生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近消えつつあるレンタルVHS。
藤子関係では笑ゥせぇるすまん、ポコニャン、モジャ公にSF短編が当たりますね。
後ろ3つはともかく(オイ)、せえるすまんは世間的な知名度も高いのに埋もれていくのは残念。
いや別に嫌いじゃないですよ後ろ3つ。
モジャ公は別物としてかなり好き。

と言う事でビーストウォーズ2のお話。
おもちゃはバカみたいに売れた割にアニメの評価は今ひとつ。
あ、捨て値で叩き売られているのはバカみたいに売れて在庫過多だからなのです。
なのにDVDは出ず、話題になるのはせいぜい主題歌…

確かにCGビーストを楽しく思った人には異端でしょうが、
そもそもCGビーストを異端に感じて観なかった私は大歓迎ー
のはずだったんですが放送当初はチラ見。
チラ見でもスタースクリーム(カマっぽい)には惚れました。
爆発したのはBSでの再放送。
(CG版もあとでちゃんと観ました)

作画が微妙、声優さんがあまり有名どころでない、
流れとバトルがゆっくり…と問題は多々ありましたが、
40体以上いるキャラ付けがすごいし、
シナリオの流れが破綻していないのも良い。

今回改めて観て感じたのは、
パロネタの類が全くないのですね。
他作品はもとより、TFネタもない。
セカンドという癖にCG版にも絡まない。
(「考えがある」までは追求しません。)
純粋に単体の作品として出来上がってます。
シリーズファンが喜ぶ作品ではなかったでしょうが、
子供向けアニメのお手本みたいな作品に感じました。

声優さんはあまりうまくないイメージがありましたが、
実はそうでもなかった感じ。
作画と動きはまぁちょっとね。

とにかく続編の「ネオ」含めて、
評価が不当に低いと思うのですが私は大好き。
関連記事

【2010/05/10 22:33】 | TF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。