生きているロボットをこよなく愛す
おめでとう!
ありがとう!

この1月は電車やバスで時間を持て余し、
その分小説とか読んでました。
サキ短編集すごく面白かった。皮肉めいて意地悪で。

この辺りのいわゆる文学に当たったりするのが好きです。
文学と言っても要は生き残った大衆小説であります。
何が好きかってパソコンもテレビもない世界。
場合によっては電話やラジオもレア。
情報伝達の手段は限られ、
夜は暗闇が支配する世界。

今から見るとインチキなくらいに制約の嵐ですよ。
孤島だの雪にうもれたペンションだのを設置しなくても、
日常にそのままミステリーが設置されるのですよ。
当然現代でありえない設定だから逆にそこがまた面白い。
一種のファンタジーですね。


全集はとりあえずオバQを読了。
F筆のよっちゃんはとてもいい。
何と言うかよしこさんじゃなくてようz(略)
突き詰めるとこの時期のF絵が好き。
Fの幼年物が好き。

つまり次回配本がとてつもなく楽しみ。

ハガキ/週報
ドラ 333/315、335/313
Q 189/203、175/189
エモン 237/261、239/261

ちゃんとポストカードも貰えました!
1セットしかなかったけどね!
もう疲れたからこの件はいいけど
Fヴォイス1つしかくれなかったら嫌だなぁ。
小学館に予約数確認しておかないと。
関連記事


追記を閉じる▲
ハガキ/週報
ドラ 333/315、335/313
Q 189/203、175/189
エモン 237/261、239/261

ちゃんとポストカードも貰えました!
1セットしかなかったけどね!
もう疲れたからこの件はいいけど
Fヴォイス1つしかくれなかったら嫌だなぁ。
小学館に予約数確認しておかないと。
関連記事

【2010/08/26 22:34】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック