生きているロボットをこよなく愛す
「野比家の家計が大ピンチ!」
原作はてんコミ「元」未収録の作品。
新ドラはてんコミから…なんて言ってた事もありましたが、
これからは全話が読める状況になるので、
どんどんと幅が広がっていく事を期待しております。

原作では給料手渡しだったのですが、
以前のリメイクでは「現金でもらわないと気分が出ない」(だった記憶)
今回は「生活費をおろしてきた」
に変更されました。
当然お金は落とすものである。
それでなければなくなるものである。
生活費はママが管理しろとか、
いきなり全額おろすなよとか、
ママが日中…とかは野暮な事である。
戦犯だけどな

ドラのこの顔が何とも言えない。
「もーこの親子はまったく…」と言う声が聞こえてきそうです。

「真っ先にお小遣いカットです」
三段で落ち込む図も面白いのですが。
何が良いかってこの「そうだ!」の顔。
「ゆうべ、君たちにお金を預けたような気がするぞ。」
いや事実ではあるんですけどね(ネタバレ)
のび太の親だからね。
心の中までは解らないよね(オイ)
親子

過去の事が気になればタイムマシンで戻る。
基本です。

この課長との関係が気になります。
いや変な意味じゃなくて、
上司と2人で飲みに行く間柄ってのが。
個人的には大仕事終えた後に誘ってるのを目撃しました。
パパ頑張ってたのかもしれない。
やけに薄いですが

シンエイ銀行。
新生銀行は振り込み手数料無料がなくなって役立たずに。
セブンイレブンにて手数料無料でおろせるくらいですが四国にはない。

寒くて寒くて→じゃあマラソンでもしようか。
カレンダーを見るに5月なんですが…
そんな日もあるよね(笑)
前半からドラ走りっぱなしです。

何故走るかと言えば犬の尻尾を踏むため。
何故踏むかと言えば犬に追いかけられるため。
ページ(?)と時間が少ないので必然的な要素しかありません。

「野比くん なんでこんなに地面が回ってるんだ」
「課長 ガリレオの昔っから地球は回ってるんです」
このやりとりです大好き。
ママの顔を大写ししてパパは無事帰宅。
ここでめでたしめでたしとせずに
もう一ひねりかけてくるのがこの作品の凄い所。

ここで(何故か犬に追いかけられて)出来た空白の時間が気にかかります。
過去に行く事が出来、何でも見通す事が出来るタイムマシン。
その道具を使い空白の時間を埋めに行ったにもかかわらず、
空白の時間が出来てしまったという事に
人間の成す事の不完全さがどうたらこうたら(飽きた)

「もう一度タイムマシンで出かけよう」
「今度はパパに会って お金を預かっちゃうんだよ」
この誇らしげなドラの顔と勇ましい音楽には笑いを隠せません。
せめてこんな感じでフィギュア頼む

落とすために預かる!
ご丁寧にも警察の前に落とすのですが、
今回一番不運なのは一晩に2回も踏まれた挙げ句、
壁に激突する(お約束)この犬。
ノラならちょっと注意力が足りないんじゃないかとも思いますが…
左手を高らかに上げるドラさんですが、
落とすまではずっと右手に持っていらっしゃいました。
もはやどうでも良い事ですがこのズレ加減がたまらない。

お金は交番に届いておりました。
落としたのはのび太とドラえもんという証言ですが、
ここに課長さんの証言が加わったら困った事になっていくのでは…と、
あと3分くらいは続けそうです。
さて、のびドラが大騒ぎした今回のお話。
作品としては12分ほどのものなのですが、
実は現実時間でもパパが交番に行って帰ってきた
それだけの時間しか経過していないお話だったりします。

先週から過去にちょっかいを出して引っかき回すお話が続きますが
次回もそう言ったお話。
予告が「正義の味方セーラー服仮面」って聞こえる(笑)

30年後ののび太の町はスネ夫カー。
思った通りに動くならば…と
時間がないので説明も何もなくオバケツヅラ。
スネラーダ

人が折角考えたものにケチを付けて台無しにしていく様は
「ドラえもんの発明教室」を思い出させますね(オイ)
さて、今回でメインキャスト分は終わった訳ですが、
(そしてここ数回はミニコーナーでしか出番のなかった)
次回からはどうなるのでしょうか。
パパママに振るのはちょっと…って気もします。
関連記事

【2009/06/04 23:07】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック