生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出木杉にも苦手を作れ」

出木杉祭り再び?いえいえ。

0点を取ったのび太に、
「テストは結果が全てじゃないよ。
それより自分がどれだけ努力したかが大事なんじゃないかな。」
ここまで言えると逆にイヤミです出木杉。

出木杉が野球に誘われたとなると色めき出す女性陣。
視界にも入っていないのび太が哀れです。
前作の事件はまだ尾を引いていると見える。

家に帰るとネズミにおびえるドラが、
空気砲、地球はかいばくだん…はまずいので苦手作り機で…
って言うか地爆を投げるな(爆)

この時にあれでもなこれでもないで出した道具は、
モンスターボール、もぐら手袋、連想式推理虫眼鏡、
流れ星ゆうどうがさ、ごくうリング、ハッスルねじ巻き
かな?
誘導傘はちょっと自信ないです。
確証がないというか違う気がするというか、
ここまで出かかってるけど思い出せない。

苦手作り機でネズミをドラ苦手にします。
いや元来苦手でないとおかしいんですがー
F全集の広告でドラが渋い顔をしているのは
チンプイがいるからに他ならないと思うのですが、
チンプイが素なのは
ドラをネコと認識していないからなんだろうなぁ。
この日○終わり

ドラが苦手になったネズミは屋根を突き破って親子共々退散します。
この世界の生き物はどこかおかしい。
主に耐久力とか戦闘力とか。
親が先導としんがりを勤めるのが妙に愛らしいです。

お話自体は独立していますが、
道具は前に出た物でありますので説明を省略…かと思いきや、
「苦手を克服する事で精神を鍛えたり、
好きな食べ物を苦手にしてダイエットしたり…」と、
本来の使い方(?)を説明。
そしてこれがこの話のオチに繋がります。
うまい構成ですね。
どんな物でも「使い道は色々」なのです。
機会に良い悪いを区別する力はないのです。

そんな使い道色々の道具を放置して行くドラって…


相手側も褒める出木杉イヤミ。
いいやつ通り越してイヤミ。
悪気がないのがもう嫌らしい。
でも今回のび太がもっと嫌な奴だから問題なし!
…この間から出木杉のキャラ付けに試行錯誤しているような気がします。
彼が出ると高確率で田中さん(仮)が絡んできますので、
非常に好ましい事です。
(のび太への寄せ書きを2人で渡しに来たり、
出木杉にチョコレートあげたり…)

出木杉が捕ってチェンジ→のび太が妬む
→ジャイアンズ守備のノーアウト満塁
ってなっててちょっと繋ぎが解りづらいですね。

そんなピンチでも出木杉は「打たせて取ろう」と前向き。
外野はのび太だけどな。
春夫はキャッチャーらしいです。安雄の姿も見て取れますね。

ここで解るのは相手はチラノルズなんですね。
ボールが怖くなった出木杉、その目に映ったものは…男球!
さすがは出木杉と言うべきか、
怖がっても能力は落ちていないと評価すべきか、
「(ボールが)怖い…」「あっち行け」でトリプルプレー

打席に立つと目をつぶってしまいますが、
ジャイアンは「必殺暗闇打法だ!」と勝手に解釈。
それに気負った寺野は力んでファーボール。
何事も普段の実績がモノを言うのです。
のび太がホームランを取った時ものび太をナメたのが敗因だったのです。
のび太の答案をチェックしてないのに気付きましたがちょっと遅かった

勝利を祝ってジュースで乾杯。
その他大勢と田中さん(仮)が離脱したのが悲しいですね。
きっと美容院です。
すかさずジュースを苦手にしますが、
怖がってよけたジュースがのび太に激突。
犬をけしかけようとするも太と書いてしまい撃沈。

ここまで哀れだと同情もしかねない所ですが、
無謀にも明日のテストで出木杉よりいい点を取るなどと言い出します。
「テストは点を競うものじゃないよ」
→「そうよのび太さん、やめた方がいいわ」
これが今回静香がかけたのび太への唯一の言葉…
のび太へと言うより出木杉に言ってるよなぁこれ。

しかしその勝つ方法が出木杉を0点にして、
自分は1問でも解けば良いって発想が姑息。
むしろ1問でも解こうと言う意識を褒めるべきだろうか。のび太だし。

「ううう…こ…怖い。なんて四角いんだ」
さすがに怖がり方も論理的です(?)
セリフ中で出木杉英才と書いてヒデトシと読んでいますが、
これは税金鳥に続いて少なくとも2度目。
原作中で正確なルビが無い以上微妙な所ではありますが、
結構設定を固めていってますね。
(生前は「えいさい」だったはず。確かにおかしい気はしますが、
原作者からクレームが出なかった以上は…)

のび太は自信満々で5点。
出木杉は全く自信がなかったけれど100点。
彼は苦手に立ち向かい、克服したのです。

でものび太も何度も間違えた結果、
太と犬の違いを身にしみて解ったのです。
今日はそれでいいじゃないか。
関連記事


追記を閉じる▲
出木杉が野球に誘われたとなると色めき出す女性陣。
視界にも入っていないのび太が哀れです。
前作の事件はまだ尾を引いていると見える。

家に帰るとネズミにおびえるドラが、
空気砲、地球はかいばくだん…はまずいので苦手作り機で…
って言うか地爆を投げるな(爆)

この時にあれでもなこれでもないで出した道具は、
モンスターボール、もぐら手袋、連想式推理虫眼鏡、
流れ星ゆうどうがさ、ごくうリング、ハッスルねじ巻き
かな?
誘導傘はちょっと自信ないです。
確証がないというか違う気がするというか、
ここまで出かかってるけど思い出せない。

苦手作り機でネズミをドラ苦手にします。
いや元来苦手でないとおかしいんですがー
F全集の広告でドラが渋い顔をしているのは
チンプイがいるからに他ならないと思うのですが、
チンプイが素なのは
ドラをネコと認識していないからなんだろうなぁ。
この日○終わり

ドラが苦手になったネズミは屋根を突き破って親子共々退散します。
この世界の生き物はどこかおかしい。
主に耐久力とか戦闘力とか。
親が先導としんがりを勤めるのが妙に愛らしいです。

お話自体は独立していますが、
道具は前に出た物でありますので説明を省略…かと思いきや、
「苦手を克服する事で精神を鍛えたり、
好きな食べ物を苦手にしてダイエットしたり…」と、
本来の使い方(?)を説明。
そしてこれがこの話のオチに繋がります。
うまい構成ですね。
どんな物でも「使い道は色々」なのです。
機会に良い悪いを区別する力はないのです。

そんな使い道色々の道具を放置して行くドラって…


相手側も褒める出木杉イヤミ。
いいやつ通り越してイヤミ。
悪気がないのがもう嫌らしい。
でも今回のび太がもっと嫌な奴だから問題なし!
…この間から出木杉のキャラ付けに試行錯誤しているような気がします。
彼が出ると高確率で田中さん(仮)が絡んできますので、
非常に好ましい事です。
(のび太への寄せ書きを2人で渡しに来たり、
出木杉にチョコレートあげたり…)

出木杉が捕ってチェンジ→のび太が妬む
→ジャイアンズ守備のノーアウト満塁
ってなっててちょっと繋ぎが解りづらいですね。

そんなピンチでも出木杉は「打たせて取ろう」と前向き。
外野はのび太だけどな。
春夫はキャッチャーらしいです。安雄の姿も見て取れますね。

ここで解るのは相手はチラノルズなんですね。
ボールが怖くなった出木杉、その目に映ったものは…男球!
さすがは出木杉と言うべきか、
怖がっても能力は落ちていないと評価すべきか、
「(ボールが)怖い…」「あっち行け」でトリプルプレー

打席に立つと目をつぶってしまいますが、
ジャイアンは「必殺暗闇打法だ!」と勝手に解釈。
それに気負った寺野は力んでファーボール。
何事も普段の実績がモノを言うのです。
のび太がホームランを取った時ものび太をナメたのが敗因だったのです。
のび太の答案をチェックしてないのに気付きましたがちょっと遅かった

勝利を祝ってジュースで乾杯。
その他大勢と田中さん(仮)が離脱したのが悲しいですね。
きっと美容院です。
すかさずジュースを苦手にしますが、
怖がってよけたジュースがのび太に激突。
犬をけしかけようとするも太と書いてしまい撃沈。

ここまで哀れだと同情もしかねない所ですが、
無謀にも明日のテストで出木杉よりいい点を取るなどと言い出します。
「テストは点を競うものじゃないよ」
→「そうよのび太さん、やめた方がいいわ」
これが今回静香がかけたのび太への唯一の言葉…
のび太へと言うより出木杉に言ってるよなぁこれ。

しかしその勝つ方法が出木杉を0点にして、
自分は1問でも解けば良いって発想が姑息。
むしろ1問でも解こうと言う意識を褒めるべきだろうか。のび太だし。

「ううう…こ…怖い。なんて四角いんだ」
さすがに怖がり方も論理的です(?)
セリフ中で出木杉英才と書いてヒデトシと読んでいますが、
これは税金鳥に続いて少なくとも2度目。
原作中で正確なルビが無い以上微妙な所ではありますが、
結構設定を固めていってますね。
(生前は「えいさい」だったはず。確かにおかしい気はしますが、
原作者からクレームが出なかった以上は…)

のび太は自信満々で5点。
出木杉は全く自信がなかったけれど100点。
彼は苦手に立ち向かい、克服したのです。

でものび太も何度も間違えた結果、
太と犬の違いを身にしみて解ったのです。
今日はそれでいいじゃないか。
関連記事

【2010/05/16 07:50】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。