生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いっきりアナログな塗り絵を発見。
中々見つからなかったバックタイプもありました。

念願叶いました

無事捕獲ー
形からバック状の物で中にA4サイズの塗り絵が入ってると思ってたんです。
南海大冒険/帰ってきたドラえもんの塗り絵はそうだったんです。
定価150円で気付くべきでした。
変形A5サイズ(?)で通常の物の半分サイズで、
ページ数も16ページで通常の半分です。
ちょっと割高かも。
更にB5塗り絵が100円ショップに置かれているのを考えると…

出木杉は不在。パパママも不在。様率高し
気を取り直して中身。
最初の6枚はメインキャラです、
人間4人は設定画から取ってまして、
貴重な資料ではありますがちょっと代わり映えがしないかも。

ドラカプッチョなどロッテ製品でよく見る図案のイラストもチラホラ。
これは多分設定画じゃないと思うのですが、
どこが初出なのかは解りかねます。
間違い探し的な

完全に同一のイラストはありません。一応。
とここまで見るとコストパフォーマンス低いように思えますが、
が、
涙のSingle Rain
パパママ先生出木杉本屋の親父を差し置いて、
マイクとキャメロンがいたりする所がこのシリーズらしさ。
しかも書き込みが細かい!
これに加えミチビキエンゼル、アタールガン装備のドラミ様と、
若干黄色の方がネタ度高めでしょうか。

青は青で木こりの泉(女神)、タイムライトと負けてませんが。
そもそもここ見ているような奇特な人は
見つけたら両方即買いでしょうから関係ないですね。

塗り絵は次が中々出ていないのですが、
すごろくふくわらいと言う新作グッズもあるようです。
またネタ度が高そうな気がしますがこれまた見かけないのです。
関連記事

【2011/01/05 23:50】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。