生きているロボットをこよなく愛す
「体の皮をはぐ話」

ジャイアンの絵を見てスネ夫は、
「国宝級の傑作だ!」とおだて上げます。
ちょっと無理がある様な気がしますが気にしない。
しかしこの絵を褒められてその気になるジャイアンも客観性に欠けますね。
歌についてもスネ夫が昔余計なことを言ったが故の結果ではないでしょうか。
事例はいくらでもあるし。

流されてその気になったジャイアンは、
静香をモデルを使って本格的に描こうと企みますが、
Fでモデルと言えばアレだから…かどうかは知りませんが、
静香は拒否。
可哀想なのでのび太が代わりに-
代わりになるものなのか。

動いただのなんだのでのび太はいっぱい殴られました。
しかしタヌキさん、
お医者さんカバン出しときながらピンセットで消毒薬ですか。
愛がいっぱい詰まってますね。

ここでダッピ灯を出す時のドラの目が怖い。
一見あまり使い道がないオモチャアイテムですが、
この使い方をメーカーに売り込めば一攫千金!
とホクホク気分に違いない。

いろんな所に喧嘩売りまくりの一本。しかしギャグってそんなもの。

ぬけがらでジャイアンのモデルをしたが、
動かなくても上手く描けない→しかし腕が悪いわけじゃない!
と固く信じるジャイアンに殴られて脱ぎながら漂っていくのび太。
この見事な遊泳は人魚大海戦に合わせるべきだった!(オイ)

「オレがこの手で皮をはいでやる!」
タイトルもそうだけどこのセリフがそのまま使えるとはー
しかし一歩引いて見ると実は別に危なくなさげ。
世の中に毒されすぎかも。

怒り狂ったジャイアンから逃げるため、
スネ夫もぬけがらを作成します。
えのぐでかいたはずなんですが、
靴やズボンが立体になっているのはどういう事?
絵の具で描くってのがさりげなく画家の伏線回収で、
更にオチにつながって行きますね。

木の上にスネ夫(のぬけがら)がいるのを見かけたジャイアン。
すぐさま「今すぐオレの皮も作れ」
「の?」と思いましたがのび太の皮があってジャイアンの皮があるから
別におかしくありませんでした。

かなりむちゃくちゃな結果になったなぁ

オチも完璧で綺麗に絵の具が流れ落ち、
(皮に立体で綺麗に塗れて、雨で完全に隅々まで流れ落ちる絵の具…
これも未来の道具でしょうか。)

中に舞う全裸の皮!
隙間から見るしずかに大喜びで見るえっちゃん。
あーっ!なんて言う割にはどうでもよさそうなドラ。
心のなかでは笑い転げてそうなのび太。

えっちゃんの反応が普通すぎるので、
弟でもいるんじゃないかと推測。
そして静香はカマトトぶってますが、
以前は喜んでいたのを忘れてはいけない。

さりげなく総入れかえ
関連記事

【2010/07/23 23:14】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック