生きているロボットをこよなく愛す
でもモミジもありがちだし…

・ヤンガス
たまに起動させています。
さまよう鎧とくさった死体が仲間になったので育成中。
さまよう鎧はロマリア着いた途端のトラウマで一目惚れ。
SFC5で仲間にならず憤慨し、
モンスターズで満たされ、
PS5の特技なしでまた泣きました。
今回は…特技「様子を見る」
様子を見すぎて無抵抗で殺されて泣きました。
これ消せないの?

くさった死体は6で何となく仲間にして、
ドレアムEDまで一緒の頼れる兄貴でした。
リメイク6では限界レベルをせめて70に…

ひたすら配合を重ねて+値を高めています。
不思議のダンジョンではなく、
モンスターズであると発覚してからはそれなりに楽しんでいます。
会話が出来るのが良いですね。

全モンスターに感情値3段階×各2パターンの6パターン
さらにそれが雄雌別にあるようで、
くさった死体♀の感情値最大にしたら
「あなたのためなら何度でも死んであげる」とか言い出しました。
何故か乙女キャラの首刈り族♀がどうなるか大変楽しみです。

アニメ人間製造機の補足みたいな物

何と言うか…
惜しかったんです。
もどかしいんです。
ここまで組み立てておいて何故後一歩がと。
緑の巨人伝や宇宙漂流記と同じ感想。
なんで最後で失速するのかと。

別に宇宙に出ていくオチを完全否定する訳ではありませんが、
そこまでの知性を得ておきながら
未だ(文字通りの)本の山積み、投げ捨てをやめないのか。
結局の所「人間はていどひくい」と考えているような
薄気味悪さが残りました。
(人間、地球に対しての評価は全くしていないし。)
それはそれで大本の作品の趣旨としては正しいのでしょうが、
さわやかオチに流れているのにこれはどうかな…と。

その辺を好意的に解釈する事も当然出来ましたが、
(未来で乗っ取りを考えたミュータントと思考はそのものに代わりはないが、
ちょっとした事で方向性が変わった…とか。)
何と言っても「テレパシー」がさあ。
誰か突っ込まなかったのかと。
あとFで衛星で鉱石ならガニメデだろと(これはどうでも良いか)

なんかそう言った細かい所の引っかかりが積み重なって、
ちょっとマイナス方向入った感想になってしまいましたが、
かならずしもつまらなかった訳ではありません。

おまけ・巨人伝
テーマは「味方でなければ敵なのか」ってのじゃないかと思っています。
と言うかのび太のこのセリフが一番心に残りました。
監督か脚本か演出か声優かは解りませんが、
これを伝えたかったってのが感じられたのです。
最後が煮え切らなかったのには変わりありませんけど。
関連記事

【2009/10/01 03:40】 | サブカル類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック