生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おもちゃの兵隊」

カンフー映画を観て影響されたジャイアンがのび太を追い回します。
それに困ったのび太はドラえもんを頼りますが、
肝心のドラえもんは他の事に夢中で…
後期ならばミニドラの出番となる展開ですね。
子守用ロボットとはなんであるかなどとの疑問が浮上してくるのですが、
誰だって都合があるんだよって事を教えてくれる教訓話。
22世紀のロボットはそこまで想定されて作られているのです(大嘘)

ジャイアンがアチョーアチョー言ってたのは映画の影響(と言う設定)ですが、
一本目でドラがアチョーアチョー言ってたのはこの作品の影響(アドリブ)?

「命令!いつ、どんなときものび太くんを守る事!」
この命令がいいかげんで悪かったんだなぁ(笑)
ドラはパズルに夢中(600ピースくらい?)
しかしこれ、ピンクの部分が多くて難易度高いですよ。
そう言えばタイムフロシキキャンペーンの時に買ったパズル、
3つくらいしか完成できてないや。

さくせん「みんながんばれ」
大リーグのボールを作っているメーカーに特注して作らせたボール…
消し炭となって消えました。まさに大リーグボール。
いやメーカーどこかなーと思って検索かけたんですが、
キーワードがコレだから魔球しか出てこない(笑)
どうやらココみたい…
って高ッ!
ドラえもんはギャグマンガである


命令がいい加減だったので些細な事でもボボボンです。
1話目もそうですが、ヒロインの扱いがめちゃくちゃなアニメですね。

一度やられたジャイアンがフルアーマー化して帰ってきた!
フルアーマーなのにビームサーベルがあるぞ!
意味のないハタキと布団叩きがイカしてます。
そしてジャイアンの一撃はコンクリートもを砕く…
これは買ったばかりのバットの威力なのか、
はたまた使い慣れたバットの威力なのか…
なんにせよバットは殴るためのものではありません。
この作品では忘れがちですが。

外から攻めていくのはパズルのセオリーですが、
こんな外道パズルなら普通絵を先に作るのでは…
ドラは好きなものは最後に食べる派のようです。
ダイコンは最終究極装備なのでうかつに使えません

と、最後にはドラも真っ黒こげ。
ついでにパズルも真っ黒こげ。
しかしドラが目を覚ました所で止め方はあるんでしょうか。

「何でも使い方が大事」と言う教訓でもなければ、
文民統制がどうたらの皮肉でもなく、
もう純粋にムチャクチャをするギャグストーリー。
なにがムチャクチャって結局誰一人特をしていないのですよ。
あ、一応当初の目的のジャイアンは撃退してますか。
なんかもう些細なことです。
止めた所でのび太はこの後
被害者の会より尋常でない被害を受けるのですから。
元々何も悪くなかったのにね。

こういう道具が出た時に、
「何故これを大長編で使わないのか」的な意見を聞きがちですが、
返品したに決まってます。
これに限ってはもしくはドラが破壊したとか。
…でもなんでこの道具を主題歌に組み込んだんでしょうね。
しかも宿題当番試験おつかいの対策として…
関連記事

【2009/11/11 07:04】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。