生きているロボットをこよなく愛す
「さようならドラえもん」2/2
いわゆる「帰ってきたドラえもん」パート
どうも2つをくっつけてタイトルも一つにまとめるきらいがありますが、
個人的には別にして欲しいんですよね。
理由は後述。

桜が咲いております。
カレンダーを見るに3月。
もしかしたら…と机に足を踏み入れるのび太。
ああやったやった(笑)
これをやらないドラファンがいるものか!
ソージーが未収録だったのはショック

もちろん小5がやると踏み抜けます。
壊れてしまうとドラえもんが帰ってこられない…
そこにママのソージー・アタックが炸裂!
のび太は毎日押し入れを覗いたり、
引き出しを踏み抜いていたりするそうです。
これもやった(略)

ママに諭され表に出て、
空に上っていく7つの風船を見ながら決心するのび太。
ドラズ?(ピンクはニコフで(オイ)
左下はヒロイン入れる予定でしたが取り忘れた(オイ)

河原に行くとみんなが集まっていた。
いいなぁと思うと同時に、
まさか4月バカがなくなるのか?とも思いましたが、
残酷にも翌日は4月1日。

スネ夫がツチノコを見つけたから、
捕まえるのを手伝って欲しいと言う。
ツチノコと言えばクッキーボールチョコではシークレット
(外から中身が解る食玩の癖にシークレット枠があり、
それは当然外から解るが中身はランダム5種類ある外道商品)
VCDではお決まりの限定発売で、
2色発売した癖に(が故に?)1時期は1体10000円を超え、
その後2色発売されてやっと落ち着いた、
まさに幻であります。
トレカでもあったかな…
そっちはライオン仮面がレア扱いだったんですが(笑)
まぼろしのヘビ

それは置いといて、
スネ夫に促されるまま土管をつつき回すとそこには犬が、
追い回されてズタボロになったのび太にジャイアンが歩み寄り、
そこでドラえもんにあったと告げる。
ジャイアンを跳ね飛ばし、
「夢をかなえてドラえもん」をBGMに駆けだしていくのび太。
これは演出が残酷すぎます…

さてここで、
タイトルを分けて欲しいと言いました理由。
「さようならドラえもん」
では未来からやってきたドラえもんが未来に帰っていきます。
来たんだから帰って行くのは当たり前です。
では「帰ってきたドラえもん」
は帰ったはずのドラえもんがどこからどこに帰ってきたのでしょうか。

このシーンではのび太は「ドラえもんが帰ってきた」
と言っていますが、
ママは「来るわけがない」と言っています。
どういう事でしょうか。
:続く

さて、ドラえもんが姿を見せない事を、
「あんなに涙流して別れたんだから照れくさいんだよ」
と解釈するのび太。
ハートマークをバックにのの字書いたり、
頬を染めるドラが可愛すぎる!
タタミのケバをむしったり

ドラ焼きををたくさん買って驚かせてやろうとするのび太。
そののび太に投げかけられたのは華麗なウソと言う、
純真であるが故に残酷なウソだった。
「嘘をついても良い」は難でもいって良いって訳じゃないんですね。
それが解っている上でのお遊びなら良いんですけど…

ここからが今作の問題シーン。
手足バタバタは良いんですが、
このシーンでこの足は止めて欲しかった。
殴りかかる時は普通だからまだ良いんですけどねぇ。
やっぱりちょっと冷めます。
*字幕の「うわーーん!!」は前のが残っているだけでして、
セリフは「うわあああ!!」です。
子供だましほど難しいものはない

一人悲しみに暮れるのび太に降ってくる謎道具。
原作でも最初からウソ800が入っていたのか、
それとも必要なものが転送される道具なのか謎でしたが、
今回は布団が詰め込まれ、
毎日覗いていた押し入れから降って来ました。
ドラえもんが渡すシーンが無かったので、
道具から説明を受ける形になっていました。

「今日はエイプリルフールだから
ウソついてもいいんだよね?」
祭りの後

母ちゃんのメインウエポンはダイコンで確定なんでしょうか。
「キミに必要な~」以後原作より追加されたドラえもんのセリフ。
「ボクにできるのはこのくらいだ。
のび太くんの事が心配で…
そばにいられなくてごめんよ。
さよなら のび太くん。」
のび太は一人つぶやき、
ドラえもんは機械に言わせた別れの言葉。

「ドラちゃんいた?」とのママに
「ドラえもんは…帰ってこないんだから。」
もうにどと

ドラえもんは、
「急にまた、こっちに来てもいい事になったんだ。」
と言いますがこれは正しくありません。
ウソ800を見たドラえもんは、
「ボクが帰ってこないって言ったんだね。」
のび太が望んだのは「ドラえもんが帰ってくる」事です。
どこに?
おかえり
そう、これがタイトルを分けて欲しかった理由です。
関連記事

【2009/04/30 23:54】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック