生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のび太もたまには考える」
ネタバレ…

いつもの如く嘆き悲しむのび太でスタート。
丁度コンピューターペンシル(初期)観たばかりだったので、
なおさら成長してないなぁと感じました。
いつもの如くドラは聞く耳持たず。
ドラ焼きのアンコなんて舐めてます。
いわゆるレアものなのかな?

悩みは言うまでもなくテストがあるから。
のび犬じゃ0点でも仕方がない。
ここで名言。
「いっぺんでいいから本気で悩んでみろ!」
と熱くお説教した後お茶を飲んでマンガを読むドラ。
さっぱり解らないけど助けてくれない事だけは解ります。

みよちゃんも!

能力カセットは能力ディスクに変更。
確かに今更カセットはないけどdiscもちょっと古いような。
これ2枚同時入れとかしたらどうなるんでしょうね。
有効時間が1時間になりましたけど、
消滅する事もなく普通に取り出せるようですし、
それによって特に話が広がる事はありませんでした。

マラソン選手ののび太は水原電気まであっという間に行って帰ってきました。
と、そこでディスクが複数あるのに気が付き、「数学者」を発見。
ここからあらゆる能力を手に入れたのび太の快進撃が始まります。
とりあえず作文は枚数があればいいってモンじゃないと思いますが。

作文、スケッチ、ピアノ…
インチキし通しののび太ですが、
個人的にはクラスメイトのチェックが出来て大満足なのでした。
ピアノのシーンで明らかに30人近い…ってエリ様が!
音楽の先生も虎木さんっぽいんですが大丈夫なのか(笑)
放課後の野球も大活躍!
魔球投げるジャイアンも超人的ですねぇ。
いいことあるよ

その後も手品、ダンス、オペラと女の子をキャーキャー言わせます。
ワンテンポ後れている子がいますが気にしない事。
オペラがなんか凄い。
今週の田中(仮)さんスペシャル。と言うだけでなくモブの中の微妙な体型、表情違いの為の貴重な資料。田中(仮)さんは比較的小さく描かれる事が多いのです。シーンによってはスネ夫並みに。

怒り狂うジャイアンも「強い人」のディスクで…
と思ったら読み取りエラー
近年なかなか珍しめになってきた暴力シーンですが、
ジャイアンがまず1発、そして2発目をかわした後の、
スネ夫の素早い後ろ蹴りは必見です。
やはり彼は手数の多いスピードキャラなのです(?)
その後の跳び蹴りも中々素早くてよろしい。
効果発動したのび太に当て身投げされるけどな!
のび太は溜めキャラ、スネ夫は連続入力系、ジャイアンは飛び道具ありのパワーキャラ

ドカンドカンとジャイアンとスネ夫を2度づつ投げるのですが、
それぞれ投げモーションが別という微妙な凝り具合が面白いです。
さて、「考える人」でオチの時間ですが、
ポーズが逆なのは突っ込まないでおきましょう。
のび太だし(オイ)

さて、ここでののび太の思考ですが、
ポイントは道具のおかげであるか否かであります。
話の流れとしては道具のおかげ、
タイトルから考えるとのび太の深層心理が呼び覚まされたと取れますが、
個人的にはやはり後者を推したい所。

普段からたまには考えているのです。
でも次の日には忘れているのです。
その部分部分が集まって思い出された…のではないでしょうか。
そして次の日にはきれいさっぱり忘れているのです。
のび太だから。

いつまでも今日は続かない。
ドラえもんとも別れが来る…
と若干重い流れだったのですが、
サラっと流してくれて一安心。
だって次には忘れないといけないもの。
関連記事

【2009/12/01 06:26】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。