生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新発売ラッシュのTF。
グリムロックは予算的にも半ば諦めていたのですが、
なんとミニボットチームが2つとも手に入りませんでした。
本当に発売していたのか?って位にどれもこれも売れていまして、
事前のネット情報ではなんだか不満点が多かったので油断してました。
騙された。
グリムロックも買わないんじゃなかったのかよ。
騙された。

一つ千円
と言う事でこれも4店回って最後の一個だったカセット大作戦1。
その中で最安の所で買えたのが助かりました。
なにせ1体千円。
ジャガーとバズソーは以前コレクション枠で復刻済み。
残り2体は同型色違い…

まぁ意義はその同型のイジェクトとリワインドにあります。
パチっぽい
以前も復刻しかけたのですが、
何を間違えたのか色違いの新規キャラ(しかも女の子)として発売し、
元の物は発売されませんでした。
3年経って今回やっと復刻です。

また、ジャガーとバズソーも以前の復刻の物とは微妙にしようが違います。
割とどうでもいいですが…
以前のはサウンドブラスター付属だったので、
シールがヘッドマスター仕様になってました。
かなりどうでもいいですが(笑)

どうにも凄い組み合わせ
変形!シリーズのホットロッドとダイノボット。
ダイノボットはまだ4,5個ありましたが、
ホットロッドはまた最後の一個。
初代じゃないからかわないんじゃなかったのかよ(もういい)

ダー
ダイノボットロボットモード。
ツメやトゲが殆ど軟質パーツなのは好きではありませんが、
エンブレム回転や、足回りなど純粋に変形が楽しいです。
拳に意味もなくツメが付いていて、
旧玩具のように出来るようになってるのも高ポイント。
足はこれ以上曲がらないのが困りものですが、
楽しいから良し!

銃は日本だけ
ホットロッドは誰にでも出来る簡単な作りだったのが、
やたら複雑な変形に。
こちらも変形玩具としては大変に楽しいのですが、
動かそうと重うと背中のガワが干渉してしまうので少し変形方法を変えています。
元が全然動かなかっただけに、
良く動くホットロッドとしては最高。
この色ならばバンブルとかぶり、
赤色だったらロディマスと被るんですが、
独特な胸パーツのおかげで目立ってます。

バックパックっぽく
背中のガワはこのように右側を反転させ、
両方共に斜めで組ませています。
これなら稼働に支障がなく、ジョルトも背中に駐めておく事が出来ます。

そう言えばミッキーも見かけもしませんでした。
映画効果もそろそろ下火だと思っていたのに…(オイ)
関連記事

【2009/03/26 06:26】 | TF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。