声に特徴があるので(と言うかこの人しか聞き当てられないと言うか…
一般アニメ殆ど観ないのですよ。)かなり引っかかる。
明言は避けさせていただきます。
これから再チェックしていくうちに聞き分けできるようになれば良いのですが。


テキーズとのスコアは以下の通り。
1 3 1 2 5 2 4
0 0 1 0 0 1 0
取られた18点のうち15点はのび太の所為、
そしてのび太がの所為で5点損した。
故に20周走れと。

なんとか逃げ帰ったのび太に出てまいりましたどくさいスイッチ。
独裁者はなんだか未来人っぽい人、
ヒトラーっぽい人、
始皇帝っぽい人、
ナポレオンっぽい人。
未来人っぽい人はどくさいスイッチの用例として出てきて、
そっちの方が格好良かったのでそっち採用。
別に独裁者=悪とは直結しないんだけどな…ってのは野暮なので言わない。

「邪魔者は消してしまえば良いんだ
住み心地の良い世界にしようじゃないか」
セリフが柔らかくなったのも減点ですが、
描写と言い方が軽いのが残念。
あと対象となるハエもギャグチックで緊迫感に欠けます。

ジャイアンを消してしまい、
その存在を誰も知らない事に錯乱するのび太に
静香はバスソルトを渡します。
名前の通り塩ベース。
ナメクジ理論で水分を出しちゃうアイテムだそうです。

監督スネ夫によりますと、
取られた20点のうち18点はのび太の所為、
そしてのび太がの所為で7点損した。
故に25周走れと…
増えてるし。
少なくとも増えた3点と2点はのび太の所為じゃ無いですよね…多分。

スネ夫のいない世界ではみんながキャプテン?
20周走れ!との事ですが、
責任が分散しているのか、
あるいはスネ夫がいない方が上手く行くのか…

みんな消えましてのび太ひとりになってしまいました。
誰もいない空き地に立つのび太の図は原作ままで、
こうして静止画にすると良く感じるのですが実際は逆に蛇足気味に感じます。
あと「しずかちゃんいるなら返事して」ってヌルい言い方も…

しかしながら誰もいない遊園地で一人遊ぶ場面の、
何とも言えぬ空恐ろしさ、
静香の遺したバスソルトを使い、
自分の行いに目を背ける姿、
ナナメの構図からはいる夜のシーンと
オリジナル部分がとても秀逸。
これもあって無理に原作の名場面を使わなくても…と思ってしまいます。
ドラが現れ街に電気が灯っていく場面も素晴らしいのです。
モブが崩れたのは何故?


ひみつ道具
どくさいスイッチ

ミニシアター「おちないつな」
絵コンテ/演出 やすみ哲夫
原画 大武正枝

AパートとBパートの間(世界中の人を消した直後)に挟まれた問題作。
なんて事を…
再放送版及びDVDではこんな事はありません。
当たり前ですが。

第三回声優リスト

ジャイアンのママ
先生
アンパイア:くじら
男子A:まるたまり
男子B:松本美和
男子C:山下亜矢香
男子D:小林由美子


追記を閉じる▲

【2010/04/09 07:31】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
再放送でやっと観ることができました。
全4回で第一回目はA先生。
公式の場でF先生について語るのは久しぶりな気がします。
F全集の解説にはいつ登場されるのでしょうか。
やはりUTOPIA待ち?

字幕付き、副音声解説付き(まだ試していません)
ナレーションは久本雅美。何故?
いきなり英語、中国語、スペイン語のドラからスタート。
英語圏ではドラは受けないみたいな話を聞いていたのでちょっと意外。
と思ったけど英語が公用語の国ってのが多いのか…な?
正直外国にはあまり関心が(オイ)

先生の口から改めて語られたのがポイントくらいで、
ファンとして特に目新しいことはありませんでした。
ただ3日で辞めたとか、
新聞社辞めさせて上京したとか、
知らない人はぶったまげるだろうなぁ。

手塚先生に褒められて照れてる両先生が可愛い。
(いや可愛いって表現もアレですが)

時代を先取りした天才漫画家って煽ってましたが、
それはちょっとどうも…
確かにモジャ公とか後に評価された作品はあるのですが、
むしろ時代にドストライクと言うか、
時代を作り出したから大ブームを巻き起こしたのではないかと。
あえて天才漫画家で煽りをつけるのならば、
「色褪せない」かなぁ。
ドラは40年前に始まった漫画です。
パーマンはドラより古いです。
↑アニメの関係で知らない人がチラホラ。

あ、「F先生はキャラクターの全身を描く」
と言うのは言われてみてああなるほどと。
一歩引いた傍観者的な視線なのでしょうか。
視点は引いてるのにのめり込めるのは何故だろう。

かえって「自分だったら」との思いが引き立つのでしょうか。


追記を閉じる▲

【2010/04/08 07:49】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
「のろのろ、じたばた」
「のび太のおよめさん」
通常放送の1回目。
正式にEDが無い事が判明したが、
その代わりに「ミニシアター」と言うショートアニメが放送された。
原則EDなしで何らかのミニコーナーとの流れは現在まで続いている。
アレとかコレとかタイアップだなんだと散々叩かれていたが、
まさかこう来るとは思っていなかった。

って言うか30分まるまる新作ってのが驚いた。
いや落ち着いて考えたらアニメとして普通なのだけれど、
約5年間大きな作画の乱れもないしやっぱ力入れているんだなと。
「のろのろ、じたばた」
脚本 早川 正
絵コンテ 鈴木卓夫
演出
作画監督 吉田優二郎

ギャグ回。
薬規制でクイックとスローがコロンに。
そのおかげでのび太のセリフが、
「コロンは嫌いなんだ」と訳の解らないものに。
嫌いなら何故嫌いかを入れるべきだった。
女臭いからとか((C)高畑和夫)
ノーリツチャカチャカ錠も駄目なのだろうなぁ。

22世紀のマジックハンド
かたつむりさんと競争をするのび太を見かける役はジャイアンとスネ夫に。
故にゲスト・モブは無し。

ひみつ道具
気分コロンクイック/スロー
マジックハンド


ミニシアター「さよならハンカチ」※実際はタイトル無し
絵コンテ・演出 楠葉宏三
原画 関 修一

リニューアルはてんコミ作品から…
と言っておきながら2回目にして未収録が来た。
いや全然良いけど。
特筆すべきは総監督が関わってる事ですね。

ひみつ道具
さよならハンカチ

「のび太のおよめさん」
脚本 大野木 寛
絵コンテ 鈴木卓夫
演出
作画監督 吉田優二郎

2話目でいきなり「幸せなのび太の将来」である。
いやみんな知ってる事で今更なんだけどさ。

いやそれより教室のシーンでずらずらっとモブの顔見せです。
「よく見る子」はこの時点でしっかり出来上がっておりますね。
何故か安雄、春夫(新ドラでは漢字表記)はおりません。
森安氏(仮)が瞬間移動しているような気がするが気にしてはいけない。
むしろ移動してるのはその隣の子だろってのも禁句である。

モブの顔見せっぽい


モブで最初にセリフを発したのは田中さん(仮)である。
称えよ!
2番目が先に名前が付いた悦子さんである。
えっちゃんの夢は看護婦だそうである。
実際のセリフは師であるが捏造させて頂く。

女の子A:まるたまり
女の子B:高野直子

しゃべった順番と以後の割り当てから、
田中さん(仮)がまるたまりさん、
悦子が高野直子さんであると思われるのですが、
一言二言だからほぼ判別付かないです。
次の話にも出てくるから聞き比べしてみたのですが、
やはり確証は持てず。

スネ太郎のママ:高山みなみ
すごい!は無し。あんなの嫌だ!も無し。
それなりに仕方があるまいと思わない事もない。
哀れなのはスネ夫である。
静香の事をしずかさんと呼ぶので、
これから出会ってそれなりに親しくなるのだろうか。

ノビスケ:亀井芳子
警官:高戸靖弘

その他のゲストキャラとして、
ジャイアンの妻(イメージ)
母ちゃんによるとタンスを持てるような女が良いそうです。
誰も指一本で持ち上げろとは言っていないんですが、
当人が納得するのならば良いでしょう(してない)
この絵、予告でも使われてて不安と期待と不安が煽られたものである。

他にスネちゃまが結婚したい人として、
丸井マリの名前が挙げられた。
あ、本編ではまだ出てないような…
出てきた時に声が高山さんで無い事を祈ろう。

第2回声優

先生:高木渉

スネ太郎のママ:高山みなみ
ノビスケ:亀井芳子
警官:高戸靖弘
女の子A:まるたまり
女の子B:高野直子


追記を閉じる▲

【2010/04/07 07:43】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
三国伝無事観られました!
BS様々です。
1話15分なだけあって短いが、
その分冗長さは無くてサクサク進みます。
でも1話で盧植先生退陣はちょっと勿体ないかも。
大体真コミックの1話分ですね。
1年で52話するとしてキットが52…出るといいなぁ。
※6月までで17種確定。
あくまで販促アニメなのか
観て気付いたのはプラモ基準になってるって事。
主に劉備のマゲ。
肉抜き穴がそのまま再現されてます。
ツライチの方がCG楽でしょうになんだこのこだわり。
流石にモモは埋まってましたが…

あと従来(プラモシリーズ)と違う所として、
リアアーマーのカラーが違ってますね。
先行販売のプラモでも見えてましたが白から青になってます。

個人的に三国志は黄巾~董卓が
ヒロイックで好きなのでこの辺りをじっくりして欲しいなぁと。
三国伝はそれ以後も
ガリガリのヒロイックファンタジーなので安心ですが、
原作原典は考えが食い違ってドロドロしていくのが…
いやもちろんそこが面白いのですけれども。


トランスフォーマーも無事日曜日に放送するという事で一安心。
きっと観ると玩具欲しくなるんだろうなぁ。
でもこんな恵まれた環境はもう来ないかもしれないので、
後はもう乗るだけだ!

【2010/04/06 20:56】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
アニメドラデータ作成始めました。
従来の感想も継続予定ですが、
これは感想という括りではなくあくまでデータ特化。
って言うかゲストキャラデータベースです。
4/1から一日一話ずつ観ていって。日ごとにまとめる方針。
とりあえず順調に5話までは観ています。
つまりまとめるのは遅れてるって事だー

【2010/04/05 07:50】 | 更新履歴
トラックバック(0) |
何か宅配便が届きました。
今月は他に心当たりはたくさんあったのですが、
見慣れぬ小さな一包。
2つめ!
ドラえもんソフビタイムの懸賞品(100名様)でしたー
(隣の箱はワンフェス限定配布版)
1通しか送ってないのに当たっちゃったよ。
って言うか締め切りが9月末なのに当たっちゃったよ。
「どらえもん」っていまどき出てこない表記だなぁ。

いやいやいや。
まだ半年あるじゃんどうなってんの。
やっぱりなんでもぱっぱとやらないとね。
アンケートはびっしり書きました。
やれドラ以外も出せだの、
やれ前回は3箱買っても揃わなかったので今回はよかっただの、
言いたいことを書きました。
読んでくれてるといいなぁ。

アンケートに書いた事聞いてくれるだろうか
右がワンフェス。
左が当選品
通常版もバリエーションが2種あり、
この型で都合4種類あることになってるので、
ちょっと多すぎやしないかって言いたくもなりますが、
逆に言えばそこまで欲しくなければ追いかけなくても良いって事であります。

しかしここまで揃ってしまうと、
前回のパオパオ(原作カラー)が手に入らなかったのが悔やまれる。

【2010/04/04 18:36】 | おもちゃ
トラックバック(0) |
「主役はみんなでしょ」で始まった
「ついに登場!!あっ、ドラえもんだ!春満開パワーアップ30分スペシャル」
OPは女子十二楽坊の「ドラえもんのうた」
レンタルDVD1巻に収録されているが、開幕トークは勿論の事、
OPもDVD未収録で現在は基本的に観る手段がない。

60分スペシャルで、
「勉強べやの釣り堀」
「タイムマシンがなくなった!!」
「思いだせ!あの日の感動」
の3本立て。

提供バックは「まんまるぼくがドラえもん」
ココスなどのCMも新ドラ仕様になったが、
影像は今までの流用だった。
「勉強べやの釣り堀」
脚本:早川 正
絵コンテ:米たにヨシトモ
演出:寺本幸代
作画監督:嶋津郁雄

記念すべき第一話。
前シリーズのパイロット版だったもののリニューアル。
前半は概ね原作通り。
後半は海の中に潜って遊ぶようにアレンジ。
サメや大ダコに追われるなど、
アクション性が高くなっている。
ちなみに大原さんが「大漁」を読めなかったと言う逸話が…

2人が顔を見合わせて「にぃーっ」としたり、
「全然ちっとも全く」と
定番ネタにしようとしたのかは定かでないネタが多い。
オチが原作通りだったと言う事に
リニューアルに寄せる意気込みを感じたものである。

出てきたひみつ道具は、
お座敷釣り堀
手ばり
深海クリーム
エラチューブ
ビッグライト

ゲストキャラクターは、
サメ:佐々木隆行
魚が捕まった時に「うおー」とか喋るんですが同じ人でしょうか。
一話目にして主人公とヒロインが…


「タイムマシンがなくなった!!」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:善 聡一郎
演出:
作画監督:金子志津枝

30分枠の中編。
今までの慣例で中編扱いですが、
現在では割と普通にある長さですね。
どうもスペシャルの印象が強い。いや、スペシャルだけど。
その証にゲストキャラの声が豪華目です。
スサノオノミコトも一言しゃべるんですが(女声)、
誰だか判別つかず。

モンスターボールがオロチの口の中にあって、
食われたのび太が頭をぶつけてスイッチが切れるようにアレンジ。
結局この道具は幻影?実態?

ひみつ道具
モンスターボール
タイムマシン
タケコプター
ほんやくコンニャク
桃太郎印のきびだんご
必中ゴムパチンコ
スモールライト
さいみん機
空気ピストル

ゲストキャラ
村長:藤本 譲
少女:川澄綾子
少女の父:大滝進矢
少女の母:松井菜桜子
狼男:小林真彦
村人A:岩波 裕
村人B:今泉 なお
村人C 中山 幸
三叉槍を考えると謎が溶ける


「思いだせ!あの日の感動」
脚本:大野木 寛
絵コンテ:米たにヨシトモ
演出:寺本幸代
作画監督:嶋津郁雄

「いつから…どうして…」
など視聴者に対してメッセージ性の高い作品。
薬規制で「ハジメテン」は「はじめてポン」と言うスタンプに変更。
ほぼ主役である静香の作画が異常なほどに気合が入っている。

この作画でこの作品についていこうと決めた

ひみつ道具
はじめてポン

ゲストキャラ
幼いのび太:門脇 舞


第一回声優リスト

幼いのび太:門脇 舞

村長:藤本 譲
少女:川澄綾子
少女の父:大滝進矢
少女の母:松井菜桜子

サメ:佐々木隆行
狼男:小林真彦
村人A:岩波 裕
村人B:今泉 なお
村人C 中山 幸


追記を閉じる▲

【2010/04/03 07:47】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
何って玩具写真ですよ。
背景がダメ
カメラがダメ
直接蛍光灯の下がダメ



なんとか綺麗に撮れないかと、
ついに自作でない撮影ブースに手を出しました。

とりあえず真っ白な子を撮ってみる。
ビーストモードを何とかしたい

ラインなんかも見えるし向上したかな?

とても小さいのを撮ってみる。
バインド!
ガシャポンがこのレベルで撮れるのならば結構アリではないでしょうか。
モールドも一通り見えるし。

いけるか?
再販を切に願う
と言う事で前々からやりたかったVCDのリスト。
ちょっと落ち着いたら作っていきたいです。
やっぱり発売順に…と上手く手に入れたけど
恐れ多くて仕舞い込んでた納戸先生を撮影。

撮ってみてはっきり解る退色。
これは店頭品だから仕方がない所なのですが、
破損発見…

フィギュアの未開封はまずいってのはこう言う事か。
いや今まで完全な未開封って基本的にないんですけど、
日焼けが怖くてすぐにまた仕舞ってたので、
不安になりつつも企画がてら出してみたらこのザマでした。
そのおかげで出して適当に飾るのにも
抵抗が無くなったと言えばそうなのですが。


追記を閉じる▲

【2010/04/02 22:31】 | たわごと
トラックバック(0) |
新年度で環境が物凄く変わりました。
個人的に一番大きなのが職場のPCが7に。
ワードとエクセルが2007に。
操作が全く解りません。
OSはともかくオフィスは2003でないと困ります。
作業効率がガクっと落ちて大惨事。
もうPC見るのも嫌な気分。

【2010/04/01 21:42】 | たわごと
トラックバック(0) |