生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ころばし屋」
「きこりの泉」
ミニシアター(どこでも蛇口)

きれいなジャイアンです。
クッキーボールチョコ、VCDと無駄に2回も立体化してたり。
「ころばし屋」
脚本:早川正
絵コンテ:寺本幸代
演出
作画監督:嶋津郁雄

ころばし屋は
ロボ王の時のタイニビッツキャンペーンで当選した思い出深いキャラ。
封入されるシークレットはゴンスケだったらしいですが、
こちらは結局出ませんでした。
あ、あとVCD(未来デパート)が見つからず難儀したなぁ。

「いつもいつもぼくがおとなしくしていると思ったら大間違いだ
ジャイアンめ今日こそ懲らしめてやる。」
→道具を…
なんだいつものパターンか。

ころばし屋の武器は衝撃波ピストルっぽいイメージがあったのですが、
手に空気砲が内蔵されているように変更。
相手をひっくり返す効果自体は変わりません。
「血も涙もない転ばせぶりだ…」
もうこのバカっぽさが最高!

10円って安い気がしますが、
未来から見る古銭価値を考えるとどうなのでしょう。
1024倍のボーナスを現在のお金に直して+自転車1台分、
「10円何でもストア」とか逆にぼったくっているのではなかろうか。

「ステキな骨川…」ってスネちゃまの歌、
多分アドリブでしょうけどフルで聞いてみたい。

邪魔をした(?)警官はともかくとして、
のび太が通りすがっただけの
じいさんとブル(表札からして千住さん)は完全なとばっちり。

転ばされた千住さんの下駄がそば屋に当たり、
そばがブルに、更にゴミバケツがおじさんに…
なにこのトムとジェリー。

警官:高戸靖広
おじさん(恐らく千住さん):楠見尚己

犬と女性も空を舞うガキも飛ぶ。
更にまた女性→男…
あれ?この男の声水田さんじゃないか?(笑)

唐突に土管の裏から現れて、
「見て!こんな所に可愛いお花」と曰う静香が意味不明ですが、
もうそんな事気にするのは愚かしいです。
次のネタ↓の為に出てきただけなんですから。

「残念だがもう逃げられないようだ
だけど君だけは…君だけは守ってみせる
ころばし屋!決闘だ!」

と、西部劇描写が妙に凝ってる決闘シーン。
輪ゴムによる射的ですが、
未来の道具を打ち倒してしまうところはさすがのび太。
のび太の妄想と現実の静香の覚めっぷりが笑えます。

飛ぶだけの人は別にスルーしても良かったかも

ゲスト:
おじさん:楠見尚己
そば屋:宇垣秀成
警官:高戸靖広
女性:まるたまり

ひみつ道具:
ころばし屋

「きこりの泉」
脚本:大野木寛
絵コンテ:寺本幸代
演出
作画監督:嶋津郁雄

伝説ですね。

スネ夫だけなぜかユニフォームです。
ジャイアンがボールを取れなかったのはグローブのせいと言い、
のび太のピカピカのグローブと取り替える展開が追加。
自然な流れで良いですけど、
その繋ぎのためにまたジャイアンズは負けたのか(笑)

ドラの「このドラ焼きが良いんだ」にも
限定品で毎月一回10個、
「ふわっとしてしっとりした皮
中のアンはしつこくなくほどよい甘さ
一口食べただけで幸せが口いっぱいに広がる…」と
納得の行く流れが作られていました。

きこりの泉のお話も、
ドラお手製の紙芝居で解説するなど、
時間稼ぎ…もといとても丁寧な作りがされておりました。
のび太の「やんややんや」はやたら古風でお気に入り。

女神:川村万梨阿

泉には5回の使用制限が付きました。
のび太だからとりあえず静香に使わせます。

で、好きだった服が
デザインも色も全然違ったものに変わっちゃったのですがー
あなたはゲンキンですね

それを見ていた意地悪じいさん、
限定ドラ焼き30個でドラを釣ろうとします。
タヌキは簡単につられますウヒラウヒラ。
「パパが友達で…」って久々に聞いた感じ。

回数制限があるので慎重に―
スネ夫が機転を利かせて一番新しいロボットを入れると、
超巨大なラジコンが出てきました。
このデザイン…キットラ?
「スイッチオン」で「マ”」なんて言いながら動き出しやがった。
やっぱ動力は単三4本なのでしょうか。

欲張りなスネ夫は嘘をついて本当の事を言おうとしますが、
正直者のジャイアンが正直に嘘をついてしまいました。

後は説明するまでもありません。
バステッドですドボンです。

チラチラ見ながら、
「ボクこっちの方がいいな」
「乱暴じゃなさそうだしね」
と言える所に理屈を超えた熱い友情を感じます。

スネ夫のロボットはガイヤー?

ゲスト:
女神:川村万梨阿

ひみつ道具:
きこりの泉

ミニシアター(どこでも蛇口)
絵コンテ・演出:やすみ哲夫
原画:木村陽子

現在の時点で最後のミニシアター。
お酒が唐辛子ジュースに変更されました。
誰が飲むんだそんなもの。

第14回声優リスト

ママ
パパ

女神:川村万梨阿

おじさん:楠見尚己
そば屋:宇垣秀成
警官:高戸靖広
女性:まるたまり
関連記事


追記を閉じる▲
「ころばし屋」
脚本:早川正
絵コンテ:寺本幸代
演出
作画監督:嶋津郁雄

ころばし屋は
ロボ王の時のタイニビッツキャンペーンで当選した思い出深いキャラ。
封入されるシークレットはゴンスケだったらしいですが、
こちらは結局出ませんでした。
あ、あとVCD(未来デパート)が見つからず難儀したなぁ。

「いつもいつもぼくがおとなしくしていると思ったら大間違いだ
ジャイアンめ今日こそ懲らしめてやる。」
→道具を…
なんだいつものパターンか。

ころばし屋の武器は衝撃波ピストルっぽいイメージがあったのですが、
手に空気砲が内蔵されているように変更。
相手をひっくり返す効果自体は変わりません。
「血も涙もない転ばせぶりだ…」
もうこのバカっぽさが最高!

10円って安い気がしますが、
未来から見る古銭価値を考えるとどうなのでしょう。
1024倍のボーナスを現在のお金に直して+自転車1台分、
「10円何でもストア」とか逆にぼったくっているのではなかろうか。

「ステキな骨川…」ってスネちゃまの歌、
多分アドリブでしょうけどフルで聞いてみたい。

邪魔をした(?)警官はともかくとして、
のび太が通りすがっただけの
じいさんとブル(表札からして千住さん)は完全なとばっちり。

転ばされた千住さんの下駄がそば屋に当たり、
そばがブルに、更にゴミバケツがおじさんに…
なにこのトムとジェリー。

警官:高戸靖広
おじさん(恐らく千住さん):楠見尚己

犬と女性も空を舞うガキも飛ぶ。
更にまた女性→男…
あれ?この男の声水田さんじゃないか?(笑)

唐突に土管の裏から現れて、
「見て!こんな所に可愛いお花」と曰う静香が意味不明ですが、
もうそんな事気にするのは愚かしいです。
次のネタ↓の為に出てきただけなんですから。

「残念だがもう逃げられないようだ
だけど君だけは…君だけは守ってみせる
ころばし屋!決闘だ!」

と、西部劇描写が妙に凝ってる決闘シーン。
輪ゴムによる射的ですが、
未来の道具を打ち倒してしまうところはさすがのび太。
のび太の妄想と現実の静香の覚めっぷりが笑えます。

飛ぶだけの人は別にスルーしても良かったかも

ゲスト:
おじさん:楠見尚己
そば屋:宇垣秀成
警官:高戸靖広
女性:まるたまり

ひみつ道具:
ころばし屋

「きこりの泉」
脚本:大野木寛
絵コンテ:寺本幸代
演出
作画監督:嶋津郁雄

伝説ですね。

スネ夫だけなぜかユニフォームです。
ジャイアンがボールを取れなかったのはグローブのせいと言い、
のび太のピカピカのグローブと取り替える展開が追加。
自然な流れで良いですけど、
その繋ぎのためにまたジャイアンズは負けたのか(笑)

ドラの「このドラ焼きが良いんだ」にも
限定品で毎月一回10個、
「ふわっとしてしっとりした皮
中のアンはしつこくなくほどよい甘さ
一口食べただけで幸せが口いっぱいに広がる…」と
納得の行く流れが作られていました。

きこりの泉のお話も、
ドラお手製の紙芝居で解説するなど、
時間稼ぎ…もといとても丁寧な作りがされておりました。
のび太の「やんややんや」はやたら古風でお気に入り。

女神:川村万梨阿

泉には5回の使用制限が付きました。
のび太だからとりあえず静香に使わせます。

で、好きだった服が
デザインも色も全然違ったものに変わっちゃったのですがー
あなたはゲンキンですね

それを見ていた意地悪じいさん、
限定ドラ焼き30個でドラを釣ろうとします。
タヌキは簡単につられますウヒラウヒラ。
「パパが友達で…」って久々に聞いた感じ。

回数制限があるので慎重に―
スネ夫が機転を利かせて一番新しいロボットを入れると、
超巨大なラジコンが出てきました。
このデザイン…キットラ?
「スイッチオン」で「マ”」なんて言いながら動き出しやがった。
やっぱ動力は単三4本なのでしょうか。

欲張りなスネ夫は嘘をついて本当の事を言おうとしますが、
正直者のジャイアンが正直に嘘をついてしまいました。

後は説明するまでもありません。
バステッドですドボンです。

チラチラ見ながら、
「ボクこっちの方がいいな」
「乱暴じゃなさそうだしね」
と言える所に理屈を超えた熱い友情を感じます。

スネ夫のロボットはガイヤー?

ゲスト:
女神:川村万梨阿

ひみつ道具:
きこりの泉

ミニシアター(どこでも蛇口)
絵コンテ・演出:やすみ哲夫
原画:木村陽子

現在の時点で最後のミニシアター。
お酒が唐辛子ジュースに変更されました。
誰が飲むんだそんなもの。

第14回声優リスト

ママ
パパ

女神:川村万梨阿

おじさん:楠見尚己
そば屋:宇垣秀成
警官:高戸靖広
女性:まるたまり
関連記事

【2010/05/23 07:28】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。