生きているロボットをこよなく愛す
「古道具きょう争」
「怪談ランプ」


夏ネタが入ってきました。
あときょう争のきょうは狂うの狂。



「古道具きょう争」
脚本:大野木寛
絵コンテ:三宅鋼太郎
演出
作画監督:久保園誠

骨川家の古いもの自慢は、
ナポレオンが使った拳銃
信長がオランダ人から貰ったランプ
アラジンのランプ
牛若丸が使っていた下駄…
とかなりうさんくさい。

スネ夫はともかくパパはそれなりの常識人のイメージがあるし、
そもそも社長でありますので、
それなりの古道具にスネ夫が適当な説明をつけてる可能性もありますね。

この時には後に牛若丸と絡むようになるとは思いませんでした。

野比家の古道具は10年前のテレビ!
あ、うちのモニタももう10年になります。
壊れる気配がないのは嬉しいやら悲しいやら。
でも液晶じゃ上に物置ないし…

読んでいる本は「コロコミック」
野比家の物は最終的に総入れ替えになったはずですが、
過去のどんな書物と交換されたのでしょう。

ドラ「現代の物も超レアアイテム」
うん、30年前の本とかおもちゃとか当時は何も思ってなかった。

珍品堂の声:一条和矢

少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香

セリフは才野(仮)が先だけど、
こっちが山下さんっぽい。
安雄がAでまるたさん。

ジャイアンはじいさんが大事にしてたドテラを持ってきましたが相手にされず、
スネ夫の戦国時代の鎧、のび太の千年前の中世鎧の前に吹き飛んでしまいました。
最後には葉っぱ一枚に。
ジャイアン「すげえ!アダムとイブまでいっちまったぜ」
どんだけ動き回っても取れないのはさすが衣服を名乗っているだけある。

ママ
「ねつがあるみたいなの」
「ヨヨヨ…」
「あらドラちゃん。ドラちゃんも昔に来ちゃったの?ヨヨヨ…」
残念ながらちょうちょは戻らず。
あの書き変えのなにが駄目って漢字の不使用。
「昔へきちゃったらしいの」
「へきた」って何なのか悩みます。

警官:高戸靖広

タイムシーバーが雨に濡れて壊れたら元に戻せなくなるそうです。
注文した端末じゃないと駄目なのでしょうか。
未来のシステムにしては意外とセキュリティしっかりしてますね。


パパ「ママが心配だ…昔へ来ちゃったとか訳のわからない事を言ってたな」
↑言ってない。
少なくとも視聴者は聞いてない。
ツーカー錠はデフォルト装備ですね。

買い戻したのか返品されたのか

ひみつ道具:
タイム・シーバー

ゲスト:

珍品堂の声:一条和矢
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治
少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香


「怪談ランプ」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:三宅鋼太郎
演出
作画監督:久保園誠

「こわくてこわくて」に解説が。
おこわって言いますものね。
ニヤニヤするママがかわいいです。

怪談シーンにて配役記載はないもののモブ、ゲストが多数。
ただ何となく解るので判別してみます。

静香パート:
赤いのがお菊(まるたさん?)
みんなちょっとしたセリフあり。
お菊幽霊版のほうが美人ですね(オイ)

侍:楠見尚己

ジャイアンパート:
旅人は高戸さんで鬼婆は山下さんっぽい感じ。

スネ夫パート:
のっぺらぼう(女)はまるたさん、
よっぱらいは高戸さん
店主は楠見さんと思われる。

ここで注目すべきは酔っぱらいである。
怪談話だからあてにはならないのですが、
スネ夫は「親戚のおじさん」と言っております。
で、この顔は記憶喪失の映画俳優。

・そもそも全くのデタラメで適当なイメージ
・たどってみたら本当に親戚だった
・何らかの要素で親戚になった
・映画俳優だったので親戚認定

どれだ?

泥棒の出刃包丁がバナナに変更。
包丁持ってたら強盗だからなシャルル!

警官と泥棒は前半と同じ…かな?
そもそもどっちを指しているのかはっきりしなかったり。
(ブロック分けで判断するならばこちら?)
ママのパックはちゃんと目が出ました。

警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

ツノになったり包丁になったりバナナ万能説

ひみつ道具:
怪談ランプ

ゲスト:
侍:楠見尚己
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

第十八回声優リスト

ママ
パパ

珍品堂の声:一条和矢

侍:楠見尚己
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香
関連記事


追記を閉じる▲


「古道具きょう争」
脚本:大野木寛
絵コンテ:三宅鋼太郎
演出
作画監督:久保園誠

骨川家の古いもの自慢は、
ナポレオンが使った拳銃
信長がオランダ人から貰ったランプ
アラジンのランプ
牛若丸が使っていた下駄…
とかなりうさんくさい。

スネ夫はともかくパパはそれなりの常識人のイメージがあるし、
そもそも社長でありますので、
それなりの古道具にスネ夫が適当な説明をつけてる可能性もありますね。

この時には後に牛若丸と絡むようになるとは思いませんでした。

野比家の古道具は10年前のテレビ!
あ、うちのモニタももう10年になります。
壊れる気配がないのは嬉しいやら悲しいやら。
でも液晶じゃ上に物置ないし…

読んでいる本は「コロコミック」
野比家の物は最終的に総入れ替えになったはずですが、
過去のどんな書物と交換されたのでしょう。

ドラ「現代の物も超レアアイテム」
うん、30年前の本とかおもちゃとか当時は何も思ってなかった。

珍品堂の声:一条和矢

少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香

セリフは才野(仮)が先だけど、
こっちが山下さんっぽい。
安雄がAでまるたさん。

ジャイアンはじいさんが大事にしてたドテラを持ってきましたが相手にされず、
スネ夫の戦国時代の鎧、のび太の千年前の中世鎧の前に吹き飛んでしまいました。
最後には葉っぱ一枚に。
ジャイアン「すげえ!アダムとイブまでいっちまったぜ」
どんだけ動き回っても取れないのはさすが衣服を名乗っているだけある。

ママ
「ねつがあるみたいなの」
「ヨヨヨ…」
「あらドラちゃん。ドラちゃんも昔に来ちゃったの?ヨヨヨ…」
残念ながらちょうちょは戻らず。
あの書き変えのなにが駄目って漢字の不使用。
「昔へきちゃったらしいの」
「へきた」って何なのか悩みます。

警官:高戸靖広

タイムシーバーが雨に濡れて壊れたら元に戻せなくなるそうです。
注文した端末じゃないと駄目なのでしょうか。
未来のシステムにしては意外とセキュリティしっかりしてますね。


パパ「ママが心配だ…昔へ来ちゃったとか訳のわからない事を言ってたな」
↑言ってない。
少なくとも視聴者は聞いてない。
ツーカー錠はデフォルト装備ですね。

買い戻したのか返品されたのか

ひみつ道具:
タイム・シーバー

ゲスト:

珍品堂の声:一条和矢
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治
少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香


「怪談ランプ」
脚本:高橋ナツコ
絵コンテ:三宅鋼太郎
演出
作画監督:久保園誠

「こわくてこわくて」に解説が。
おこわって言いますものね。
ニヤニヤするママがかわいいです。

怪談シーンにて配役記載はないもののモブ、ゲストが多数。
ただ何となく解るので判別してみます。

静香パート:
赤いのがお菊(まるたさん?)
みんなちょっとしたセリフあり。
お菊幽霊版のほうが美人ですね(オイ)

侍:楠見尚己

ジャイアンパート:
旅人は高戸さんで鬼婆は山下さんっぽい感じ。

スネ夫パート:
のっぺらぼう(女)はまるたさん、
よっぱらいは高戸さん
店主は楠見さんと思われる。

ここで注目すべきは酔っぱらいである。
怪談話だからあてにはならないのですが、
スネ夫は「親戚のおじさん」と言っております。
で、この顔は記憶喪失の映画俳優。

・そもそも全くのデタラメで適当なイメージ
・たどってみたら本当に親戚だった
・何らかの要素で親戚になった
・映画俳優だったので親戚認定

どれだ?

泥棒の出刃包丁がバナナに変更。
包丁持ってたら強盗だからなシャルル!

警官と泥棒は前半と同じ…かな?
そもそもどっちを指しているのかはっきりしなかったり。
(ブロック分けで判断するならばこちら?)
ママのパックはちゃんと目が出ました。

警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

ツノになったり包丁になったりバナナ万能説

ひみつ道具:
怪談ランプ

ゲスト:
侍:楠見尚己
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

第十八回声優リスト

ママ
パパ

珍品堂の声:一条和矢

侍:楠見尚己
警官:高戸靖広
泥棒:桜井敏治

少年A:まるたまり
少年B:山下亜矢香
関連記事

【2010/05/28 07:49】 | ドラデータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック