生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドクロ島の秘宝」

最初から張ってある伏線に見事に騙されるパターンでした。
余計なツッコミは全て想定内で手のひらで遊ばれていました。
もうこのアニメ信用しない。
冒頭でいきなり倒れる炎の巨人!
「やった~!大ボスを倒したぞ!」
何?ドラヤキクエスト?
大ボスってなんとも懐かしい響きですね。
「中ボス」が残っていることから昔は大ボスって呼んでたと思うんですが、
ラスボスはいつごろから定着したのでしょう。

見た目からジョブを考えますと、
ドラ→魔法使い
静香→僧侶
スネ夫→商人
ジャイアン→戦士
出木杉→賢者
かな。
のび太は…勇者かと思いきや剣士でした。
勇者の訳がないよね。のび太だし。

いきなり推定聖職者のヒロインさんが王冠装備してますがまぁいいか。
黄金の本を手に入れ喜んでいたのに、
次の場面では金貨に大歓喜の出木杉。
逆に好感が持てるしまぁいいか。

ゲームブックは古くさいから駄目なのかなと2話前で思いましたが、
あっさりなんの説明もなく登場しましたがまぁいいか。

ゲームの醍醐味であるリザルトシーンですが、
働きのなかったのび太には分け前がありませんでした。
残念ながら馬車システムは搭載されていないようです。
「いいよ、ゲームで宝物見つけたからってどうせ本物じゃないもの。」
それを言ったらおしまいだ。

「あ~あ、本物の宝探しがしてみたいな。」
などと言うのび太を皆は笑いますが、
出木杉は伝説や古文書を頼りに宝を見つけた人はいると何故か乗り気。
この子意外とマニア体質ですよね。

しかし宝の地図なんてそうそうないだろう…って流れで
ドラが取り出したのは「宝のチーズ」
これまたベタなネーミング。

食べると何処かにある本物の宝の地図が見えてくるので、
すかさず見たままベレーと自動ふでで描き写す!
なんともツークッション置いてるというか、
とてつもなく曖昧というか、
ロマン道具?

見たままベレーを使うのはイージーモードで、
自ら手で描き写すか、
頭に浮かんだ地図を元に楽しむのが本来の使い方かも知れません。

さて、絵が描ける人が3人いるのに、
あえて描き写す道具が出てきたという事は
絵が描けない人が使うからである。
つまりのび太だ。
何故わざわざのび太かと言えばチーズに問題があるからなのである。
頑張れ主人公。

熟成の進んだ大人の味の臭いチーズを
やはり満場一致で食べさせられるのび太。
チーズ大好きですがプロセスかストリングがいいです。
満場一致?
ヒロインさんはいつも通りとして、
今回出木杉が「普通の子」で嬉しい楽しい。

人数合わせで呼ばれたとか言ってはいけない

出てきた怪しげな地図(特に文字)
文面がこれまた怪しい。

我が子孫に伝える
大潮の日
島の西
天狗の鼻の右
色は間違えず
見つめ合う瞳を
くぐれそして
選べ

(謎のサイン)
百郎丸

出木杉はドクロ島だと言い当てます。
「地図帳借りるよ」とひょいと選び出しますが、
のび太くんの机の本棚には
「ことわざ辞典」「ドラ焼き大百科」「算数のとき方」
「小学生社会科地図帳」「まんがの描き方」「ドラ焼きの歴史」
地図があった事が一つの奇跡であります。
ここから先の偶然なんてもう些細な事。

って言うかなんでドラ焼き絡みが2つもあるんだよ!
この机使ってるの実はタヌキだろ。
歴史と大百科片手にタイムマシンで旅をしているに決まっています。
あれ?そうなると地図帳もその為のものかも。

地図に大きくドクロ島~
あえて書かれるほど重大な島なのでしょうか。
場所は瀬戸内海ですね。
更に百郎丸は村山水軍の頭だとのまたそれっぽい設定が。

そして今日はなんと地図に指定された大潮の日!
おおよそ月に2回ありますから1/15の確率です。
ありえない範囲じゃありません。
更に「宝のチーズ」の効果も重なっているのかも知れません。
なにも不自然さはないよ!

現地に着くと、スネ夫は2組で競争しようと言いだしました。
今回この為に出木杉がゲフンゲフン。

くじ引きでチーム別けしまして、
ジャイスネ+出木杉
のびしず+ドラ
といつものジャイスネチームに出木杉が加わった形。
のび太はくじをとても迷って引きましたが、
最初から分かり切っている組み合わせですね。

一見バランスは取れているようであります。
「チェッ、ドラえもんがそっちかよ。なんかずるくないか。」
がまさか伏線とは思いませんでした。しかも言葉通りの意味で。
そしてスネちゃまは自らの提案でブレインという個性を失ったのでした。

地図は立体コピー紙でコピーを作成して対処。
つまり普通のコピー?
これは地図そのものにあぶり出しなどの仕掛けがあるのか?
と思ったけどそんな事はありませんでした。
水につかって偶然浮き出るとかあっても面白かったかも。

さてのび太チーム、
第一島人に天狗の鼻、百郎丸の宝について聞きますが、
なんにも知らんと明らかに知っている怪しい態度。
更にこの島がドクロ島と呼ばれる理由は、
落ち武者のガイコツが島中に埋まっているからだと…

って実はあまりめずらしい事じゃないですよね(オイ)

その頃出木杉チームは「天狗の鼻」を発見。
大潮は海の満ち引きが一番大きい日で、
その日にしか現れない入口があるだろうと。
つまり潮が引いた時にのみ見える入り口が…と論理的に洞窟を発見。
入り口が2つありましたが、天狗の鼻の下だからーと右側を選択。

一方バカ…のび太たちは上からのぞき込み偶然入口を発見するも、
上から見た右、出木杉の示す左側の方を目指します。
どうにも怪しい滑り台を抜けてご入場。
これが天然物だったらすり切れてボロボロです。
いやそれはそれで見てみたかった気もしますが。

一方そのころ出木杉たちはこれまたとても怪しいフォントに遭遇。
村山水軍でこの字はないだろう。
この字はないだろう。

スネ夫「『なんだこりゃ』まで取られたヘラポッポ! 」

スネ夫は「どことなく危険なニオイが…」と
哀れもうマスコットキャラ程度の役割しか貰えません。
「色は間違えず」で
白か黒か1/2!と黒を踏むと矢が飛び出して来ました。
ならば白…でもやはり駄目。

ここで出木杉は色はじゃなくてイロハと解釈しました。
スラスラと暗唱し難なくクリア。

一方、入り口を間違ったタヌキチームは行き止まりに出くわしました。
しかしのび太が蹴った石の叛鏡から、
ドラは隣に洞窟があると判断。
こちらも中々知的だぞ!と思ったのもつかの間、
通り抜けフープで隣の洞窟に入るという暴挙!
「なんかずるくないか?」が
物理的インチキを指すとは夢にも思いませんでした。

足跡を見て出木杉たちは先に行っていると判断しましたが、
やはり「色は」で引っかかってしまいました。
あれ?この矢吸盤だぞ?なんかおかしいぞ?

一度手を染めたら人は戻れぬのです。
ドラは人間機関車セットを取り出しました。
「勢いで通り抜けよう!しずかちゃーん!」
「はーい」
は-いじゃないぞそこのヒロイン。
「先行して出木杉が謎を解く」為にこの子も役立たずに…

矢だけじゃなくてヤリも出てきましたが、
これもきっとゴム製だと思います。
それでも痛いかも知れないけど、
奥まで来て解けてない人の事なんて知った事じゃないでしょう。

そのまま勢いで出木杉を追い越しましたが天罰覿面!
落とし穴に落ちてしまいました。
下にはしっかり青々とした草が引いてありますね。
戦国時代の宝なのにおかしいですね。

その間に出木杉たちは怪しい地蔵地帯をくぐりぬけ、
「見つめ合う瞳」に辿り着きました。
それにしてもなんて白けた目でしょう。

ジャイアンは本当に見つめ合いますが反応はありません。
すかさず出木杉は中心部に境目を発見、
見つめ合う瞳は扉であると見抜き、
男前力持ちバカ力のジャイアンがギギギと扉をこじ開けます。
スネ夫は哀れおだて役…
左右に開け放った扉は「見つめ合う瞳」となりました。

その先の「そして選べ」はどうやらノーヒント。
スネちゃまは「どっちも嫌って感じだね」と
これから起こる事を動物的感で見越したようですが、
背後からインチキ集団の声が。
「とにかく行くぞ!」と最後はジャイアンの感で動きました。

ドラは「神様の言う通り」で偶然にも同じ道を選択…
しかし未来のロボットの誇りかその逆方向に決めました。
でもキーは「そして選べ」だから、
ドラの解き方は案外合ってたかも。

知力体力時の運がないドラチームは結局ハズレを引き当て、
また愉快な滑り台で落下!
なぜかカニが大量に…ヒロインさんカニまみれ。
この海洋生物がワシャワシャいるってのは洞窟探検ものの定番です。
潮が満ちてくる伏線にほかならない!

コウモリの位置を綿密に調整

しかし結局なんと同じ場所に行き着きました。
出木杉は落ちてくる静香を華麗にキャッチ。
のび太は悔しがりますが今日はみんな出木杉の引き立て役だから諦めろ。

素晴らしい鍾乳洞、そして百の文字の下に現れたガイコツ!
ガイコツが形になってるのはありえません。
ましては矢を握ったガイコツなんて…
また怪しいポイントが。

ドラは「額に汗してこそお宝発見の喜びもひとしお!」と、
「普通のスコップ」を取り出します。
百郎丸と思われるガイコツの下をひたすら掘っていくとついに宝箱を発見。
地図のわりに一個ではしょぼくないですか?
どんなに引っ張っても空きませんでしたが、
のび太がうっかり横から押すと空きました。
そのネタは前やったぞ!

しかし宝箱の中身はカラ。
絶望した所で出木杉はある事に気が付きます。
潮が引いた時に出る洞窟という事は、
潮が満ちたら出られなくなるのでは…と。

次の大潮まで閉じ込められるのならばまだしも、
洞窟が水没してしまう可能性もあります。
カニはいるし砂は溜まってるし、
条件は十分満たしています。

急いで脱出を計りますが、
もう既に入り口には水が!
しかものび太は泳げないのです!!
万事休す!
しかし今なら足が付く。
のび太よ勇気を奮い起こせ!

地図の文面は本物でしょうか

通り抜けフープとどこでもドア今回使ってるよね(言うな)
空を自由に飛ぶ道具もあるよね。

そんな中現れたのが冒頭のじいさん。
さてはこいつが20面相で止めを刺しに来たんだな!
(20面相はそんなことしない。そもそも「大金塊」には20面相出てこない。)
しかしじいさんは一言「楽しかったかい」

百朗丸の宝はとっくに先祖が掘り出したとの事。
となるとじいさんは百朗丸の子孫…と言う訳でもありませんね。
掘り出した宝物で田んぼを作ったそうです。
ではあの怪しい仕掛けは…

やはりレジャーランドかぁ。
フォントで突っ込んでいろはで突っ込んで、
吸盤でえーと思いましたが、
やっぱりそんなオチですか。そうですか。
でも楽しかったならよしとしましょう。

時間と日にちで入り口が水没してしまうのはちょっとどうかと思いますが、
きっと別の入口を作ってあったり、
期間限定をウリにするのでしょう。
お祭りだって数日限定です。

めでたしめでたし。


さてここで暗号解析のお時間。
もう一度読みなおしてみましょう。

我が子孫に伝える
大潮の日
島の西
天狗の鼻の右
色は間違えず
見つめ合う瞳を
くぐれそして
選べ

不自然な改行が目立ちます。
これを紐解くカギは作中に示されています。
全く関係なかったと「百朗丸」「ドクロ島」
これは、「百六零」「十九六四」と数字に置き換える事が出来ます。
ケタ数が3である百に従って3ケタに直しましょう。

100
006
000
010
009
006
004

これを暗号から拾いましょう。
一行目の「100」は一行目の1文字目から1番目で「我」
二行目の「006」は二行目の3文字目から6番目で「天」…
「我天 狗うくて」
間の「000」がポイントで、
天狗ではなく「天」と「狗」です。
狗はワンワンのことで間違いありません。
置き換えます。

「我天 犬憂くて」
→「私は天である。犬のことが心配だ」
天は神と同意義でしょう。つまり制作者。
→「スタッフだけど犬が心配」
つまりこれはさかんに宣伝を繰り返している、
誕生日SPのイヌえもん(現在)の末路を示していたのです!
って事でどうですか(何が)
関連記事


追記を閉じる▲
冒頭でいきなり倒れる炎の巨人!
「やった~!大ボスを倒したぞ!」
何?ドラヤキクエスト?
大ボスってなんとも懐かしい響きですね。
「中ボス」が残っていることから昔は大ボスって呼んでたと思うんですが、
ラスボスはいつごろから定着したのでしょう。

見た目からジョブを考えますと、
ドラ→魔法使い
静香→僧侶
スネ夫→商人
ジャイアン→戦士
出木杉→賢者
かな。
のび太は…勇者かと思いきや剣士でした。
勇者の訳がないよね。のび太だし。

いきなり推定聖職者のヒロインさんが王冠装備してますがまぁいいか。
黄金の本を手に入れ喜んでいたのに、
次の場面では金貨に大歓喜の出木杉。
逆に好感が持てるしまぁいいか。

ゲームブックは古くさいから駄目なのかなと2話前で思いましたが、
あっさりなんの説明もなく登場しましたがまぁいいか。

ゲームの醍醐味であるリザルトシーンですが、
働きのなかったのび太には分け前がありませんでした。
残念ながら馬車システムは搭載されていないようです。
「いいよ、ゲームで宝物見つけたからってどうせ本物じゃないもの。」
それを言ったらおしまいだ。

「あ~あ、本物の宝探しがしてみたいな。」
などと言うのび太を皆は笑いますが、
出木杉は伝説や古文書を頼りに宝を見つけた人はいると何故か乗り気。
この子意外とマニア体質ですよね。

しかし宝の地図なんてそうそうないだろう…って流れで
ドラが取り出したのは「宝のチーズ」
これまたベタなネーミング。

食べると何処かにある本物の宝の地図が見えてくるので、
すかさず見たままベレーと自動ふでで描き写す!
なんともツークッション置いてるというか、
とてつもなく曖昧というか、
ロマン道具?

見たままベレーを使うのはイージーモードで、
自ら手で描き写すか、
頭に浮かんだ地図を元に楽しむのが本来の使い方かも知れません。

さて、絵が描ける人が3人いるのに、
あえて描き写す道具が出てきたという事は
絵が描けない人が使うからである。
つまりのび太だ。
何故わざわざのび太かと言えばチーズに問題があるからなのである。
頑張れ主人公。

熟成の進んだ大人の味の臭いチーズを
やはり満場一致で食べさせられるのび太。
チーズ大好きですがプロセスかストリングがいいです。
満場一致?
ヒロインさんはいつも通りとして、
今回出木杉が「普通の子」で嬉しい楽しい。

人数合わせで呼ばれたとか言ってはいけない

出てきた怪しげな地図(特に文字)
文面がこれまた怪しい。

我が子孫に伝える
大潮の日
島の西
天狗の鼻の右
色は間違えず
見つめ合う瞳を
くぐれそして
選べ

(謎のサイン)
百郎丸

出木杉はドクロ島だと言い当てます。
「地図帳借りるよ」とひょいと選び出しますが、
のび太くんの机の本棚には
「ことわざ辞典」「ドラ焼き大百科」「算数のとき方」
「小学生社会科地図帳」「まんがの描き方」「ドラ焼きの歴史」
地図があった事が一つの奇跡であります。
ここから先の偶然なんてもう些細な事。

って言うかなんでドラ焼き絡みが2つもあるんだよ!
この机使ってるの実はタヌキだろ。
歴史と大百科片手にタイムマシンで旅をしているに決まっています。
あれ?そうなると地図帳もその為のものかも。

地図に大きくドクロ島~
あえて書かれるほど重大な島なのでしょうか。
場所は瀬戸内海ですね。
更に百郎丸は村山水軍の頭だとのまたそれっぽい設定が。

そして今日はなんと地図に指定された大潮の日!
おおよそ月に2回ありますから1/15の確率です。
ありえない範囲じゃありません。
更に「宝のチーズ」の効果も重なっているのかも知れません。
なにも不自然さはないよ!

現地に着くと、スネ夫は2組で競争しようと言いだしました。
今回この為に出木杉がゲフンゲフン。

くじ引きでチーム別けしまして、
ジャイスネ+出木杉
のびしず+ドラ
といつものジャイスネチームに出木杉が加わった形。
のび太はくじをとても迷って引きましたが、
最初から分かり切っている組み合わせですね。

一見バランスは取れているようであります。
「チェッ、ドラえもんがそっちかよ。なんかずるくないか。」
がまさか伏線とは思いませんでした。しかも言葉通りの意味で。
そしてスネちゃまは自らの提案でブレインという個性を失ったのでした。

地図は立体コピー紙でコピーを作成して対処。
つまり普通のコピー?
これは地図そのものにあぶり出しなどの仕掛けがあるのか?
と思ったけどそんな事はありませんでした。
水につかって偶然浮き出るとかあっても面白かったかも。

さてのび太チーム、
第一島人に天狗の鼻、百郎丸の宝について聞きますが、
なんにも知らんと明らかに知っている怪しい態度。
更にこの島がドクロ島と呼ばれる理由は、
落ち武者のガイコツが島中に埋まっているからだと…

って実はあまりめずらしい事じゃないですよね(オイ)

その頃出木杉チームは「天狗の鼻」を発見。
大潮は海の満ち引きが一番大きい日で、
その日にしか現れない入口があるだろうと。
つまり潮が引いた時にのみ見える入り口が…と論理的に洞窟を発見。
入り口が2つありましたが、天狗の鼻の下だからーと右側を選択。

一方バカ…のび太たちは上からのぞき込み偶然入口を発見するも、
上から見た右、出木杉の示す左側の方を目指します。
どうにも怪しい滑り台を抜けてご入場。
これが天然物だったらすり切れてボロボロです。
いやそれはそれで見てみたかった気もしますが。

一方そのころ出木杉たちはこれまたとても怪しいフォントに遭遇。
村山水軍でこの字はないだろう。
この字はないだろう。

スネ夫「『なんだこりゃ』まで取られたヘラポッポ! 」

スネ夫は「どことなく危険なニオイが…」と
哀れもうマスコットキャラ程度の役割しか貰えません。
「色は間違えず」で
白か黒か1/2!と黒を踏むと矢が飛び出して来ました。
ならば白…でもやはり駄目。

ここで出木杉は色はじゃなくてイロハと解釈しました。
スラスラと暗唱し難なくクリア。

一方、入り口を間違ったタヌキチームは行き止まりに出くわしました。
しかしのび太が蹴った石の叛鏡から、
ドラは隣に洞窟があると判断。
こちらも中々知的だぞ!と思ったのもつかの間、
通り抜けフープで隣の洞窟に入るという暴挙!
「なんかずるくないか?」が
物理的インチキを指すとは夢にも思いませんでした。

足跡を見て出木杉たちは先に行っていると判断しましたが、
やはり「色は」で引っかかってしまいました。
あれ?この矢吸盤だぞ?なんかおかしいぞ?

一度手を染めたら人は戻れぬのです。
ドラは人間機関車セットを取り出しました。
「勢いで通り抜けよう!しずかちゃーん!」
「はーい」
は-いじゃないぞそこのヒロイン。
「先行して出木杉が謎を解く」為にこの子も役立たずに…

矢だけじゃなくてヤリも出てきましたが、
これもきっとゴム製だと思います。
それでも痛いかも知れないけど、
奥まで来て解けてない人の事なんて知った事じゃないでしょう。

そのまま勢いで出木杉を追い越しましたが天罰覿面!
落とし穴に落ちてしまいました。
下にはしっかり青々とした草が引いてありますね。
戦国時代の宝なのにおかしいですね。

その間に出木杉たちは怪しい地蔵地帯をくぐりぬけ、
「見つめ合う瞳」に辿り着きました。
それにしてもなんて白けた目でしょう。

ジャイアンは本当に見つめ合いますが反応はありません。
すかさず出木杉は中心部に境目を発見、
見つめ合う瞳は扉であると見抜き、
男前力持ちバカ力のジャイアンがギギギと扉をこじ開けます。
スネ夫は哀れおだて役…
左右に開け放った扉は「見つめ合う瞳」となりました。

その先の「そして選べ」はどうやらノーヒント。
スネちゃまは「どっちも嫌って感じだね」と
これから起こる事を動物的感で見越したようですが、
背後からインチキ集団の声が。
「とにかく行くぞ!」と最後はジャイアンの感で動きました。

ドラは「神様の言う通り」で偶然にも同じ道を選択…
しかし未来のロボットの誇りかその逆方向に決めました。
でもキーは「そして選べ」だから、
ドラの解き方は案外合ってたかも。

知力体力時の運がないドラチームは結局ハズレを引き当て、
また愉快な滑り台で落下!
なぜかカニが大量に…ヒロインさんカニまみれ。
この海洋生物がワシャワシャいるってのは洞窟探検ものの定番です。
潮が満ちてくる伏線にほかならない!

コウモリの位置を綿密に調整

しかし結局なんと同じ場所に行き着きました。
出木杉は落ちてくる静香を華麗にキャッチ。
のび太は悔しがりますが今日はみんな出木杉の引き立て役だから諦めろ。

素晴らしい鍾乳洞、そして百の文字の下に現れたガイコツ!
ガイコツが形になってるのはありえません。
ましては矢を握ったガイコツなんて…
また怪しいポイントが。

ドラは「額に汗してこそお宝発見の喜びもひとしお!」と、
「普通のスコップ」を取り出します。
百郎丸と思われるガイコツの下をひたすら掘っていくとついに宝箱を発見。
地図のわりに一個ではしょぼくないですか?
どんなに引っ張っても空きませんでしたが、
のび太がうっかり横から押すと空きました。
そのネタは前やったぞ!

しかし宝箱の中身はカラ。
絶望した所で出木杉はある事に気が付きます。
潮が引いた時に出る洞窟という事は、
潮が満ちたら出られなくなるのでは…と。

次の大潮まで閉じ込められるのならばまだしも、
洞窟が水没してしまう可能性もあります。
カニはいるし砂は溜まってるし、
条件は十分満たしています。

急いで脱出を計りますが、
もう既に入り口には水が!
しかものび太は泳げないのです!!
万事休す!
しかし今なら足が付く。
のび太よ勇気を奮い起こせ!

地図の文面は本物でしょうか

通り抜けフープとどこでもドア今回使ってるよね(言うな)
空を自由に飛ぶ道具もあるよね。

そんな中現れたのが冒頭のじいさん。
さてはこいつが20面相で止めを刺しに来たんだな!
(20面相はそんなことしない。そもそも「大金塊」には20面相出てこない。)
しかしじいさんは一言「楽しかったかい」

百朗丸の宝はとっくに先祖が掘り出したとの事。
となるとじいさんは百朗丸の子孫…と言う訳でもありませんね。
掘り出した宝物で田んぼを作ったそうです。
ではあの怪しい仕掛けは…

やはりレジャーランドかぁ。
フォントで突っ込んでいろはで突っ込んで、
吸盤でえーと思いましたが、
やっぱりそんなオチですか。そうですか。
でも楽しかったならよしとしましょう。

時間と日にちで入り口が水没してしまうのはちょっとどうかと思いますが、
きっと別の入口を作ってあったり、
期間限定をウリにするのでしょう。
お祭りだって数日限定です。

めでたしめでたし。


さてここで暗号解析のお時間。
もう一度読みなおしてみましょう。

我が子孫に伝える
大潮の日
島の西
天狗の鼻の右
色は間違えず
見つめ合う瞳を
くぐれそして
選べ

不自然な改行が目立ちます。
これを紐解くカギは作中に示されています。
全く関係なかったと「百朗丸」「ドクロ島」
これは、「百六零」「十九六四」と数字に置き換える事が出来ます。
ケタ数が3である百に従って3ケタに直しましょう。

100
006
000
010
009
006
004

これを暗号から拾いましょう。
一行目の「100」は一行目の1文字目から1番目で「我」
二行目の「006」は二行目の3文字目から6番目で「天」…
「我天 狗うくて」
間の「000」がポイントで、
天狗ではなく「天」と「狗」です。
狗はワンワンのことで間違いありません。
置き換えます。

「我天 犬憂くて」
→「私は天である。犬のことが心配だ」
天は神と同意義でしょう。つまり制作者。
→「スタッフだけど犬が心配」
つまりこれはさかんに宣伝を繰り返している、
誕生日SPのイヌえもん(現在)の末路を示していたのです!
って事でどうですか(何が)
関連記事

【2010/08/24 07:20】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。