生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち望んでおりました素晴らしいDVDです。
言う事ありません!



せめて、
出してくれた事で満足です!
と書きたかった所。

いや良いのですよ基本的に。
まずタイムマシンの感想から。
12枚組でケースは特製の薄型です。
ブックレットも同デザイン、同じ厚みでさながら13枚組みのよう。
真っ白で上品な箱のデザインはインテリアとしても最適でしょう
OPはノンテロップバージョンで2種類、EDなし、予告など特典映像はなし。
「勉強部屋の釣り堀」「未来の国からはるばると」(びっくり全(ドラ)百科より)が
特別収録。

オリジナル版で…と言う事ですが、
レンタルビデオで消された「あわれなこじき」が
どうなっているのかは未確認です。
どの話だったか覚えていないので収録されているかどうかも解らないのです。
そもそもオリジナルを観ていないので、
消されたかどうかなんて確かではないのですが、
観た時かなり強引で露骨な修正だと思いましたので気になっています。
1から順番に観ていくつもりですので見つかったら報告します。
何度も観たのは流し見になっちゃいますけど…

ブックレットは旧声優座談会
(この場合旧を付けるのはちょっと抵抗があるかも)
各スタッフインタビュー等。
全話紹介との作画監督などの名前はありますが、
キャスト紹介はメイン5人(+ドラミ様)のみで資料価値は薄いかも。
もちろんDVD自体が凄い資料ではありますが。

これはちょっと…なところ。
ジャケット・ブックレットのイラスト。
後期のカットが使われているんです。流用です。
やっぱり1979年のタッチで描いて頂くか、
適当なカットをくり抜き、加工などで使ってほしかったです。
長くシリーズ続けるための共通フォーマットだとしたらアリかもしれませんが、
渡辺監督までにインタビューしている所からして怪しげな雰囲気が。

心に残る30BOX
問題児。
いや必ずしも悪くないよ。
「全バージョンを収録」は快挙です。
お値段を考えますと買って損は御座いませんし、
レア話もばっちり収録。
でも問題児。
率直に言えば急ごしらえのやっつけ。
実はそれに救われた所もあるんですけどねー

ケースは標準的なトールタイプ
カラフルな色合いはインテリアとしても最適です。

・「精霊呼び出し腕輪」
挿入歌の問題でソフト化も再放送も難しいと囁かれていましたが、
無事あっさり収録されました。
歌も確認。
放送時そのままであろうと思われます。

ジャケットイラストやメニューの効果音は全て新ドラ。
まぁ仕方がないですね。
8枚あるんだから交互でも良かったのですが。
…とか言いつつ実は2枚しか確認していないんですが。

OPは「夢をかなえてドラえもん」が収録。
初期バージョンで旧作品の紹介、
新バージョンで新ドラの紹介になっています。
やはりスタッフは代表、キャストはメイン5人のみ。

新ドラOPに「ドラえもん 大山のぶ代」と言うシュールさ。
なんだかゲスト参加のようで妙に感動しいたしました。
どうせなら「ドラえもんのうた」で新ドラやってほしかったなぁと言うか、
なんでドラえもんのうた入ってないの?との思いが。
1つしかないなら夢をかなえてで最上級ですが、
2つあるならば一つずつでもと。

まぁそんな事は些細な事です。
ご覧下さい!
これがDVDの中身だ!
何というかもうちょっと…
うん。
テロップ入りのセルビデオ。
なんて斬新なんでしょう!
放送時のあの思いが沸々と…
沸々と…

なんだよこのやっつけ。
精霊呼び出し腕輪の「夢」がまるまる収録されてるのも、
もうチェック漏れの産物としか。
他のタイトルは確認していませんが、
もう一つの巨人伝とか初収録のタイトルは軒並み心配。

・ブックレットなし
全くなし。
各話解説などもなし。
基本的にこの収録内容、お値段ならば不満点になる所ではないのですが、
いずれ行うであろうレンタル→コピーと扱いが同じになっちゃうのかと思うと…
小学館×テレビ朝日のブランドでこれかよと。
関連記事

【2009/11/22 07:39】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。