生きているロボットをこよなく愛す
F全集は既読作品を改めて読む機会にもなって意外な発見があります。
いや30巻辺りって何度も読んでいるものが多く、
改めて本を手に取る事が少ないもので…

「改造チョコQ」
分解のシーンでゼンマイの構造がおかしいですね。
のび太がバラしすぎらのかもしれませんが、
ギアの中心にシャフトが通ってないと、
物凄く複雑な構造になりそう。

「真夜中の怪電話」
「いたずら電話なんてひきょうできたなくて最低の犯罪だよ」
「きっと根の暗いいや~なやつがやってんだ」
このセリフの仕掛けに今更気が付きました(笑)

「ジャイアンへのホットなレター」
これは何度読んでも面白すぎ。
ファンレターが13通なのももう何とも言えませんが、
ヒロインさんが何を書いたのかとか。

最小サイズでパネル出すのはオチへの前フリなのですね。



で、一番衝撃的だったのは


まさかいたとは…
この子原作キャラだったのかよ!
よくある顔でちょっとアレンジしたのかと思ってましたが、
そっくりそのままいるじゃないか!
恐れ入りました
犬もちゃんと再現されてます。
特筆すべきはこのシーンが、
この原作とは全く無関係なお話であると言う事です。

新ドラはあちこちに面白い仕掛けがあるのですが、
その事について全く語らない精神には恐れ入ります。
F作品の小ネタもそんな感じですので、
そんな所にも精神を感じて好きなのです。

復刻無理か(笑)
これとか…
って全く関係ないSF作品の挿絵だから、
仕掛けと言うよりむしろイタズラに近いかなぁ。
国会図書館のは表紙カバー欠品だったので、
このカット類も全集に入れてくれたら歓喜しますがはてさて。
関連記事

【2010/12/04 07:32】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック