生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式
プラモ組みながら斜め観って感じでしたが軽く感想を。
・検索する女
オチが概ね読めてた一本
でも結局あのサイトって何なのでしょうね。
実は情報が全部ウソだとかそう言う感じもありなのかも。

・自殺者リサイクル法
更正プログラムかと思っていました。
だって爆弾の処理方法とかなんで知ってるんだと。
って言うか人質交換に応じる犯人って訳が分からん。

・理想のスキヤキ
訳が分からん話ばかりでしたが、
終始ギャグだったのでそれが良い方向に流れたと思います。
コーヒーゼリーのような水ようかんのようなアレですが、
真っ先に思い出したのはおばけレストラン
人魂というか人間の魂でした。
これ凄い話です。
人間の魂を抜いてそれをフライにして食べるまでは良くある話ですが、
それをナイフとフォークで切り分けるんです。
魂は固体だったんですよ!
水木先生が言うのだから間違いありません。

しつこく作法作法と言ってたけど、
各自の箸で鍋をつまむのは作法に則しているのでしょうか。
私は絶対嫌なので取り箸欲しいです。
そしてしめじが不人気とか許さない。
しめじ、白菜、しいたけ、だいこんが四天王で豆腐が頂点。

・呪い裁判
個人的に一番好き。
結局みんながみんなを呪っていたと言う事だけど、
その存在を認める事で使えるようになったってロジックがいい。
(と言うか昔から使っていると言うか…
「本当はみんなにあるけど信じていないから使えないんだよ」って
不思議な力説明するのに一番都合が良い気がします。)

・夢の検閲官
いい話っぽかったけど、
何故退官?ってのがひっかかって…


まとめるとなんかスッキリしない話ばかりだった感じ。
いやそれはそれでウリなのでしょうけど、
あまりにもそんなのばかりだったので
結局心に残ったのはスキヤキのアレでした。
関連記事

【2009/10/05 23:11】 | サブカル類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。