生きているロボットをこよなく愛す
「家がロボットになった」

珍しく勉強など使用としているのび太に、
これまた珍しくとても綺麗な顔で、
「今日は商店街の旅行でうちには誰もいないんだぜ」
と誘いをかけるジャイアン。
哀れのび太は家中のそうじと留守番を押しつけられる事に。

お店はちゃんとお休みになっているし、
ムクまで出かけているのにジャイアンは何故残ったのか…
むしろ散らかしすぎて残されたのか?

「自分の事は自分でやらせよう」と
ドラはハウスロボットを取り付けます。
今回の大きな点として、
家のセリフはなくテレビに文字が表示される。
それに加え表情と顔色も出てきたりと、
視覚的には面白いのですが、
一見幼児にはちょっと辛いかなぁと。

しかしながらこう言った事がきっかけで、
読もう聞こうという意識が生まれることもあります。
一概に丁寧なのが良いとは限らないのです。
テレビに合わせて台詞を入れる家庭がありましたら大成功かも。


時計の針が見えない事から、
現在時間は10時~2時と言った所でしょうか。
食事描写がないことから、
休日の昼~ですね。
商店街の旅行が休日にあるとみるとちょっと疑問ですが。

「ウチノタケシガ メイワクヲカケテ スマナイ
ワルイヤツジャナインダ ユルシテヤッテクレ」
意外にも人のできた家ですが、
剛田家の人々はジャイアン以外とてもまともな人であるのは
意外と知られていない事実である。

押し売りさんのおかげで
珍しく剛田家の内部が見られました。
右側が居間で左側が店でしょうか。
階段が妙に急でくねって見えますが、
戦後~でこんな作りのお店件自宅を知っているのでこんなもんかなぁと。

ジャイアンの
「このボロ屋をきれいに建て直してくれればもっとよかったのに!」
に家はショックを受け激怒。
2階からジャイアンを追い出します。
ジャイアンはみごとに頭から落下。
この家も脳みそはしっかり剛田家でした。
母ちゃんが強いから家は男性なのかも

家が入れてくれないから
「オマエの家を貸せ!」
凄い理論です。
「泊めろ」じゃなく「貸せ」ですからね。
もとの住人は出て行けとの勢い…
と言うか「主権をよこせ」ですよねこれは。

言うまでもなくみんな拒否。
静香なんてカットイン風に拒否。
スネ夫も居留守で逃げますが、
声真似が凄いです。
何でも出来ますねこの人。
声優さんもキャラクターも。

行くところのないジャイアンは庭に戻ってきましたが、
かすかにスミレ似の子に笑われてしまいます。
人の庭を覗くのもどうかとは思いますが、
この日の放送で数少ない華なので許そう。
Aパートなんて金魚とタコですからね。華。

のび太はジャイアンを心配しますが、
ドラはものすごくどうでもよさそう。
すべてを見越しているのか、
ジャイアンならどこでも生きていけると思っているのか。

突然壊れる雨どい。
ブツブツ言いながら治すジャイアン。
ホームコメディの香りがしてきました。文字通りの。

ここでのガラスに映った姿ジャイアンのがとてもよろしい。
家の「ワルイヤツジャナインダ」
って言葉。
その通りに取れば直してくれているのを見て、
「ああ悪い奴じゃないんだな」って感想なのですが、
冒頭でのびしずに向けて、
「ワルイヤツジャナインダ」と言っております。

つまりそれは家にとって解り切っている事。
これはそう思った、若しくは再認識というより、
解っていた事を自らに言い聞かせていると解釈したほうが良いかもです。
読み上げるセリフでは無いゆえに、
逆に読み取れることが多くなる。
これが文字の醍醐味なのです。
もっと活字に親しみなさい。

特にドラの原作はもっと読まれるべき。

突然の大洪水で目を覚ましたジャイアン、
その目にとまったのは彼を守る引戸の姿。
慌てて家に入りますがまたもや壊れてしまう雨どい…
いい話にするのはどうかと思いつつ毎回反応してしまう弱さよ

「マタホウリダスゾ」
「悪かったな
オレずっとオマエに守られてきたんだな」
このぶっきらぼうなやりとりが何とも。
まさか家×ジャイアンが観られるとは思いませんでした。
長生きはするものですなぁ。

と、終盤アレンジがかかったのですが、
そこまでは原作通りなので気になる人は
切断すれば問題なしとの良くできたパターン。
中間部分を伸ばすのが難しい話なので良い手法だったと思います。

ドラドラニュースとして来年の映画予告が!
リルルが豪華ゲストでない事を祈りますが、
ここ数作から判断するとリルルミクロスは大丈夫そう?
でも他に大きなキャラのいないお話だからなぁ。
まさか豪華ゲストをやられ役のロボにはしないだろうし。
ハカセ、ゴキブリ、アムとイム、ザンダクロスくらいまでで
なんとかしてくだちい。

そう言えば岡田さんのコミカライズ、
新開拓史はいつ発売なんでしょうか?
関連記事


追記を閉じる▲


時計の針が見えない事から、
現在時間は10時~2時と言った所でしょうか。
食事描写がないことから、
休日の昼~ですね。
商店街の旅行が休日にあるとみるとちょっと疑問ですが。

「ウチノタケシガ メイワクヲカケテ スマナイ
ワルイヤツジャナインダ ユルシテヤッテクレ」
意外にも人のできた家ですが、
剛田家の人々はジャイアン以外とてもまともな人であるのは
意外と知られていない事実である。

押し売りさんのおかげで
珍しく剛田家の内部が見られました。
右側が居間で左側が店でしょうか。
階段が妙に急でくねって見えますが、
戦後~でこんな作りのお店件自宅を知っているのでこんなもんかなぁと。

ジャイアンの
「このボロ屋をきれいに建て直してくれればもっとよかったのに!」
に家はショックを受け激怒。
2階からジャイアンを追い出します。
ジャイアンはみごとに頭から落下。
この家も脳みそはしっかり剛田家でした。
母ちゃんが強いから家は男性なのかも

家が入れてくれないから
「オマエの家を貸せ!」
凄い理論です。
「泊めろ」じゃなく「貸せ」ですからね。
もとの住人は出て行けとの勢い…
と言うか「主権をよこせ」ですよねこれは。

言うまでもなくみんな拒否。
静香なんてカットイン風に拒否。
スネ夫も居留守で逃げますが、
声真似が凄いです。
何でも出来ますねこの人。
声優さんもキャラクターも。

行くところのないジャイアンは庭に戻ってきましたが、
かすかにスミレ似の子に笑われてしまいます。
人の庭を覗くのもどうかとは思いますが、
この日の放送で数少ない華なので許そう。
Aパートなんて金魚とタコですからね。華。

のび太はジャイアンを心配しますが、
ドラはものすごくどうでもよさそう。
すべてを見越しているのか、
ジャイアンならどこでも生きていけると思っているのか。

突然壊れる雨どい。
ブツブツ言いながら治すジャイアン。
ホームコメディの香りがしてきました。文字通りの。

ここでのガラスに映った姿ジャイアンのがとてもよろしい。
家の「ワルイヤツジャナインダ」
って言葉。
その通りに取れば直してくれているのを見て、
「ああ悪い奴じゃないんだな」って感想なのですが、
冒頭でのびしずに向けて、
「ワルイヤツジャナインダ」と言っております。

つまりそれは家にとって解り切っている事。
これはそう思った、若しくは再認識というより、
解っていた事を自らに言い聞かせていると解釈したほうが良いかもです。
読み上げるセリフでは無いゆえに、
逆に読み取れることが多くなる。
これが文字の醍醐味なのです。
もっと活字に親しみなさい。

特にドラの原作はもっと読まれるべき。

突然の大洪水で目を覚ましたジャイアン、
その目にとまったのは彼を守る引戸の姿。
慌てて家に入りますがまたもや壊れてしまう雨どい…
いい話にするのはどうかと思いつつ毎回反応してしまう弱さよ

「マタホウリダスゾ」
「悪かったな
オレずっとオマエに守られてきたんだな」
このぶっきらぼうなやりとりが何とも。
まさか家×ジャイアンが観られるとは思いませんでした。
長生きはするものですなぁ。

と、終盤アレンジがかかったのですが、
そこまでは原作通りなので気になる人は
切断すれば問題なしとの良くできたパターン。
中間部分を伸ばすのが難しい話なので良い手法だったと思います。

ドラドラニュースとして来年の映画予告が!
リルルが豪華ゲストでない事を祈りますが、
ここ数作から判断するとリルルミクロスは大丈夫そう?
でも他に大きなキャラのいないお話だからなぁ。
まさか豪華ゲストをやられ役のロボにはしないだろうし。
ハカセ、ゴキブリ、アムとイム、ザンダクロスくらいまでで
なんとかしてくだちい。

そう言えば岡田さんのコミカライズ、
新開拓史はいつ発売なんでしょうか?
関連記事

【2010/07/16 18:58】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック