生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ買いしたジャンクセットの中にあった塗りかけの信玄頑駄無。
再販かと思ってたら当時品で驚いた訳ですが、
以前自分でも作ってたので放置してたんです。
で、騎馬武者伝の信玄がちょっとカラー違ってたので、
そっちをベースに塗って組み立ててみました。
天下布武

配色は若干アレンジ。
兜のカラー反転はガンダム野郎のカラーイラストで
そんなのがあった(様な気がした)から。
元々のがツヤ入り赤で塗ってあったのでそれを尊重してそのまま。
肩のポッチだけ付け加えて後はキットのままです。
気の迷いでクマドリ塗ってみたら意外と良くてびっくり。

武者頑駄無の出来の良さを実感
設定カラーと比較ー
やっぱりこの公式設定はどうかと思います。
「シールのみで設定通りに」ってコンセプトなんでしょうけど…
(キットはランナーの配色ミスがずっとそのままになってるんだと思います。
白の上に白いシールをべったり貼るなんてありえない)

二昔前は激レアでした
ちなみに元祖SDでは武者頑駄無と同じ配色(厳密には鞘が白)でした。
この目のシールは偉大です。
「人形は顔が命」って言葉が凄くよく解る。
関連記事

【2009/06/16 23:53】 | SDガンダム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。