生きているロボットをこよなく愛す
久々に超高速でのアニメドラ感想です。
嘘ですが。


いや、久々とアニメドラ感想は本当です。
「魔人のいない魔法のランプ」(1991/8/16(再)
ウチにある最古のビデオです。
それだけに繰り返し繰り返し観てまして、
この「夏だ一番!ドラえもん祭り」はセリフ暗唱出来るほど。

ちなみにラインナップは、
「魔人のいない魔法のランプ」
「南海の大冒険」(新)
「しあわせ保険機」
の3本、全未収録でお送りいたします。

あ、のこり2本はソフト化されてますのでそっちを参照してくだちい、
テレビ文庫(VHSオンリー)だけど。

あらすじ

宿題の多さに値を上げるのび太。
ドラに手伝ってもらおうとするが、
ドラはゲームブック「アラジンと魔法のランプ」
を読んでいて忙しいとそっけない。
アラジンのランプがあればいいのになと言うのび太に…

原作に忠実ですね。
と言うか初のアニメ化なのでアレンジする必要がないというか(謎)

ランプの魔人も原作忠実ですが、
使用手順に「アブラカタブラ」が必要となっています。
吸い込む時は「アブラカタブラ(名前)」
出す時は「アブラカタブラ魔人よ出てまいれ」
となります。
吸い込まれる相手の意志は関係ないのも原作通り。

ドラはまずのび太を魔人にし、
宿題をやらせます。
結果的に宿題を終わらせてしまったのび太は、
ランプを静香に見せようとするのですが、
そこに立ちふさがるラスボス「ママ」
ラスボスのくせにお使いイベントをこなさせようとします。

のび太を魔人にした時は「野比のび太」とフルネームだったのですが、
今回は「ママ」で通りました。
相変わらず未来の道具はいい加減もといファジーです。

これでイベントクリアかと思いきや、
次には先生が現れました。
成績の事でママに進言したいとの事。
言うまでもなく魔人化し、
「真っ直ぐうちに帰りなさい」と命令。
名前は「先生」で通りました。もうなんでもありですね。

さて原作通りゴールドマンスネ夫のご登場。
「新しいマンガ10冊も買ったんだぞ。10冊だぞ!」
「見せて欲しいか?」
とよせば良いのに無駄な自慢をやらかします。
返事はもちろん、
「べー!だぞ」

どうしてこうなったかは文字数の都合で省く

「ご主人様何なりとご用件をお言いつけ下さい」
とスネ夫らしくとても従順。
のび太に「コラ!遅いぞ!」と怒られれば、
「申し訳ございませんご主人様」と即土下座。
ある意味潔くもあります。

マンガを渡すと魔法は解けるのですが、
何故かスネちゃまだけ記憶あり。
やり慣れているから耐性があるのでしょうか。

道具なりマンガなりを持っていれば現れるのがジャイアン。
「のび太、素通りか?」
「何を持ってるんだ。見せろよ」

一昔の感覚ではとんでもなかった

映画ではいい人なんて言われます。
って事は普段は酷い人なのです。
忘れてはいけません。
星がにじんだ屈辱の日々なのです

石につまずいてこけたのび太は素早くジャイアンをゲットだぜ。
あとは静香宅にて楽しい奴隷の日々なのです。

「なんだか悪いわ。」
「いいのいいの、ご主人様のお役に立てて喜んでるんだから。」
「そうかしら(笑)」
と見事に素晴らしくクズしかいないアニメです。


「学校の教科書が全部漫画だったら出木杉なんかには負けないさ」
などとうそぶきながらのび太は読破完了、

スネ夫が買った漫画は、
オバQ、パーマン(コロコロ)、
ドラっぽいのも見えますね。
女の子はセーラと書いてありました。

漫画を読み、用事も済んだので
ジャイアンは用済みとなり解放されました。
ここでドラが一人そろそろいつものパターンだとメタ発言。
うん、みんな解ってる。

記憶の残ってたスネ夫に吹き込まれたのか激怒のジャイアンとスネ夫。
逃走するのび太は、
ポケットからアメを取り出し、
「えいっ、これでどうだ!」
とまきびし攻撃。

「おっ、アメだ!」と飛び突くものの、
顔を見合わせ、
「そんな事をしている場合じゃない!」
「のび太待てー」

「じゃぁこれではどうだ」
「おっ、ガムだ!」
「そんな事をしている場合じゃない!」
「のび太待てー」

「じゃ、おまけだ!」
「おっ、画鋲だ!」
「いてえーっ」
「そんな事をしている場合じゃない!」
「のび太待てー」

「そうこうしているうちに見失ってしまった」

DVD化を切に願う


この一連のテンポが面白すぎて何回観た事か。
今回も4回は観てます。最高!
テンポとか天丼を逆手に取ってるのも面白いのですが、
「見失ってしまった」までジャイスネが二人で同時にしゃべってます。
この息は流石だなぁと。

しかしのび太は逃げ切ったわけではなく、
土管の中に隠れているだけ、
2人は空き地に到着して探し回っております。
苦肉の策でのび太は自分を魔人に…
ランプの落ちる音で土管に気付いたジャイスネは、
双方から一気に責め立てますが結果は…

さて一見無事に逃げおおせたのび太。
そこに解っていながら今更到着したドラ。
「誰かが気が付かないと戻れないのに」などど良いながらのび太を呼び出し、
もういいよと言いますが、
のび太は用事を済ませないと戻れないと…

ドラ(やはりクズだった)はのび太の背に乗り「こりゃいいや」
どこまで行けば良いのかと言うのび太に、
「そうだな、町内をあと10週はしてもらおうか」
勘弁してくださいとのび太がひるがえり、
ドラが落下してめでたしめでたし。

とまぁ原作に忠実ながらオチ(後日談?)を加えたシナリオ。
文章では伝わりにくいですがテンポがとても良く、
「解ってて止めない」ドラの存在など、
登場人物全てに好印象を持てないのが帰って愛おしい作品です。
(なんだそれ)
いやみんな等しく痛い目にあっているではありませんか。
ドラの落下先は源宅だから。絶対。

映像ソフト化されておらず、
再放送もこれ以後無かった記憶があります。
埋もれさせるには惜しい出来なのですが、
タイムマシンBOXの続報はいつくるのでしょう。

ついでにCMを。
チーズキャッチは恐竜パロで、
シリアルは鬼岩城と大魔境。
CMでフルアニメって良い時代だったのですね。
で、開拓史は?



追記を閉じる▲

【2011/10/31 11:04】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
やっぱり嘘です。
「誰でもまじんランプ」(2000/5/12)
「魔人のいない魔法のランプ」のリメイク(?)版。
いやアレンジ(?)もといネタ元。

導入もかなり違い、
学校でも家でも命令されている「世界一不幸な少年」のび太が、
何とかして欲しいとドラに泣きつきます。
「命令する道具は…」と渋るドラに、
「命令したいんじゃないんだよ。命令される辛さををわかって欲しいんだ。」
→「わかった」

解るな!
長いつきあいなんだから学習して欲しいですねこのタヌキ。
昔はいつものパターンなんて言ってたのにボケたか。
中古ロボットだから仕方がないね。

とにかく取り出した道具は「誰でもまじんランプ」
名前を呼んで返事をすると魔人にすることが出来るとの事。
西遊記のひょうたんに近いものになってますね。

またこりもせずいつものパターンでママがお使いを申しつけます。
「ママ」で有効となり「あらびあーん」と吸い込まれ。
このセリフはママのみでした。アドリブ?

最強道具を手に入れたのび太は、
「史上最強の幸せ少年だ!」
と命令される辛さは何処に行ったのやら、
謎衣装で大歓喜。

道で会った静香になにげなーく呼びかけ、
魔人になってしまいました。
「早く戻さないと!」と焦って脳がいかれたのか、
「バイオリンを聴かせてくれ」と血迷った命令を。
流石に失態に気が付いたのかすぐ終わらせたので事なきを得ました。

次は順当にスネ夫であります。
「ジャイアンから漫画を取ってこい」と人でなしな命令。
スネ夫はやはり耐性があるのか魔人のくせに嫌がりますが、
命令は絶対だとけしかけます。
辛さが解ったようだからいいじゃん、ねぇ。

言うまでもなくぶん殴られるスネ夫。
しかし命令は絶対なので食い下がります。

「その漫画を取り返さないと…」
「ぼくは…ぼくは…」
「どうなるんだろう?」
3段目でためらった!
駄目ですよそこは勢いでいかないと!

「帰ってきたドラえもん」は当然作成済み

こんな時の正解は一つ。
「(元に)戻れないんだ!」
テストに出ますので覚えておきましょう。

主人公補正のないスネ夫は哀れ末期演出で消し炭に。
しかし幽霊のようになりながらもスネ夫は戻ってきた!
下げた手のように見えるのが(元)マンガであります。
これで安心して眠れるだろ、スネ夫。

当然ながらこんなのじゃ読めないやと嘆くのび太に、
安心の末期演出で怒り狂ったジャイアンが襲いかかってきました。

説明の必要もありませんが魔人化。
冒頭でジャンケンに負けた悔しさを発散させるために
ジャンケンを申しつけますが、
何度やっても勝てません。
仕方がないので強引にグーにして勝利。いいのか。

それから命令される辛さを教えるためにジャイ魔人をこき使うのび太。
オチは解っているでしょうに学習しません。

「ジャイ魔人GO!」のかけ声で
少女(CV倉田雅世)の愛犬チロを捕まえたり、
幼女の風船を取ってあげたり、
サッカー少年(CV水田わさび)のボールを取りに川に飛び込んだりと大活躍。
しかし礼を言われるのはのび太ばかりとなんとも理不尽。助けてゲイラさん!
余談ですが老人(CV長島雄一)はセリフ一言です。とんでもない。

自己(?)パロは今回見直して気が付きました

おまけに草むしりとお風呂掃除をこなした所で、
また魔人化させようとするのび太。
そこに救世主が登場します。
消し炭にされたのに蘇ったスネ夫は、
「返事をしちゃ駄目だ!」と言い残し倒れます。
駆け寄るジャイアン、焦るのび太、
みんな大好き末期演出でいかれ狂ったジャイアン!

のび太は何とか返事をさせようと、
顔と声を替えて呼びかけますが、
怒りに我を忘れたジャイアンは耳を貸しません。
おまけに何故かジャイ子顔で大激怒!

ここ声真似なら最高に面白かったのですが、
顔だけで存分に笑えるので良し!
って言うかどうなってるんだこれ(今更)

その頃忘れ去られたスネ夫をドラが発見。
ここで「かったよ、ぼく」です。
悪のりが過ぎるぞ今回の演出!
素晴らしい映画を作った渡辺監督に謝れ!
→演出:渡辺歩
うん解ってた。

当時は(主に良い意味で)ハイハイ渡辺くらいにしか思ってなかったし。やっぱり渡辺だなぁ

後はまぁ今更お約束でのび太はランプの中へ。
拾ったのは何故か先生で、
「宿題をやりなさい」と命令。
今更宿題ネタの処理です。
こんだけ無茶苦茶やってるんだからもはやどうでもいいぞ。

ランプを持っている先生を発見したドラの会話がまた無茶苦茶で、
「野比くんならここから出てきて…
宿題やれと言ったら向こうへ飛んで行きおった。」
この人も大概感覚が麻痺してますよね。

なにはともあれ宿題をするのび太にママ大感激。
特大コロッケを作ってくれるそうナリ。
命令の辛さは何処に行ったのか不明ですが、
面白かったので良し!
(演出除いたらシナリオは実は無難なドラでは…ってのは禁句。
良い悪いは言及しませんが、当時ネット環境無かったら
どんな感想を持ったのだろうと思う時はあります。)

こちらはソフト化していますが、
テレビ文庫なのでやっぱりVHSのみです。
ってか10年前より20年前の方が写りが良かったのか。ウチのテレビ。

次回は作監渡辺の幼女(マリちゃん)が出ます。
楽しみに待っててね。
(続きません)


追記を閉じる▲

【2011/10/30 11:04】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
名前は勘違いですウヒラウヒラ。
こっそり修正しました。
ありがとうございます。

それだけではアレなので問題のシーンを並べてみます。
迷走しているのは自分(オイ)
通り過ぎた後で
最近出番が少なくて悲しいです
もう一回通りすぎる。

モブにもしっかりキャラデザインがあるが故のミスというのが一つ。
そしてモブキャラの行動範囲まで
しっかり設定されているが故のミスというのが一つ。

だって「近藤さん(仮)がジャイスネの後ろを通りがかる」って
設定・指定がないとありえない事ですよこれ。
突き詰めていけば彼女の目的地がこの先にあるのです。
彼女は彼女の物語の中で生きているのです。
おそろしくしっかり作られているんだなぁと。

まぁ私の中では方向音痴な子になったんですけどね(オイ)


今度間違えないように調査結果まとめ

・少女A 名前不明
「近藤○キ」の可能性がある。
Aならアキかな?でもDが悦子だし関係なさげ。

・犬を飼っている。なお犬込みで原作にもいる。

・クラス委員である
チョコあげたりかばったり出木杉との絡み多し(妄想材料)

・背は低め
時々やたらロリっちくなってますがあっちが設定通りっぽい。
むしろメインの頭身が変わってるのに取り残されてるとも。

・方向音痴である(こじつけ)

・本多知恵子さんが声を当てた事がある
スタッフの方々も一度やってみたかったのだろうと思いますが、
みよちゃん関係ないです。

だんだんキャラが見えてきた感じです。
これからも調査研究を続けていきます。



実はモブの中でいちばん性格がはっきりしてるのは
なにかにつけ出てくる画像。きれいな完全版作りたい所ですが…
下中央のカチューシャの子。
気が強めで一言で言えば姉御ですね。
リーダーやってるし背高いし腕太いし(関係ない)
いやいやメイド服着てのあの仁王立ちは忘れる事は出来ません。
腕太かったし。


男集はヤスハルが強すぎてどうしてもかすんでしまいますね。
この間ついにサブローが正式参戦しちゃいましたし、
何よりメインの男比率が圧倒的なので目立つ必要がないのです。


追記を閉じる▲

【2011/10/24 23:53】 | 藤子
トラックバック(0) |
レコーダー(2号)が本式に駄目なようで、
録画をしてくれなくなりました。
鉄人も出るしそろそろブルーレイかなと言う気分。
で、これが順調に値下がりしてまして、
3万5千円になったら買おうと企んでいたのですが、
完全にタイミングを逃してしまったようで…
新製品が出る頃なのでもうちょっと様子見。

とりあえず録画自体は3号でもテレビでも出来ますし。

と、2号は使えないものとして、
接続や設定いじってたらキャプチャ環境が復活しました。

最近出番が少なくて悲しいです
比率はレコーダーの表示設定をいじれば治るはずですが、
毎回調整をしないといけないのがめんどい所。

時限バカ弾の冒頭(CM明け)なのですが、
近藤さん(仮)が俯瞰で一度通り過ぎた後、
アングル替えてもう一度同じ方向に通り過ぎる問題のシーン。
これにより属性「方向音痴」が付加されました。
キャラ付けおめでとう!


ビーストウォーズIIDVD届きました。
嬉しいです。
玩具はオートシリーズ以外全部持ってるくらい大好き。
実の所100円レベルの投げ売りゲフンゲフン。

特典映像は『GET MY FUTURE』と『夢のいる場所』のノンテロップ。
あれ?「アニメは駄目だけど主題歌は許す」
で有名な『SUPER VOYAGER』は?
なんでここに来て不完全な…
正直もうチャンスはないですよこの作品。
トランスフォーマーベストセレクションなんかが出て
何故か収録されたりする可能性も…薄いでしょうね。

ブックレットはインタビューなんか載ってて、
枚数は薄いながらも満足の出来。
しかしセカンドはギャグだったのか…
ウォーズとかタイトルに付いててドンパチやってるのにギャグなのか。
いやまぁ初代からソレだから何一つ間違ってはないのですが。
そんな所が好きなのですから。

続編のネオまで含めて戦死者1名のウォーズです。
ガル兄ちゃんは生きてたと信ずる。
ネオのラストにいたし。

初代と2010の廉価版DVD出るみたいなのですが、
MF以後のとかマイクロン3部作も廉価出してくれないかなぁ。
ヨーロッパ版などで持ってはいるのですが、
リージョン違うから観るのが面倒くさいのです。

あ、すぐじゃなくて良いです。
Fラッシュが落ち着いた頃で。
来年度で。

でも来年度はSDが仕掛けてくるんでしたっけ…
もうなるようになればいいです。




外国行かなくて済んだ。助かった。


追記を閉じる▲

【2011/10/24 01:25】 | たわごと
トラックバック(0) |
10日ほど放置状態ですが、
ちょっとしばらくどうにもならないのでさらに1週間くらいお休みします。

と宣言しようとした矢先に、
BBガンダムAGEが瞳入りとか、
(一応録画しておいて良かった…)
ガンレックスもアルティミットボックスも今月発送とか、

TFユナイテッドシリーズが再開とか
(世界的に品薄だったチャージャーが手軽に手に入るなんて…)
そろそろBWセカンドのDVDも発売です。
アマゾンがかたくなにコンビニ受け取りを拒否してくるのがやや困りますがー
あれが便利で使っている所もあるのに。

嬉しい事と財布が軽くなる事が重なって、
まさに嬉しい悲鳴。

藤子ネタとしては、
プレミア価格で買ったVCDツチノコの再販にやや複雑な気分。
今頃再販しても売れ残る気がしないでもない…
って言うかミュージアム限定グッズが羨ましすぎてそれどころじゃない。
気軽に行く事が出来ないので、
行って売り切れてたら泣きます。
行く前に販売終了したらもっと泣きます。

コメントありがとうございます。
21エモンボックスは
映像ソフト化されていなかったものが
完全な形で観られるのは素晴らしい事なのですが、
もう一歩頑張って欲しかったと…

次あるとすればモジャ公かもと睨んでいるのですが、
最近の露出を考えるとジャン黒も案外ありえるかもしれませんね。
怪物くんが出た事から白黒の発掘もあるかも…
と考えると夢が広がりますが予算がー


追記を閉じる▲

【2011/10/14 07:41】 | たわごと
トラックバック(0) |
フィギュアーツのび太開封。
1月遅れてるのでレビュー的な事は省略して、
色々持たせて遊んでみます。

パーマンになかった持ち手が豊富なので、
遊びの幅が広がりますね。
少なくとも指差し(コピー鼻押し)は欲しかったです。パーマン。

のび太は泣き顔が欲しかったなぁとだんだん贅沢になってきます。
これからの服色違いやリニューアル版に期待ですね。

これでスネ夫を粉みじんに…
複数買ったのでなんのためらいもなく
銃のコルク部分を切り飛ばして開口。
実銃若しくは発射後ということで。

リボルテックメガトロンガンは
ちょっとサイズが小さくて持たせづらいです。
ストックがちょっと邪魔かな。

頭にエフェクト乗らなかった。丸くて。
「ドラえもん危険が危ない!ネズミが!!」
※コルクではありませんので、
生き物に向けて撃ってはいけません。
コルクでも撃っては駄目です。

次元買いそびれたのが悔やまれる
これは…おっそろしい相手だぞ 風

左目が隠れる角度を探していたら微妙な立ち位置に。
こうなると真剣な表情も欲しいですね。
なによりベルトとホルスターが欲しい(際限なく贅沢に…)

実力の2の次
「パーマン先輩!野球で勝負だ!」
「よしこい!」

双方とも実力で戦う気ゼロ。
ドラがグローブ、バットを持てないため、
せっかくの野球セットの使い道が限られます。
手首の色がパーマンとは若干微妙に色合いが異なりますが、
気にするほどではありません。

他に良いのがなかったのです。
食べ物が手元に大したものがなくて残念。
しかもオーバースケールで2度学狩。
ケーキなんかもどこかにあったはずなのですがー

破邪顕正剣
オーバースケールと言えば、
適度な大きさの刀が見当たらなくてこれがまたもどかしい。
子供の身長からすれば丁度良いとも言えますが。
持ち手を上手く使いこなせば、
刀も鞘もしっかり持てます。

良いサイズのはないでしょうか
両手持ち(っぽい)のも可能。
それにしてもこれは長すぎますね。


追記を閉じる▲

【2011/10/03 23:30】 | おもちゃ
トラックバック(0) |
まとめて注文していたのびドラが、
やっと届きました。
他にも色々色々買いました
誘惑に負けてうっかり店頭で買ってしまいそうになりましたが
歯を食いしばってぐっと耐えました。
これから開封しますー


F全集ついに3期!
Qはいきなり「バケラくじ」が読めるとは…
真似しました。あれ。
大騒動のオチを見ておきながら真似しました。
それだけの魅力があるのです。あれには。

ワンダフル、瞳がないのが怖いと思っていたのですが、
元ネタはロボット犬だったのか…
今回読むまで全く気付きませんでした。
あのアニメはあっちこっちからネタを拾ってくるから怖い。

あ、そろそろアニメドラの予約戻さないといけませんね。

【2011/10/02 23:24】 | おもちゃ
トラックバック(0) |
なかなか品薄で見つからなかった、
藤子・F・不二雄キャラクターズ8DVD買って来ました。

…ほとんどがDVD化されていますが、
ポコニャンとモジャ公の為に!
あと特典が気になって。

で。
OPあり、EDなし。
OPは一部(キテレツ、ポコニャン)を除きノンテロップ。

キテレツ・ポコニャンを除きノンテロップなので、
ドラとモジャ公のノンテロップOPゲットだぜ!
パーマンはロングバージョンでした。

まさかキテレツ・ポコニャンを除きノンテロップとはね…

ちょっと待て。
なんでDVDボックスにすら入ってない21エモンが
しれっとノンテロップなのですか。
OP削られないだけ良かったとか、
必死に心にもないフォローしたのになんだこれ。

好意的に考えればBOXの時に出来なかった事をしてくれたのですが、
逆になんで出来なかったのかと。
若しくは今回出来ない事をうっかりやっちゃったのか。
(「風のマジカル」が流れる「さらばキー坊」が普通にDVDになってるとか
あれはいいのでしょうか。ならなんで魔界は駄目なのかと。)

なにはともあれ、
これらの事で買う価値は十二分にあるDVDでした。
ただ、3時間の片面一層なので画質はそれなり。
これからも続くのならばDVD化されてるのは低くていいから、
OPとポコニャン・モジャ公を高品質で頼みます(オイ)
いやむしろポコニャンの全話DVDを!

あ、特典はDVDのCMでした。

【2011/10/01 12:20】 | 藤子
トラックバック(0) |