生きているロボットをこよなく愛す
最近買ったもの~でお茶を濁そうと思っていたら、
捨てる前に撮った写真を見つけたので投下。
今や「フィルムが高いんだから」的な
ドラえもんのパチリンカメラ(DX)です。
イラストが結構初期でなつかしい…
と思うほどの記憶はなく単に変な絵だと思ってました。

実際に取れるカメラで、
ドラのフィルターを付けて撮れば写真にドラが写り込む仕組み。
DXの根拠は写真立て(といって良いやら…のプラ板)とケースが付属。
あとフラッシュが内蔵された事です。

ただノーマルの方がケースがない分
キャラクターが大きく出ていていいなぁと思ってました。
オバQバージョンが欲しかったです。

で、そのケースが年劣化で物凄くベタつきまして…
洗剤で洗ってみたのですが全く効果なし。
他のものへの浸食を恐れて処分しました。
カメラやスタンドは残してますがもうフィルムが手に入らないでしょうね。


最近買ったもの
流浪の宿無しだから城ごと移動するのかと
食玩劉備城。
プラモかと思っていたら組み立て済みでちょっとびっくり。
あと大きさと持て余しぶりにもびっくり。
写真では「前へならえ」しかなかったので固定かと思っていたのですが、
実際には腕を下ろす事が出来ました。
それにしても集めるのにおよそ2000円かかるのは、
対象がどっち向きなのだろうと考えてしまいます。
単体でも基地っぽいものにはなりますが、
生首だったり腕だったりすることには代わりありませんし。

ティラノはやっぱりゴジラがいい
ほねほねザウルスDXコンプ。
左の小さいのが通常ラインです。
可動部が増えたおかげでティラノが今時の水平姿勢とは別に、
ゴジラ体系も取れるのには感動しました。
間違っていようがなんだろうが、
迫力があって馴染みがあるのはこっちなのです。

ボーナスパーツで完成するドラゴンも、
長々しい身体を折りたたむことで馴染みのあるドラゴンに。
伸ばしてたらとても飾れないので嬉しいギミックでした。

ありがとう再販
D-スタイルのイングラム(再販)とグリフォン組みました。
白と黒なので写真のバランスが難しい…

サイズはほぼBBと同じですね。
値段は2~3倍ですけど。
対象年齢高い分尖っててチクチクします。
それはいいのですが折ってしまわないか心配。

一部塗装、タンポ印刷済みで組むだけでほぼ完成なのは嬉しいです。
BBに慣れすぎていたのか作るのに戸惑うことしばしば。
アンダーゲート処理しないといけなかったり、
丸ポリを先に入れないといけなかったり…
その分組む楽しみを久々に味わった気分。
ただ組んだだけでこれだけ楽しかったのだから、
真面目に作ったらもっと楽しいのだろうなぁ。

複数買って最低でも1つは組んでいますが、
せめて色は塗ろうと。
関連記事

【2010/11/10 07:41】 | おもちゃ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック