生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のび太の知らないのび太」
最初「ボクを止めるのび太」かと思いました。

遊びにて行こうとしたら留守番を頼まれてしまいます。
「最近泥棒が多いから」
とママが曰う通り確かに多い。毎回出てる気がします。


「しずかちゃんが待ってるのに」
(待ってるわ)
「どら焼きが待ってるのに」
ここでドラ焼きが「待ってるわ」って言って欲しかった。
今にもしゃべり出しそうな顔してるし!

ドラには内なる声が聞こえたのか、
「かまわないから出かけよう!」
と泥棒よけに「立体コピー紙」で身代わりを作ります。
コピー紙といえば現在は紙そのものを差しますが、
コピーを作る紙ってのが22世紀っぽいです。

材質は一体…

早い話がカカシですね。
突っ立っているだけならのび太でも出来るのです。

ジャイアンが殴りかかりますが軽いので全然当たらない。
やっと当たったと思いきやドアにぶつかって跳ね返ってキック。
これは無限1Upパターン!
「今日はこれくらいで勘弁してやる」
数分前も聞いた気がする。

ドラ焼きのコピーの中で泳ぐドラ。
幸せな人です。
ちょっと気になるのがコピーの材質。
昔から疑問だったんですよこのコピーの触り心地とか。
解るのは「軽い」「水に浮く」だけ。

「コピー紙」を名前通りに取れば紙?
でも紙があの体積になりましたら重さは相当なもの…
どちらかと言えばイメージはスポンジとかそんな感じなのですが、
水には浮かないし。

捕まってビート板のように使える→発泡スチロールかも。
上に乗った物の重さを無視できる説明は出来ませんけど。
結局未来の不思議な物体に落ち着くのか。

静香の自殺未遂は水やりのダミーに。
いや全然ダミーになってないけどね。
動かないし。
地面えぐれますよ。

コピーが神成さんを救っている間に本物は好き勝手に。
ドラは悪乗りして率先してポストコピー。
ドラ焼きの海の中で泳いでラリったドラはともかくとして、
静香も止めようともしません。
これはあれですね。
こっそりヤキイモのコピー取ってご満悦なんでしょう。

更にスネ吉兄さんの新車をコピー
空きが3つあるんだから乗せてあげても良かったのに。
のび太に嫌がらせする為には静香すら切り捨てる。
いやむしろ、
いつもはのび太に嫌がらせする為にあえて誘っているのでは…

軽いから風が吹いたら飛ぶ。
これジャングルの常識!
たなびくドラのヒゲがプリティです。

本多知恵子さんのメイン役はけんちゃんのママ。
その人も髪型は似てるがみよちゃんじゃ(それはもういい)

本人が遊び呆けている間に
コピーはけんちゃんを助け名前も告げずに去っていった。
実際はけんちゃんは自力で助かったのですが…
実際問題世の中そんなものかも知れません。

ドラを足蹴にしてスカートを狙う図(中央右端)

飛んできたコピーを発見したのび太は静香をほったらかして直行。
距離はどのくらいあったのか解りませんが、
残念ながら間に合わずママはカンカンに怒ってました。
さすがパンドラのお化けも恐れるママ(旧アニメ)
公僕なんてなんのそので怒鳴りつけます。

が、コピーのび太の善行のおかげで
ママからのお叱りは回避出来るかも?
名前を告げず去っていったのになぜ知られていたのかは…
隣の学校まで伝わるほどの有名人だからでしょうか。
あ、けんちゃん暴れていなければいいショタですね。

しかしながら置き去りにされた挙句、
ダミーが一点集中で放水したかどででお叱りをくらい、
更に部屋の大量のドラ焼きとヤキイモ(のコピー)を発見され
大変なことになっているであろう静香が待っているはずです。
合掌。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/05/31 07:48】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
現在のアニメではいないことに…とは明言されていないものの、
全く出てこない不遇なジャイアンの父ちゃん。
ソノウソホントのときはどうするんでしょう。

いつからこの冷遇が決まったのかは判明しませんけど、
ただし設定書は見つからず
イラスト自体は描かれた事があるんですねぇ。

「ドラえもんひみつ大百科21世紀版」
を何気なく読み返してたら出てきました。
このムック、
現デザインのスネンダーとかなかなか興味深いイラストも載っててオススメ。
21世紀版って表記も楽しいです。


とりあえずVCDリスト作成。

納戸先生はF先生の誕生日発売なんですね。深い。

ジャン黒はちゃんとメディコムから通知貰ってました。
が、ジャイアンは全く情報なし。怖い。

【2010/05/30 11:25】 | 更新履歴
トラックバック(0) |
余計なニュースが入らなかった事を大きく評価します。

「アベコンベ」

ドラ「なんか使い道はないかなぁ」
のび「ダメだ!全然わからない。」

のび太に相談を持ちかけるも、
めずらしく勉強中で相手にしてもらえない。
→消しゴムにアベコンべを…
ドラえもんが狂う回ですが、
この時点でちょっと狂ってます。

おかしな行動を取るドラが魅力ですが、
表情がまた豊かで嬉しい。
突き出したアゴにすましたへの字口が続いてたまらない。
VCDでドラのバリエがわさわさ出てますが、
ムスっとしたへの字口はいつ出るのでしょうか。

「働きや性質が逆になるんだ」と
アベコンベを鉛筆削りに使うと鉛筆が伸びた。
アベコベにして戻して…で永久に使い続けられる気がしますが、
そんな訳がわからない道具を窓から捨てようとするな!

のび太はとにかく使ってみようとします。
「頭で考えるから思いつかないんだ」
「じゃあ、どこで考えるの?」
のび太はインスピレーション主義のようです。
日本語で書くとサイキンイキアタリバッタリです。
「いろいろやろうぜ」はFC4のみで消えたのです。

大いなる伏線

とりあえず家中に。
物干しをつつくとそこだけに雨がー
ママ「あーらいいお天…」
「気いー!!」
気とキィーで韻を踏んでいらっしゃる。

歯を磨けばお歯黒べったりになり、
ヒゲを剃ればそるほど増えるパパ。
許さなくても見栄切っても無駄です。
その容貌は勇者ではなくてザコモンスターなのです。

ママはママで掃除機はゴミを吸い出し、ホウキで掃けばまた増え、
雑巾で磨けば磨くほど汚れていく…
おまけに冷蔵庫がヒートエンド。

パパもママも必死。
特にパパはここぞとばかりに輝いてます。
こんなに熱心な両親から何故のび太が…

実験台

家が済んだので次はお約束の町中に。

「きみみたいなオッチョコチョイに持たせていたら
いつ何を触るかわかったもんじゃない!」
→ズガン

全く動じない原作そのままの顔の幼女。
引きずった風船の音がゴムの音なのが細かくていいです。
車に乗ってるのは雑誌編集者ですね。
フニャコ先生に追い込みをかけるところだったのでしょうか。

「フニャラー!↑」
違う、そうじゃない。
私のイメージは
「フニャラ↓」
なんだ!

2、3回聞くうちにこれはこれでいいかと思いましたけど。
音階も低音の印象があったのですが、
普段の声と逆の高音で、
あーそうなのかーと。
いい意味で固定観念を崩されました。

このフニャラ顔の何が面白いって、
シルエットにしたら
ひっくり返しても違いはないんですねドラの頭って。

「ドラえもんが変になっちゃった…」
「わあっ、ドラえもんがへんだ」
よりは100倍自然です。
「おかしくなっちゃった…」ならもっと自然だったかも。

泥棒「公務現行犯で逮捕する!」
なんだそりゃ(今更)
地味に警官の声が固定気味っぽいですね。
※そうでもなかった

のび「青いタヌキ見ませんでしたか?」
青いけどあれはもうタヌキじゃない。
タヌキに謝れ!

今日の田中さん(仮)
・テーマはセクハラ…とみせかけて、
「折角本多知恵子を呼んだから声を当てさせよう」ですね。
違うから!その子は髪型は似てるけどみよちゃんじゃないから!
いや、むしろみよこでいいから名前付けてあげてください。

スネ夫の1個千円の高級ドラ焼きのおかげで難を逃れました。
いささか残念です。
「遠慮なくにおいをかいでよ。」
と言うスネカミにすかさずタッチ。

フニャラコ先生

リーゼント(?)からオールバック(?)に
気をとられているうちに素早くドラ焼きを奪取。
こんなになってもドラ焼きは好きなんだ。
アベコベだから動きがネコですね。アベコベだから。

犬は人を連れ、金魚は猫を遅い、赤ちゃんがお母さんをあやす。
金魚はギョピなんて言わない!
重い風船を引き釣りながらお相撲さんをお手玉してますが、
この幼女は一体何がアベコベになったのだろう。
素?

アベコベになったジャイアンは、
「オレをボコボコにするまで勘弁しねえ!」
「この野郎…!ギッタギタのメッタメタにしてもらうからな。」
火花がドラ焼きなのは…
ドラ焼きは甘い→→ジャイアンはメロメロって事でしょうか。
さすがドM。

ボコボコに出来るのび太の腕力って…と思ったけど
ジャイアンが弱くなってるのかも?

ついにドラの魔の手はのび太に。
追い詰められたのび太は機転を利かせて、
アベコベ鉛筆削りの如意棒で撃退!
この演出は格好良い!
(この瞬間だとのび太が打った弾(尻尾)が
ドラを貫通してるように見えませんか?)

ド・ド・ドラフの大暴走

この発想はのび太は頭が悪い訳ではないって事でしょうか。
でも宿題はできない。

「悪い頭ならよくなるはずだよ」
「なんでもスラスラ解けちゃうぞ
これじゃあちっとも面白くない」

原作ではスラスラ解ける
→普段はバカの証明で「おもしろくない」に解釈出来るのですが、
この表現だと
解きがいがなくて「おもしろくない」って感じがします。
頭のレベルも上がってますね。

しかしながら
3/8+5/2=7/8…
つまり普段の頭でも1問くらいは出来るって事ですね!
奥が深い!!


追記を閉じる▲

【2010/05/29 07:28】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
「古道具きょう争」
「怪談ランプ」


夏ネタが入ってきました。
あときょう争のきょうは狂うの狂。



「古道具きょう争」
脚本:大野木寛
絵コンテ:三宅鋼太郎
演出
作画監督:久保園誠

骨川家の古いもの自慢は、
ナポレオンが使った拳銃
信長がオランダ人から貰ったランプ
アラジンのランプ
牛若丸が使っていた下駄…
とかなりうさんくさい。

スネ夫はともかくパパはそれなりの常識人のイメージがあるし、
そもそも社長でありますので、
それなりの古道具にスネ夫が適当な説明をつけてる可能性もありますね。

この時には後に牛若丸と絡むようになるとは思いませんでした。

野比家の古道具は10年前のテレビ!
あ、うちのモニタももう10年になります。
壊れる気配がないのは嬉しいやら悲しいやら。
でも液晶じゃ上に物置ないし…

読んでいる本は「コロコミック」
野比家の物は最終的に総入れ替えになったはずですが、
過去のどんな書物と交換されたのでしょう。

ドラ「現代の物も超レアアイテム」
うん、30年前の本とかおもちゃとか当時は何も思ってなかった。

珍品堂の声:一条和矢

少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香

セリフは才野(仮)が先だけど、
こっちが山下さんっぽい。
安雄がAでまるたさん。

ジャイアンはじいさんが大事にしてたドテラを持ってきましたが相手にされず、
スネ夫の戦国時代の鎧、のび太の千年前の中世鎧の前に吹き飛んでしまいました。
最後には葉っぱ一枚に。
ジャイアン「すげえ!アダムとイブまでいっちまったぜ」
どんだけ動き回っても取れないのはさすが衣服を名乗っているだけある。

ママ
「ねつがあるみたいなの」
「ヨヨヨ…」
「あらドラちゃん。ドラちゃんも昔に来ちゃったの?ヨヨヨ…」
残念ながらちょうちょは戻らず。
あの書き変えのなにが駄目って漢字の不使用。
「昔へきちゃったらしいの」
「へきた」って何なのか悩みます。

警官:高戸靖広

タイムシーバーが雨に濡れて壊れたら元に戻せなくなるそうです。
注文した端末じゃないと駄目なのでしょうか。
未来のシステムにしては意外とセキュリティしっかりしてますね。


パパ「ママが心配だ…昔へ来ちゃったとか訳のわからない事を言ってたな」
↑言ってない。
少なくとも視聴者は聞いてない。
ツーカー錠はデフォルト装備ですね。

買い戻したのか返品されたのか

ひみつ道具:
タイム・シーバー

ゲスト:

珍品堂の声:一条和矢
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治
少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香


「怪談ランプ」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:三宅鋼太郎
演出
作画監督:久保園誠

「こわくてこわくて」に解説が。
おこわって言いますものね。
ニヤニヤするママがかわいいです。

怪談シーンにて配役記載はないもののモブ、ゲストが多数。
ただ何となく解るので判別してみます。

静香パート:
赤いのがお菊(まるたさん?)
みんなちょっとしたセリフあり。
お菊幽霊版のほうが美人ですね(オイ)

侍:楠見尚己

ジャイアンパート:
旅人は高戸さんで鬼婆は山下さんっぽい感じ。

スネ夫パート:
のっぺらぼう(女)はまるたさん、
よっぱらいは高戸さん
店主は楠見さんと思われる。

ここで注目すべきは酔っぱらいである。
怪談話だからあてにはならないのですが、
スネ夫は「親戚のおじさん」と言っております。
で、この顔は記憶喪失の映画俳優。

・そもそも全くのデタラメで適当なイメージ
・たどってみたら本当に親戚だった
・何らかの要素で親戚になった
・映画俳優だったので親戚認定

どれだ?

泥棒の出刃包丁がバナナに変更。
包丁持ってたら強盗だからなシャルル!

警官と泥棒は前半と同じ…かな?
そもそもどっちを指しているのかはっきりしなかったり。
(ブロック分けで判断するならばこちら?)
ママのパックはちゃんと目が出ました。

警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

ツノになったり包丁になったりバナナ万能説

ひみつ道具:
怪談ランプ

ゲスト:
侍:楠見尚己
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

第十八回声優リスト

ママ
パパ

珍品堂の声:一条和矢

侍:楠見尚己
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香


追記を閉じる▲

【2010/05/28 07:49】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
ベッカンコVCD化!!!!!
パオパオ出たときに冗談で言ってましたが、
まさか実現するとは!!
模型誌読んで驚きました。
そして買ってきたF全集の週報で涙が出ました。

本来は全く音沙汰のないジャイアン(初登場)の情報集めだったんですが、
写真見るとそちらもローソンでバッチリ買えるっぽいですね。
もちろんローソン受取出来るでしょうし、
アホみたいに高い送料と代引き手数料も完全回避!嬉しい!
(一種一律1500円、同梱不可。
いや今はYAHOOや楽天にも店舗構えてて
カード決済なら一つ840円で済むんだけどさ。)

開拓史のパオパオリペでジャン黒カラー出すんだろわかってる。
2期の21エモンでゴンスケ出して、
3期のデンカでリペ出すんだろわかってる。
久々に上京しようかと思ったけど予算回して準備しておこう。

全集によると黒べえが数量限定予約受付ってのが気になります。
多分ほぼ受注になるんじゃないかなぁと希望的観測しているのですが、
これからの情報次第では溜まりに溜まった代休使うかなぁ。

ドラデータ15回まで終了。
やると言ってやってないVCDレビューも今月中に着手したいです。

F全集週報/チラシ
ジャン黒 145/125 163/145
海の王子 187/203 199/179

今からじっくり読みますが
ジャン黒
・「ピリミー」「黒んぼ大会」がそのままとは恐れ入った。
・未読はないつもりだったんですが新聞掲載分があったなんて…
ってかF筆のガック!
海の王子
・「メガトロン」にはどうしても反応してしまいます。
ユニクロンはマイ伝の時買ったし、
その後投げ売りで1円の値札付き未開封持っているんですが、
これはだめだ。
これには負ける。
これは欲しい!(海の王子関係ない)

【2010/05/27 13:00】 | 藤子
トラックバック(0) |
「かげがり」
「テストにアンキパン」

ゲストが一人もいないのは珍しいです。
「かげがり」
脚本:早川 正
絵コンテ:しぎのあきら
演出:佐土原武之
作画監督:富永貞義

30分後から意志を持ち始め、
2時間で完全に入れ替わる恐ろしい道具。
警告出るとかなんとかしてください。

パパ「まっくろになって働いているな」
静香「のび太さんずいぶん日に焼けたのね」
なんでこの人達はこんなにのんきなんでしょう。

スネ「すりぬけた!」
ジャイ「あいつ…のび太じゃなかったのか」
スネ「ひょっとしたらオバケかも」
なんでアレをのび太と認識するのでしょう。

ママのお説教内容↓がアドリブっぽいなぁ。

「のび太、全くアナタはいつもいつもママを…
進んでお手伝いをしてママは嬉しかったのよ
パパだって褒めてたんだから
なのにあんなにめちゃくちゃに食べ散らかして
散らかしたら散らかしっぱなし
のびちゃんって…
ちょっぴり奮発したのよあのスイカ
ああいいの、それはいいの。ともかく」←とくにこの辺

接近して6321463214+B

ひみつ道具:
かげきりばさみ
かげつけのり
かげとりもち

「テストにアンキパン」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:三家元泰美
演出:
作画監督:志村隆行

扇風機に「ふきとばし・せん風機」と言う名前が付けられました。
このネタ、未収録を知らないと冗談かどうか解りませんでしたが、
正式にひみつ道具にカウントされました。
中点なしで「ふきとばしせん風機」若しくは全部平仮名の方が
それっぽいし綺麗だと思いますが、
テロップ表示の関係かなぁ。

ゴリラ(先生)・生徒にはセリフがあるもののキャスト表記なし。
つまりメインキャストが兼任していると思うのですが、
騒ぎ声だけなので分かりません。

ドラ「いいじゃないかたまに0点取るくらい、気にするな。」
いやこの子はたまじゃないし。
見事に今日も0点2枚でした。
でも名前は書けてるぞ!

「うーん、これはすごい」
「すごい点なのはわかってるよ。0点だもの」
「そうじゃない。
このテストは○×式で20問だろ。どっちも。
○×式はふつう答えさえ書いてあれば
半分は嫌でも当たっちゃうんだ。」
「20問全部はずす確率はどのくらいだと思う」
「さあ…」

「やく100万分の1!そうそうできる事じゃないよ。
その0点を連続して取るんだから、
これはもう天文学的確率だよ。」
「へえ、そんなにすごいのか」
「それに、全部外れたという事は、
もしきみが思っていた事と逆の答えを書いたとしたら…」
「100点満点だ!なんだか自信が沸いてきたぞ」

オリジナルセリフですがF節が上手い事出てます。

ママに見つかりまた0点ならお小遣いなしとお達し。
→またヤカンとマクラ。
つまりここまで時間稼ぎです。
きこりの泉もそうだったけど
伸ばし方がこなれて来ていますね。

漢字の書き取りは「赤い旗運動場に立つ」
アンキパンを
ジャイアンに取られるかと思いきや、
もうそんな無駄な時間はないようです。

「クラスで一番忘れん坊ののび太さんが?
クスクス…」
ギリギリのラインでバランス取ってます。

電話帳が百科事典に。
阿井上男さんと柿久家子さんは
アークチョーク、アイーダに変更。

0点だと小遣いなしを哀れに思ったパパが
カツ丼を作ってくれました。
色んな意味で重いので食べなくてはいけません。
辛いですね。

いつもは1言でも呼ぶのに…

ひみつ道具:
ふきとばし・せん風機
動物ライト

第十七回声優リスト

パパ
ママ


追記を閉じる▲

【2010/05/26 07:37】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
もっとも田舎は数日遅れですがー
しかし今だに信じがたい。

ドラデータ13回(28話)まで完了。
「休日のガンマン」だけど、
ひょっとして通常サイズで描いた物を縮小してはめ込んでる?
なんか色合いや線の細さが遠くから近づいてくる時(縮小→標準)
と同じように感じるのです。
そうだとしたらどれだけ手間をかけてるんだか。

なんとなくトラックバックテーマで一問一答

「一度は経験したいもの」
青春18きっぷぶらり旅。
適当に乗って適当に降りる繰り返し。
やってみたいと思いつつ色んな事が気になってねぇ。

「あなたは草食系?肉食系?」
菜食系

「名前と苗字どちらが好きですか?」
名字。
名前は噛むから。
名字もたまに噛むけど。
と言うか呼称される事が全てに置いて照れくさくていけない。
もちろんHNも恥ずかしくて仕方がない。
困ります。

「沖縄料理、何が好き?」
油は勘弁してください。
あえて選ぶならサーターアンダーギー
あまり食べられないけど。

「生まれ変わるなら何になりたい?」
ミドリムシ。
人もなんとか光合成が出来ない物かと思います。

「あなたは早起き派?ギリギリ派?」
早起き。
そしてドラ観ます。
その時点ではざっとメモ取って
後は色んな合間でまとめてます。

「あなたの大好物は何ですか?」
揚げ出し豆腐。
タンパク質は豆で取る。

【2010/05/25 00:00】 | たわごと
トラックバック(0) |
「ドラえもんの大予言」
「白ゆりのような女の子」

ジャイスネリストラ回
「ドラえもんの大予言」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:塚田庄英
演出
作画監督:中村英一

ベテラン中村さんが作画監督ですが、
ベテラン過ぎてキャラデザが戻ってる…

てんコミでは第2話。
描き直されたトビラ(?)と本編のギャップに戸惑いました。
アルバムをキーとした1話とのセットと言う認識がありまして、
バラでアニメ化されるとちょっと物足りない。

「全治一ヶ月の大けが」に怯えるのび太に対し、
食べ物とマンガに釣られ、
「泥船に乗った気でいてくれ」
と自信満々のドラ。
カチカチ山は禁句である。

セワシ:松本さち

読んでる漫画ですが、
忍者と猫がいたらどうしてもニンニン。

ガキ、オヤジ、お子様、小池さん、運転手と
ちょっとづつセリフはありますがキャストは不明。
男の人は何となくわかってきましたが、
女の人はガラっと変えるのでさっぱりです。

小池さんはちゃんと表札も小池でした。
ガーンとぶつかるからか、
締めにガン子が再登場。

ガン子:吉田小百合

のび太のケガは軽症で済みましたが、
アルバムに大怪我の写真は残っててアレ?でおしまい。

顔…

ゲスト:
セワシ:松本さち
ガン子:吉田小百合

ひみつ道具:
二十二世紀のマジックハンド
タイムテレビ
タケコプター

「白ゆりのような女の子」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:塚田庄英
演出
作画監督:原 勝徳

しろゆりと読むのは素人

色が白く
髪が長く
大きな瞳がキラキラと輝いて…と
白ゆりちゃんのデザインが忠実なのが笑いどころ。

舞台は昭和20年。
チョコレートを渡すと
夕靄の中に消えていった…
しらゆりの人とか言ったら○○の君みたいですね。

この辺りの記述は適当にスルーするのがパパへのやさしさ。
写真を撮るためにのびドラは昔へ。

住職:宇垣秀成
先生:楠見尚己
少年パパ:小林由美子

このアニメ年齢は結構いい加減ですねぇ。
もちろんいい意味で柔軟です。

生徒のしゃべり順は、
右端、左端、左から二番目

生徒A:まるたまり
生徒B:瀬那歩美
生徒C:山下亜矢香

恐らく順番に配役。
転落はそのまま。
死んじまいたいよもそのまま。
のび太が落下したアレって今の子解るんだろうか。

脱臭剤を山のようにふりかけて漂白、
毛生え薬もかけ過ぎて…
完成!白ゆりの君!
ドラのカメラがまたレトロなのがいいんだ。

白ゆり:大原めぐみ
ってセリフないですねこの人。
なんかの機会でイメージイラストに声当ててくれないものか(笑)

鬼畜米英! うちてしやまん!

ゲスト:
住職:宇垣秀成
先生:楠見尚己
少年パパ:小林由美子
生徒A:まるたまり
生徒B:瀬那歩美
生徒C:山下亜矢香

ひみつ道具:
タイムマシン
スーパー手袋
バリカン
脱臭剤
毛生え薬
カメラ

ミニシアターは中断、「夏限定」のアオリで
エンディングの代わりにドラえもん音頭が入りました。

第十五回声優リスト

ジャイアンとスネ夫は予告含め出番なし、キャスト表記なし

ママ
パパ
セワシ:松本さち
ガン子:吉田小百合

住職:宇垣秀成
先生:楠見尚己
少年パパ:小林由美子
生徒A:まるたまり
生徒B:瀬那歩美
生徒C:山下亜矢香


追記を閉じる▲

【2010/05/24 07:39】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「ころばし屋」
「きこりの泉」
ミニシアター(どこでも蛇口)

きれいなジャイアンです。
クッキーボールチョコ、VCDと無駄に2回も立体化してたり。
「ころばし屋」
脚本:早川正
絵コンテ:寺本幸代
演出
作画監督:嶋津郁雄

ころばし屋は
ロボ王の時のタイニビッツキャンペーンで当選した思い出深いキャラ。
封入されるシークレットはゴンスケだったらしいですが、
こちらは結局出ませんでした。
あ、あとVCD(未来デパート)が見つからず難儀したなぁ。

「いつもいつもぼくがおとなしくしていると思ったら大間違いだ
ジャイアンめ今日こそ懲らしめてやる。」
→道具を…
なんだいつものパターンか。

ころばし屋の武器は衝撃波ピストルっぽいイメージがあったのですが、
手に空気砲が内蔵されているように変更。
相手をひっくり返す効果自体は変わりません。
「血も涙もない転ばせぶりだ…」
もうこのバカっぽさが最高!

10円って安い気がしますが、
未来から見る古銭価値を考えるとどうなのでしょう。
1024倍のボーナスを現在のお金に直して+自転車1台分、
「10円何でもストア」とか逆にぼったくっているのではなかろうか。

「ステキな骨川…」ってスネちゃまの歌、
多分アドリブでしょうけどフルで聞いてみたい。

邪魔をした(?)警官はともかくとして、
のび太が通りすがっただけの
じいさんとブル(表札からして千住さん)は完全なとばっちり。

転ばされた千住さんの下駄がそば屋に当たり、
そばがブルに、更にゴミバケツがおじさんに…
なにこのトムとジェリー。

警官:高戸靖広
おじさん(恐らく千住さん):楠見尚己

犬と女性も空を舞うガキも飛ぶ。
更にまた女性→男…
あれ?この男の声水田さんじゃないか?(笑)

唐突に土管の裏から現れて、
「見て!こんな所に可愛いお花」と曰う静香が意味不明ですが、
もうそんな事気にするのは愚かしいです。
次のネタ↓の為に出てきただけなんですから。

「残念だがもう逃げられないようだ
だけど君だけは…君だけは守ってみせる
ころばし屋!決闘だ!」

と、西部劇描写が妙に凝ってる決闘シーン。
輪ゴムによる射的ですが、
未来の道具を打ち倒してしまうところはさすがのび太。
のび太の妄想と現実の静香の覚めっぷりが笑えます。

飛ぶだけの人は別にスルーしても良かったかも

ゲスト:
おじさん:楠見尚己
そば屋:宇垣秀成
警官:高戸靖広
女性:まるたまり

ひみつ道具:
ころばし屋

「きこりの泉」
脚本:大野木寛
絵コンテ:寺本幸代
演出
作画監督:嶋津郁雄

伝説ですね。

スネ夫だけなぜかユニフォームです。
ジャイアンがボールを取れなかったのはグローブのせいと言い、
のび太のピカピカのグローブと取り替える展開が追加。
自然な流れで良いですけど、
その繋ぎのためにまたジャイアンズは負けたのか(笑)

ドラの「このドラ焼きが良いんだ」にも
限定品で毎月一回10個、
「ふわっとしてしっとりした皮
中のアンはしつこくなくほどよい甘さ
一口食べただけで幸せが口いっぱいに広がる…」と
納得の行く流れが作られていました。

きこりの泉のお話も、
ドラお手製の紙芝居で解説するなど、
時間稼ぎ…もといとても丁寧な作りがされておりました。
のび太の「やんややんや」はやたら古風でお気に入り。

女神:川村万梨阿

泉には5回の使用制限が付きました。
のび太だからとりあえず静香に使わせます。

で、好きだった服が
デザインも色も全然違ったものに変わっちゃったのですがー
あなたはゲンキンですね

それを見ていた意地悪じいさん、
限定ドラ焼き30個でドラを釣ろうとします。
タヌキは簡単につられますウヒラウヒラ。
「パパが友達で…」って久々に聞いた感じ。

回数制限があるので慎重に―
スネ夫が機転を利かせて一番新しいロボットを入れると、
超巨大なラジコンが出てきました。
このデザイン…キットラ?
「スイッチオン」で「マ”」なんて言いながら動き出しやがった。
やっぱ動力は単三4本なのでしょうか。

欲張りなスネ夫は嘘をついて本当の事を言おうとしますが、
正直者のジャイアンが正直に嘘をついてしまいました。

後は説明するまでもありません。
バステッドですドボンです。

チラチラ見ながら、
「ボクこっちの方がいいな」
「乱暴じゃなさそうだしね」
と言える所に理屈を超えた熱い友情を感じます。

スネ夫のロボットはガイヤー?

ゲスト:
女神:川村万梨阿

ひみつ道具:
きこりの泉

ミニシアター(どこでも蛇口)
絵コンテ・演出:やすみ哲夫
原画:木村陽子

現在の時点で最後のミニシアター。
お酒が唐辛子ジュースに変更されました。
誰が飲むんだそんなもの。

第14回声優リスト

ママ
パパ

女神:川村万梨阿

おじさん:楠見尚己
そば屋:宇垣秀成
警官:高戸靖広
女性:まるたまり


追記を閉じる▲

【2010/05/23 07:28】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
「しずかちゃんとおじいの木」

「おじいのき」で変換したら叔父猪木になった。
これは枯れそうもない。

前回予告では触れていましたが、
今回は誕生日SPなどの触れ込みはなし。

犯罪者に身体乗っ取られたり、失恋したり、引きこもったり、
みんなから嫌われたり、財産全部失ったり、
挙げ句の果てには過去の罪を追加されたりと、
誕生日ってそんな日だっけ?
その人が主役になれる素敵な日ですね。


アンプルを枯れかけている木の根本に刺している静香。
「枯れる」に反応してブスブス刺します。
木には焼けこげた後があり、何らかの関係性が示唆されます。

木はかなりくたびれていて、
ジャイアンがぶら下がって遊んでいると折れてしまいました。
ブランコが下がっていたり子供達の遊び場になっていますが、
突然現れた「熊さん」は木を切り倒すと言う。
なにかしら因縁がある静香は切り倒さないで欲しいと訴えるが
相手にして貰えない…

この時点では環境破壊ネタかぁと。
予告の「おじい」からちょっと嫌な予感がしておりましたが…

そんな最中、空気の読めないのび太は
静香に誕生日のプレゼントについて話しかけますが当然無視。
「おじいの木」が切り倒されると知ったのび太は、
ドラえもんと共に阻止に向かいます。
ジャイトス「ぬわーっ!」

この時の
「のび太さん…」
「はい!」
が妙に笑えました。
のび太は弱い子だよね。強いけど。

とりあえず着せ替えカメラで幽霊姿になった静香が脅かしますが
全く効果なし。
って言うか何故バナナ?
着せ替えカメラって事は元絵がある訳でして、
誰がどう言った意図でデザインしたのでしょう。
あと着せ替えカメラは服の成分の再構築な訳で、
産まれ出でたるこのバナナは食べる事が出来るのでしょうか。
かなりどうでもいい事ですが気になります。

足のある幽霊は効きませんでしたが、「ひものゆうれい」は
流石に効果がありまして一般作業員は撤収。
しかしながら熊さんはそんな物に動じません。
が、「空間ひん曲げテープ」の力には逆らえずこの場は退散。
今回はしのげても明日からはどうするか、
静香はパパに相談します。

「ひものゆうれい」が原作で「勝手な理屈で人を追い出す」
為に使われた道具ってのがミソ?
仕事で来てる熊さんは何も間違っていない訳で…
と、こんな視点で見てしまうのは年を取ったからか。
バナナだ

静香パパの助言で、
「自然を大切に」と町の人に呼びかけを行います。
しかし反応は今ひとつ。
そこに飛んできた漢が一人!
なんと神成さんが協力してくれました。
ドラは「パーソナル応援団長」で煽って働かせます。
いやそれでいいのかと。

大人任せにしてこれで解決かと思いきや、
木を切る事になったのは理由があったのです。
枯れかけていて危ないから。

冒頭でもジャイアンが枝を折っていました。
彼は丈夫なので問題ないでしょうが、
ブランコに小さな子が乗っていて落ちでもしたら大変です。
子供達の遊び場ならばなおさら…
とのびドラは納得しかけますが、
静香はそうはいかない。

花が咲かなくなったのは、
小学校低学年の時花火をしていて木を焦がしてしまった、
そのせいであるとずっと責任を感じていたのです。
神成さんの所にも訪れたのでしょうか

「植物歩かせ液」でおじいの木を高井山に移動させようとしますが、
なかなか動いてくれません。
パーソナル応援団長とくすぐりの効果でようやく飛び出しましたが、
一度出てしまうとそれまでのぐずりはなんだったのか
軽快にに動き出し街を徘徊します。

実際に目撃したのはのび太のパパだけだったのですが、
酔っぱらった目で見て思い出す所が、
「パパだって甘えんぼ」に通じますね。
酔っているから夢の中の物語として処理できてしまう、
そんな悲しい大人の現実を感じます。

逆に静香のパパは直接見てはいないけど、
昔なくした飛行機が手元に戻ってきた、
あえて姿を見せなかったのでしょうね。

「昔遊んだ子供達にお別れを言っている」
これは間違ってはいませんでした。
でも静香たちは「高井山にいくから」お別れだと思っている。
でもおじいの木はまた元の所に戻ってしまいました。

このタンポポのゆくえは?

おじいの木の意図が解らない静香たちは直接話そうとします。
第一声が
「徳川様の時代は終わったのかい」
「そんな大きい声出さなくても、ギャグじゃよギャグ」
…なんともすっとぼけたじいさんですね。
さらに、
「(高井山の)美味しいだろうねとは言ったけど、行くとは言ってないよ」
ここだけ抜き出してみるとひねくれたじいさんに感じますが、
そうじゃない事はここまでのパートで解ってます。

「ボクが枝を広げてる姿は凄いだろ?
でもそのおかげで下の地面には光が届かない
ボクの子供達は芽を出しても育つ事がないんだよ。
老いたる木は倒れる
そうすると太陽の光が地面に届いて何年も眠ってた種が芽を出す事が出来る
そうやって森は続いていくんだよ」

ここで解るのはおじいの木の気持ちだけではないのです。
生えている所が街を見渡せる位置。
木は常にみんなを見守っていたのです。
迷わずみんなの元へ回れたのもそう言う事なんでしょう。

また、歩けるようになったタンポポが
おじいの木のあった場所に陣取っていたのが上手い表現だなぁと。
ただの道具テストだけではなく、
その後のおじいの木の言葉に
説得力を持たせる為の役割も果たしていました。

静香へのお礼として、
最後に花を咲かせます。
一夜の奇跡。
散った花びらが夢ではない証拠でした。
ちょっとうっとおしかった応援団長の
「オス!」に泣けました。

おじいの木は切られてしまい、
焦げ後のある切り株だけが残りましたが、
その傍らにはもう新しい芽が顔を出し、
その日静香は誕生日を迎えたのでした。

男女双方の合意で出木杉は…

モブ大集合!
女の子メインですね。
一人いませんけど。

アレ?出木杉は?


木を切るだの切らないだので、
また環境どうたらに逆戻りかよと警戒していましたが、
全くのフェイントだったのですね!(何が)

何百年も生きているおじいの木は流石に人間(?)が出来ていまして、
凛とした強さ、優しさでとても観た後の気持ちが良かったです。

T.P.ぼんに千年杉を辿るお話がありましたが(1話だったかな?)
なんとなく思い出してしまいました。
今回のお話は何となくぼんとか魔美とか、
ちょっと高めのテイストが入ってる気がします。
もっと突き詰めると山寺グラフティとかの路線。

序盤がちょっとテンポが悪い気がしましたが、
主題歌後はテンポ、シリアス、ギャグ共に非常に高水準で
ぐいぐい引き込まれました。
ジャイスネを早々に排除したり、
神成さんも役目だけの存在に徹しているのも
流れを殺さない良い判断であったと思います。

あと作画がこれでもかと気合い入っているのは
さすが誕生日SP!
ちょっとあざとすぎる気もしますが誕生日だからしょうがない。

予告の時点での警戒はどこへやらかなりのお気に入り。
すでに3回観てます。


追記を閉じる▲

【2010/05/22 07:21】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
ワクワク発見!ドラえもんという物を貰いました。

全10種

ちょっと前に流行った(?)掘り出す玩具。
全10種でラインナップはドラ、黄ドラ、アンキパン
タイムふろしき、タケコプター、どこでもドア、どらやき×4
言うまでもなくドラ焼きがハズレです。
絵柄はドラミ様、ネズミ、ミーちゃん、タケコプターと
なんだかよく解りませんがハズレです。

ゴミの日を控えているので早速開封。
室内ではあまりやりたくない…
ドラ焼き型の砂とノミ、ブラシが付属。

ごりごりと
ごりごりけずっていきます。
ごりごり…

この次の瞬間、
やってられなくなってサムソンに叩き付けました。
ある意味当たり?

中身はハズレのドラ焼き。
ドラミ様だったのである意味当たりと言えなくもないですが、
この塗装の乱雑ぶりと来たらどうよ。

これ「生産者」でも「販売者」でもなく、
「輸入販売元」になっているんですが
元来は海外向けだったんでしょうか。
定価500円らしいので恐らく買う事はない感じ。


ドラデータ11回目(24話)まで終了。
順調に1月遅れですね。
準備自体はなんとか30話まで…にしても遅れてますが。

【2010/05/21 22:01】 | 藤子
トラックバック(0) |
「今夜テレビ初公開!」と称し、
「のび太の恐竜2006」の速報が流されました。
故にミニシアターはお休み。
お休みだと思っていたさ…

「ムードもりあげ楽団登場!」
「友だちの輪」

「ムードもりあげ楽団登場!」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:安藤敏彦
演出
作画監督:久保園誠

これはアニメな訳でBGMが流れるのは普通の事。
道具の効果の「特別なBGM」を魅せるために、
画面がスクリーン状になる演出がなされました。
セリフがオペラ調になったりと上手かったなぁと。

のび太が観ているテレビが「休日のガンマン」!
子供が観て面白いのかこれ(笑)
キャラはとてつもなく忠実だし、
シーンもいちいち凝っていまして、
中でちゃんとストーリーが進行しています。
なんでこんな所に力注ぐんだろこのアニメ(笑)

ロマンチックなシーンでキャッキャウフフやってる人は、
シャック(ジャック?)とブリトニー(ベリトニー?→ベティ?)
字幕がないので正確なところは解かりません。
(設定書にも回想シーンの男女としか…)
怪獣と捕まってる女性、古代人にもちょっとしたセリフがありますが
配役はわからず。

多分女性は少年(安雄)のまるたまりさん。
男性に関しては今回ジャイスネ、パパに神成さんしかおらず、
松本さんぽい感じがしますが確証はなし。

少年:まるたまり

設定が発見できたのは「男と女」のみ。ガンマンが無いのが逆に意外

ゲスト:
少年:まるたまり

ひみつ道具:
ムードもりあげ楽団

「友だちの輪」
脚本:早川正
絵コンテ:しぎのあきら
演出
作画監督:中村英一

ミズエさんがジャイアンを凌ぐ野球万能少女に!
ジャイアンの「ウルトラ魔球プロペラ投げ」などものともしません。
この妙に素敵なキャラ改変をしたにも関わらず、
ハグには登場できなかった(と思う)のが可哀想です。

ミズエ:福園美里
猫:倉田雅世

「だれじゃ!人のうちを覗くのは!」
→「野比のび太くんです!」の切り返しが流石スネ夫と言った所。
この機転には心底感心します。

のび太が神成さんと浮気をしているとは知らずに、
静香は健気にもクッキーを置いて帰ってしまいました。
のび太がまた乗り換えようとするも…ってオチ。
ただここでのび太を排除しちゃう意味が
いまいち分かんなかったりもします。

ジャイアンズをぶっとばせ

ゲスト:
神成さん:宝亀克寿
ミズエ:福園美里
猫:倉田雅世

ひみつ道具:ともだちの輪


第十三回声優リスト

ママ
パパ
ジャイアンのママ

神成さん:宝亀克寿
ミズエ:福園美里
少年:まるたまり
猫:倉田雅世


追記を閉じる▲

【2010/05/20 07:16】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
ちょっとだけ時間が空いた!
なにかしら創作活動したい!

とりあえず董卓作りました。
よく動くけどポーズと言われると…
・まず出たのが凄い。
・大きさが凄い。
・付加、連動パーツも何もないのに
非ガンダムの敵キャラクターが1000円と言う快挙(暴挙?)
・ザクはザクでも旧ザクだ!
子孫

役割、構成共にこんな立派な旧ザクが果たしてあったであろうか。
董卓とは、旧ザクとは果たしてなんなのだろうか。
そんな事を考えてしまいます。
気まぐれで黒星剣持たせてみたけどナイフレベルのサイズ比。
大きければ強いって訳でもないですが
正直呂布いなくてもいいでしょうこの人。
無差別皆殺しビーム食らってもかろうじて生きてたし…

黄土色成形も可能なのにあえて玉璽が黒成形なのもポイント高し。

【2010/05/19 23:40】 | SDガンダム
トラックバック(0) |
「変身ビスケット」
「しずかちゃんさようなら」
ミニシアター(糸電話)

一本目と二本目の差が…
「変身ビスケット」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:前田康成
演出:三宅鋼太郎
作画監督:嶋津郁雄

夕ご飯の唐揚げをつまみ食いするのび太
「意地汚いとオオカミになっちゃうわよ。」
とママは言いますが初めて聞く格言です。

ビスケットも意地汚くつまみ食いし、
猫の姿になってしまったのび太。
お菓子屋のおじさんは驚いてこしを抜かしますが、
ジャイアンは「ひょっとして宇宙人だな」と捕獲しようとします。
流石です。

お客さん:宇垣秀成
店主:楠見尚己

のび太は思わず壁をよじ登って逃げました。
動物の力も身に付くみたいですね。
ここで静香と出木杉登場。
2人と何か約束があったようですが特に絡むことはなし。
今だったらみんなで食べて大騒ぎーとかなりそう。
あ、「いぬになりたい」と被りますか。

ビスケットを食べたことを咎めるドラに、
「ちゃんと片づけとけよな」
その通りです。
「いやしんぼ」が「くいしんぼ」に。
意地汚いからいやしんぼでも良かったのでは。
ひょっとして「卑しい坊」だから?

ドラのお客を引き止めるお電話で、
「目玉焼きになにかける?」
お客はソース派
ドラは醤油派
さすがドラだ!

そのほか、「顔が真っ赤に…」と言うママに対して、
「おしりが真っ赤です。」などと、
トーク内容が強化されてました。

月は出ているか

ゲスト:
お客さん:宇垣秀成
店主:楠見尚己

ひみつ道具:
動物変身ビスケット


「しずかちゃんさようなら」
脚本:大野木寛
絵コンテ:前田康成
演出:三宅鋼太郎
作画監督:嶋津郁雄

「どうした?ジャイアンにでも追っかけられたか?」
この口調!ゾクゾクするねぇ。
「しずかちゃんがいるからぼくは生きていられるんだ。」
ここは「あの子」がよかったなぁ。
いや1から10まで原作通りにって思想はないんですが、
やっぱりピンポイントで好きなセリフってのはあるものです。

「ろくな大人にならんぞ。先生は保証する。」
そんな保証はいりません。
確かにドラがいない未来はこんな感じなんだろうなぁってイメージ映像が。
ってか傍らにいるのはジャイ子ではないだろうか。
いやそもそも子供はノビスケ一人の未来を知ってるのでは(笑)
微妙に都合のいい妄想ですね。

赤ちゃん:まるたまり

自殺が家出に軽減されてましたが、
「まさか…」
で切っていてどちらとも取れる上手い表現になってました。

ムシスカンがリキッドに変更。
「虫が好かないわ…」と言いながらも静香はのび太が気になるのですが、
このセリフはちょっと説明的かなぁ。
リキッドになった事で「お風呂で洗い流す」シーンが追加。
やはりこの子と言えばお風呂!
流れ落ちる音は涙の音か水の音か。

子供のの顔を忘れるなんて!


ひみつ道具:
ムシスカン

ゲスト:
赤ちゃん:まるたまり


ミニシアター(糸電話)
絵コンテ 演出:やすみ哲夫
原画:古宇田文男


第十二回声優リスト

ママ
パパ
しずかのママ
先生
出木杉

お客さん:宇垣秀成
店主:楠見尚己
赤ちゃん:まるたまり


追記を閉じる▲

【2010/05/18 07:08】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
こんどこそ、
今度こそ暇になるはず…

・鎧闘神は2つ買ってしまいました。
で、その後にBBの超ラッシュを知る事になるのである。
ズサはとても嬉しいけど陳宮と高順をお願いします。

・ドラえもんカプッチョ、4枚の連番が綺麗に出ない。
何らかの意図を感じる
正直今までのに比べると絵柄も内容も面白みがないので
無理に揃えなくてもいいかなと思い始めてます。

前段↓は素晴らしく狂ってたのに。
ムカシハヨカッタ

【2010/05/17 22:24】 | おもちゃ
トラックバック(0) |
「出木杉にも苦手を作れ」

出木杉祭り再び?いえいえ。

0点を取ったのび太に、
「テストは結果が全てじゃないよ。
それより自分がどれだけ努力したかが大事なんじゃないかな。」
ここまで言えると逆にイヤミです出木杉。

出木杉が野球に誘われたとなると色めき出す女性陣。
視界にも入っていないのび太が哀れです。
前作の事件はまだ尾を引いていると見える。

家に帰るとネズミにおびえるドラが、
空気砲、地球はかいばくだん…はまずいので苦手作り機で…
って言うか地爆を投げるな(爆)

この時にあれでもなこれでもないで出した道具は、
モンスターボール、もぐら手袋、連想式推理虫眼鏡、
流れ星ゆうどうがさ、ごくうリング、ハッスルねじ巻き
かな?
誘導傘はちょっと自信ないです。
確証がないというか違う気がするというか、
ここまで出かかってるけど思い出せない。

苦手作り機でネズミをドラ苦手にします。
いや元来苦手でないとおかしいんですがー
F全集の広告でドラが渋い顔をしているのは
チンプイがいるからに他ならないと思うのですが、
チンプイが素なのは
ドラをネコと認識していないからなんだろうなぁ。
この日○終わり

ドラが苦手になったネズミは屋根を突き破って親子共々退散します。
この世界の生き物はどこかおかしい。
主に耐久力とか戦闘力とか。
親が先導としんがりを勤めるのが妙に愛らしいです。

お話自体は独立していますが、
道具は前に出た物でありますので説明を省略…かと思いきや、
「苦手を克服する事で精神を鍛えたり、
好きな食べ物を苦手にしてダイエットしたり…」と、
本来の使い方(?)を説明。
そしてこれがこの話のオチに繋がります。
うまい構成ですね。
どんな物でも「使い道は色々」なのです。
機会に良い悪いを区別する力はないのです。

そんな使い道色々の道具を放置して行くドラって…


相手側も褒める出木杉イヤミ。
いいやつ通り越してイヤミ。
悪気がないのがもう嫌らしい。
でも今回のび太がもっと嫌な奴だから問題なし!
…この間から出木杉のキャラ付けに試行錯誤しているような気がします。
彼が出ると高確率で田中さん(仮)が絡んできますので、
非常に好ましい事です。
(のび太への寄せ書きを2人で渡しに来たり、
出木杉にチョコレートあげたり…)

出木杉が捕ってチェンジ→のび太が妬む
→ジャイアンズ守備のノーアウト満塁
ってなっててちょっと繋ぎが解りづらいですね。

そんなピンチでも出木杉は「打たせて取ろう」と前向き。
外野はのび太だけどな。
春夫はキャッチャーらしいです。安雄の姿も見て取れますね。

ここで解るのは相手はチラノルズなんですね。
ボールが怖くなった出木杉、その目に映ったものは…男球!
さすがは出木杉と言うべきか、
怖がっても能力は落ちていないと評価すべきか、
「(ボールが)怖い…」「あっち行け」でトリプルプレー

打席に立つと目をつぶってしまいますが、
ジャイアンは「必殺暗闇打法だ!」と勝手に解釈。
それに気負った寺野は力んでファーボール。
何事も普段の実績がモノを言うのです。
のび太がホームランを取った時ものび太をナメたのが敗因だったのです。
のび太の答案をチェックしてないのに気付きましたがちょっと遅かった

勝利を祝ってジュースで乾杯。
その他大勢と田中さん(仮)が離脱したのが悲しいですね。
きっと美容院です。
すかさずジュースを苦手にしますが、
怖がってよけたジュースがのび太に激突。
犬をけしかけようとするも太と書いてしまい撃沈。

ここまで哀れだと同情もしかねない所ですが、
無謀にも明日のテストで出木杉よりいい点を取るなどと言い出します。
「テストは点を競うものじゃないよ」
→「そうよのび太さん、やめた方がいいわ」
これが今回静香がかけたのび太への唯一の言葉…
のび太へと言うより出木杉に言ってるよなぁこれ。

しかしその勝つ方法が出木杉を0点にして、
自分は1問でも解けば良いって発想が姑息。
むしろ1問でも解こうと言う意識を褒めるべきだろうか。のび太だし。

「ううう…こ…怖い。なんて四角いんだ」
さすがに怖がり方も論理的です(?)
セリフ中で出木杉英才と書いてヒデトシと読んでいますが、
これは税金鳥に続いて少なくとも2度目。
原作中で正確なルビが無い以上微妙な所ではありますが、
結構設定を固めていってますね。
(生前は「えいさい」だったはず。確かにおかしい気はしますが、
原作者からクレームが出なかった以上は…)

のび太は自信満々で5点。
出木杉は全く自信がなかったけれど100点。
彼は苦手に立ち向かい、克服したのです。

でものび太も何度も間違えた結果、
太と犬の違いを身にしみて解ったのです。
今日はそれでいいじゃないか。


追記を閉じる▲

【2010/05/16 07:50】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
「ドラえもんDONDONサマースペシャル」との括りで3本放送されました。
OPの…ナニコレ(笑)
お話はDVDでも観られますが当然これは未収録。

「一生に一度は百点を…」
「のろいのカメラ」
「天井裏の宇宙戦争」
本家の放送にぶつけたんだっけこれ(笑)

「一生に一度は百点を…」
脚本:早川正
絵コンテ:塚田庄英
演出:
作画監督:富永貞義

えっちゃん前髪切った?
と思ったら2人いるし!
安雄も髪型が…
のび太の夢でありますので
彼の頭ではこのくらいの認識しかないのでしょう。
配置が光の速さで換わるのも夢だからだな。
しゃべった順番は答案のシーンが安雄→田中さん(仮)
次のシーンでえっちゃん(3人目)→地味子さん(服が紫)→もう一人

男子:福園美里
女子A:まるたまり
女子B:倉田雅世
女子C:桃森すもも
女子D:瀬那歩美

担当はこの順かな?
宿題が終わらないのび太をタンバリン叩きながらドラがはやし立て。
のび太でなくともこれはうっとおしい…

しずかのパパ:田原アルノ
結婚前夜なども見越した配役?
静香の家の間取りが垣間見えます。
ドラは座っている所は先ほどの書斎に通じる模様。
スネ夫は鍵盤ハーモニカ、のび太はリコーダー
ジャイアンは…残念ながらトライアングルでした。

「ばかにつけるくすり」
「欲しいものはどんな手を使っても手に入れるのが俺様のやり方だ」
のカットは残念。

ドラの冷たい目が心に引っかかったのび太は
コンピューターペンシルを使えませんでした。
0点かもしれなかった結果は35点。
一方ジャイアンは100点だったのですが…

謎の父ちゃんカット。
これ以後も引っ張られる父ちゃんカット。
どういう事なんでしょう?

えー

ゲスト:
ジャイアンのママ
しずかのパパ:田原アルノ
先生
男子:福園美里
女子A:まるたまり
女子B:倉田雅世
女子C:桃森すもも
女子D:瀬那歩美

ひみつ道具:
コンピューターペンシル


「のろいのカメラ」
脚本:大野木寛
絵コンテ:玉野陽美
演出:塚田庄英
作画監督:富永貞義

意地悪された対象がジャイアンとスネ夫に。
ドラの発言は「メッタメタにしてやる」とややマイルド。
呪いのカメラのカミナリ表現ですが、
これは写した人への何らかのペナルティを想定していたのでしょうか。

そんなこんなで生まれた人形を、
のび太は「この間の誕生日に何もあげなかったから」
と静香に貢ぎます。
放送日から5月が割り出され、
ちゃんと設定に準じているのが伺えますね。
(この「通例5月」がちゃんとしていると言えるかはまた別の話)

「かわいくないなぁ」は闇に葬られ、
ガン子の「これちょうだい」を受けて「えっ?」と返しております。
でも「壊すかもしれない乱暴な子」にあげちゃうのは変わりません。

事実を知ったドラは「ドシー!」
のび太のぬいぐるみを作って効果を実演販売。
口で説明しろよ。
一度も使ったことの無い口にだすのも恐ろしい
悪魔の発明じゃなかったのかよ(笑)

性格の改変はジャイ子にも進み
「小さな子の相手も大変だわ」と彼女がおねえたんに。
これに関してはこれからを考えると止むなし。
ジャイ子には甘い。何故だ!

ガンコ:吉田小百合

ジャイ子が親切にも洗濯したおかげでドラはより一層ひどい目に。
ついに頭にきたドラのびは、
ジャイスネを撮影して原作通りの復讐を果たしますが、
机に無造作に置かれた彼らの人形を猫の爪が…
「人を呪わば穴二つ」で締め。
そう言えばこの呪い人形、
最終処分はどうするんでしょう?

ジャイスネが笑われている時のセリフは
御婦人 男 幼女 男の順。
今回出た方だと思われますがキャストは不明です。

なぜこれを大長編で(略)

ゲスト:
ジャイ子
ガンコ:吉田小百合

ひみつ道具:
のろいのカメラ
タケコプター

「天井裏の宇宙戦争」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:安藤敏彦
演出:鈴木卓夫
作画監督:金子志津枝

持っているゲームを飽きたと言い、
「スペースウォーズゲームセット」を出してもらったのび太。
確かに今回は本物の宇宙船が紛れ込んだのですが、
それにしてもバットで叩き壊す行動は疑問を感じます。
本棚には「妖怪社」「怪物(くん?)」
R3-D3は「ロボット」としかキャスティングされていません。
もっとアレな名前の人がいるでしょうにー
アーレ姫の「あーれー」に気が抜けます。

アーレ・オッカナ姫:久川 綾
アカンベーダー:楠見尚己
ロボット:高戸靖広

「たばこ屋の角を右に曲がって三軒目」って誘導もさることながら、
「姫を救えるのはアナタしかいないのです今の所」って
正直なR…ロボットに萌え。

アーレ姫は勲章と結婚が大好き。
うまくやればアカンベーダーと平和的に協定結べるんじゃないか。
その後は宇宙侵略になるかもしれませんけど(オイ)
べろんべろんするアカンベーダーが妙に可愛らしいです。

アレと悪漢とアッカンベーの素晴らしいトリプルネーミング。
後世まで長く語り継がれるべき。

ごはんつぶのサイズ比はそれでいいのか


ゲスト:
ジャイアンのママ
アーレ・オッカナ姫:久川 綾
アカンベーダー:楠見尚己
ロボット:高戸靖広

ひみつ道具:
スペースウォーズゲームセット
スモールライト

第十一回声優リスト

ジャイアンのママ
しずかのパパ:田原アルノ
先生
ジャイ子

ガンコ:吉田小百合
アーレ・オッカナ姫:久川 綾
アカンベーダー:楠見尚己
ロボット:高戸靖広

兵士A:後藤史彦
兵士B:吉水孝宏
兵士C:木村雅史
男子:福園美里

女子A:まるたまり
女子B:倉田雅世
女子C:桃森すもも
女子D:瀬那歩美


追記を閉じる▲

【2010/05/15 07:46】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
モブ天国だったのでめずらしく高速。
と言うか予告で何故いない!と憤慨した子が思いがけず出てきたので。
いや後半は書けていないんですが(オイ)

「ジャイアンに苦手を作れ」

なにやらあやしげな箱の中に
面白い物が入っているから特別に見せてやると言うジャイアン。
箱を開けると中から毛虫が飛び出してきました。
のび太は情けなく気絶…
私も毛虫は駄目なのでたかがとかは言えませんが。

更にカマキリクモヘビ幽霊国語算数理科社会体育宿題テストママ先生…
と苦手な物は無数にあると宣うのび太。
ドラは激怒し、「苦手に立ち向かっていくぐらいの勇気を持て」と
「ドラミ怒りのポーズ」ばりにポーズを決めながら叫びます。
が、「ネズミ」と言われただけで大あわて。
のび太はこんな時は全く良く頭が働きますねぇ。
机の引き出しに飛び込んで、尻尾をぴょこぴょこさせるドラがいとかわい。

ドラが取り出したのは「苦手つくり機」
さっそくのび太をドラ焼き嫌いにして実験。
「怒りのポーズ」もそうですが今回のドラは妙に可愛い。
逆にのび太がオーバーリアクションでデザイン崩れてます。
妙にアクション

早速「ジャイアン」を「こいぬ」嫌いにします。
ひらがななのはアレだよなぁと思ったら案の定(笑)
次はスネ夫をネコ嫌いに。
チルチル出てくるかと期待したんですが…
残念。
復讐完了かと思いきや苦手つくり機を落としてスネ夫に拾われる。
のび太だなぁ。

そこにヒロイン登場。
バザーでクレープ屋さんをするから毒味もとい味見をして欲しいと。
作った物はハムとチーズ、ツナとコーン、ピザ風味…
甘いのじゃないのか…
作ったのは静香らしい。えっちゃんは?

さてクレープが怖くなったのび太。
いくらなんでも「ウエー」はひどい。
書き起こすと妙にFチックなのが更に酷い。

恐れおののくのび太に追い打ちとばかりに
「バザー用のドレスが出来た」とネタが到着。
もちろん即苦手対象。
「出来た」って事はこの子が作ったんでしょうか凄い!
えっちゃんは?
残った仕事はバザーのテント建てでしょうか。
肉体派ですね。
仮名募集中

しかしこのドレス(?)丈は短いしヘソ出しだしなんとも…
クレープが片づけられ、水か置かれているのが
麗しいのび太への配慮でございますね。
ドレスまで怖がったのび太は女の子から糾弾されます。
仕方がないとは言えこれは確かに怖い。
って言うか左の子、背が高いだけあって(?)腕が太いです。

このシーンの直前スネ夫が「もう一丁」と言って何か書いているんですが、
またご都合主義に落としていった後のび太が見ると「しずか」「のび太」。
恐妻家ですね。
のび太さんのバカーで締められます。
相当気分を損ねたのか、
後日談となる後半ストーリーでは静香がのび太に話しかける事はありませんでした。

のび太は自分をジャイスネの苦手にして復讐しようとしますが、
「のび犬」と書いてしまい撃沈。
次いでドラに昼寝嫌いにさせられますが、
飛び上がって気絶してしまう原作オチで締め。

間のクレープ~のび犬がオリジナル展開でしたが概ね原作通り。
そしてこれからの後半は…?


追記を閉じる▲

【2010/05/14 23:06】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
5作分を2枚にってのは無茶だったのか、
元々権利関係で難しいのか、
主題歌など入ってないのがありますね。
ボクノートは仕方がないとは言え、
「キミが笑う世界」は入れて欲しかった所。

・ブックレットによると「キミが笑う世界」には2番があるとの事。
何かの機会にちゃんとした人に歌って欲しい(オイ)

・今のOPはやはり寺本さんなんですね。
ガーナCMもそうなんでしょうか。
私は渡辺信者ですが寺本さんの絵ももちろん大好きであります。

・魔界~恐竜はTVでも使われすぎて映画用とは思ってなかったのがチラホラ。
「チンカラホイ」「あたたかい目」「のび太とピー助」
なんかが特にそうですね。

・「サウンドトラックヒストリー2」
新ドラの音楽集は2つめ…なのですが、
1作目のタイトルは「ドラえもん音楽集」です。
アレ?

実は1は前シリーズのサントラ名。
「サウンドトラックヒストリー」の2
「新ドラの音楽集」の2
2つの意味があったのですね。

ドラデータを9回目まで更新。
ココロコロンは前シリーズ時絵本にもなっていました。
この明らかにこれから何か起こりそうな構図が大好き。
ロリロリ

【2010/05/12 22:51】 | 藤子
トラックバック(0) |
レコーダーの容量が!
あと40分しかない!!
あと一回ドラいけるからその後大量削除しよう…
と「感想書きながらチャプター切っていこう」の理由で
溜まってたドラを一斉視聴。

唐突に挟まれた感のある、
「僕の生まれた日」の再放送ですが、
年度末の「46年後…」と、
今週の「むかしのママはのび太!?」
を繋ぐ配置に成っていたのかな?と思ったりしました。
みちこちゃんがあの髪型であの服の色って事は
あの人意識しているんだろうなぁ。

新開拓史、
のび太が「大切にするよ」と言って歌が流れ始めた所でぶつ切り。
中々例のない酷さですね。
キャスト・スタッフ表記されたOPはある意味レアではありますが。

・三国伝
華雄さんあれで死んだの?
キットでないの?
「うるさいよオマエ」はないの?
キット出ないの?

その前のケロロ、終わりの5分ほど観たのですが、
何処かで聞いた声かと思ったらケロロママが千々松さんかー
声優ネタはあったんだろうか。

【2010/05/11 17:13】 | サブカル類
トラックバック(0) |
最近消えつつあるレンタルVHS。
藤子関係では笑ゥせぇるすまん、ポコニャン、モジャ公にSF短編が当たりますね。
後ろ3つはともかく(オイ)、せえるすまんは世間的な知名度も高いのに埋もれていくのは残念。
いや別に嫌いじゃないですよ後ろ3つ。
モジャ公は別物としてかなり好き。

と言う事でビーストウォーズ2のお話。
おもちゃはバカみたいに売れた割にアニメの評価は今ひとつ。
あ、捨て値で叩き売られているのはバカみたいに売れて在庫過多だからなのです。
なのにDVDは出ず、話題になるのはせいぜい主題歌…

確かにCGビーストを楽しく思った人には異端でしょうが、
そもそもCGビーストを異端に感じて観なかった私は大歓迎ー
のはずだったんですが放送当初はチラ見。
チラ見でもスタースクリーム(カマっぽい)には惚れました。
爆発したのはBSでの再放送。
(CG版もあとでちゃんと観ました)

作画が微妙、声優さんがあまり有名どころでない、
流れとバトルがゆっくり…と問題は多々ありましたが、
40体以上いるキャラ付けがすごいし、
シナリオの流れが破綻していないのも良い。

今回改めて観て感じたのは、
パロネタの類が全くないのですね。
他作品はもとより、TFネタもない。
セカンドという癖にCG版にも絡まない。
(「考えがある」までは追求しません。)
純粋に単体の作品として出来上がってます。
シリーズファンが喜ぶ作品ではなかったでしょうが、
子供向けアニメのお手本みたいな作品に感じました。

声優さんはあまりうまくないイメージがありましたが、
実はそうでもなかった感じ。
作画と動きはまぁちょっとね。

とにかく続編の「ネオ」含めて、
評価が不当に低いと思うのですが私は大好き。

【2010/05/10 22:33】 | TF
トラックバック(0) |
ドラデータを8回目まで更新。
割り切って軽めでサクサク行きます予定。
「マジックおなか」はリメイク要素のある話が放送されたばかりで
微妙にタイムリーでした。

「花火のたね」のスタッフが消えちゃったので再調査後加筆します。

鎧闘神1つにするか2つにするかそろそろ決めないといけないのですが、
なんかもうもう一つ背中を押す物が足りません。
BBがまたアホみたいにラッシュかけてきたからそっちに流れてしまいそう。
予算的にはF全集が1月お休みだからなんとかなりますけどー
(でも空きの月になにか仕掛けるって言ってたなぁ。楽しみだけど不安。)

【2010/05/08 22:12】 | 更新履歴
トラックバック(0) |
KOF13、追加された新キャラも既存キャラで、
残り2人もマキシマとクーラだろうから完全新キャラはなしかぁ…
いやいやホア・ジャイ復活ってどういう事?
確かにジョーの流用で作れるけど、
餓狼1で早々に消えたキャラなんか誰が望んでいるのでしょうか。
いや私は嬉しいですが。

しかも超必にドラゴンバックブリーカー
(タカラがSFC移植の時に付け足した技)がー
誰に向けてのサービスなんでしょう。
躍り上がって喜びましたが。

ジョー、ホア、キングでムエタイチームだな。
ジョーとキングは元々使ってたし全く問題なし!

これで餓狼1キャラで復活してないのは
マイケル・マックス氏だけになりました。
アクセル・ホーク氏と無理やりコンパチでの復活を望みます。
…もっと需要がないか。

【2010/05/05 06:56】 | サブカル類
トラックバック(0) |
GWなにそれ?なスケジュールなので…
いや実際には書くかもしれませんけど、
宣言しておくと気が楽なのです。
逆に乗り切ったら暇になる…はず。

そんな中でお休みの日もございましたので、
一日中CDをPCに取り込んでました。
120枚くらいやってゲーム音楽とアニメサントラ・主題歌8割終わり。
残り20数枚にドラマCD等が70枚くらい?
あと1日休みがあれば出来そう。
こうでもしておかないと管理できないし、
聴くこともままならないし…

あと10年近く前のCDRがちょっと怖いのです。
一度ひどい目に遭ってから国産以外は使わない主義なんですが、
それでも1枚ほど困ったのがいました。
編集したCDでマスターは別に持ってたのが救いです。
それにしても今やっておいてよかった…

いくらシングルをまとめてたからって、
せくしせくしと武田鉄矢が1枚になってるのは
何やってたんだ昔の自分と言いたくなります。

HDはHDでたまに嫌な音がするので、
全てまとまったらDVDにバックアップします。
今30Gなんで最終的には8枚くらいで収まるかと。
圧縮しているとは言えカバン3つ分が円盤8枚とは…
カセットテープ→CDも衝撃でしたが、
技術の進歩は恐ろしい物ですね。

多分10年後は今録画してる大量のDVDを、
次世代のメディアに移す作業をするんだろうなぁ。

・拍手コメありがとうございます
どのシリーズでもそうなのですが、
初期は作成側も声優さんも模索中で
ちょっと物足りなさはあるんですがそこがまた面白いです。

演出についても段々と動画ならではの割り切った手段が増えてきて、
「これはまずかった」と糧にしている所が見てとれます。
事実「あからさまな原作のシーンの切り取り」は最初期だけですし。

【2010/05/02 23:04】 | たわごと
トラックバック(0) |
・○○が○年前とか思っちゃう時
△学校×年前とか、
ネットデビューX年前とか。
あの人どうしてるのかなとか、
その漫画そのころ中断して作者漫画やめちゃったとか、
あの頃読んでた漫画の最終巻を何故か買ってないとか、
そう言った事を合わせて考えてしまうと尚更。

環境大きく変わって忙しくて考えられなかったけど、
ここ数ヶ月前もしばらくしたらそんな気持ちになるんだろうなぁ。

・そんな事を思い出してしまって目が覚めて、
眠れないのでカップめんも食べようとポットの湯を入れたら水で、
カップうどんを鍋で煮ている今。

電源の入ってない電気ポットなんて…



4/24付けで前回のドラ感想書きました。
新OP良いですねー
歌が変わってない所に気概を感じます。

【2010/05/01 04:21】 | たわごと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。