生きているロボットをこよなく愛す
前売りもうちょっと買っておけば良かった。

以下ややネタバレ感想


若干加筆修正。ついでに一つ下の記事の誤字脱字も修正。
流れは概ね原作通りですが、
ミクロスは出てくるものの役割としてはリストラ。
しかしその鬱憤を晴らすべくEDではやたら目立ってくれました。
でもテレビ放送ではカット必至なので、
それまでに涙を流す装置を付けてもらってね。

ピッポが役を取ったと言うより、
原作のジュド脳改造から交流をもって仲間にしたのと同様、
ドラの力で命を与えてしまうのは
映画の趣旨に添ってないと判断されたのではないかと。

終わる頃にはあのヒヨコがとても愛おしい。
あのボーリング球を卵に見立てたのも凄いですが、
ヒヨコなのはそう言う事だったのかと。
決してザンダクロスの口が
アヒルっぽくなったからではなかったのです。
あ、例によって予告編のみのシーンがありましたね。

予告でピッポの「撃たないで」を聞いた時は
まさか[いくじなし]が無くなるのかと危惧しましたが…
押さえる所はきっちりです。

そしてきっちりオシシは登場.
いつまであのシーンループしてるのフニャコ先生。
関係ないけど桃鉄のパッケっぽいのも出てきました。
コラボするのかしら。ハドソンだし。

予告で見せすぎ!と思っていましたが、
核心(革新)な変更点は上手く隠していましたね。
ミクロスが名前元ネタだけちょっと関係あると言うかないと言うか。
貴族ロボ、奴隷ロボの設定を上手く絡めてきたなと。
リルルはどっち側なんだろう。

リルルはロボットだから、
あんな事やこんな事してもセーフなんですね(オイ)
監督もキャラデザも女性だから何の問題もないですね。

地上波ではカットの対象になるんでしょうか。
DVD買わせる魂胆なんでしょうか。
いや買うのは間違いないんだけど、
折角だからフルハイビジョンで。
ドラもそろそろブルーレイに移行するべきではないだろうか。
気になる人は見に行くべし。と。

ピッポが男と主張するのはギャグだけではなく、
終盤の「男なら!」に繋がった時はもう。
ミクロスのリストラにより
男の子と女の子に綺麗に別れる展開が見事。
ミクロスは泣いていい。

泣いて良いのか笑って良いのかはドラミ様。
何しに出たの?歌いに来たの?デカルチャー?
折角千秋さんなのならもっと歌うべきと思ってたのですが、
(とすると普通のキャラソンとは行かないんでしょうが…主にギャラが)
関連性も薄いしちょっと唐突な挿入でした。

雅秋も一瞬で唐突すぎて、
ああ仕込みじゃなかったんだと。
パロを聞きつけて~ってのは本当だったのだと。

その他のゲスト声優も特に問題なし。
ロボだから棒でも問題なし。
総司令は上手かったし副指令はゴンスケだったし、
モブにチータスが混じってた気がする(ナイトガンダムもいたかも?)
のですが根本的にリルルとピッポがプロだから問題なし。

ザンダクロスと呼ぶのかジュドと呼ぶのかピッポと呼ぶべきか。
商品名はザンダクロスですが実際呼ばれる事は殆どなくなりましたね。
当人が気に入った名前が一番でしょう。

腹部レーザー砲が目からビームになったのは、
土木作業用を強調するためかな?と思いましたが、
あれはウソだったのかと。
原作では本当だったけど確かに無理がありますねあれで工業用は。
追加武装はフィギュアでは再現されてないでしょうね。
今急遽追加してるかも知れませんが。(か、WEB限定版か)

原作ベースは説明しなくても解るのですが、
(しかし子供向けとしてはどうかと思う所もいささか…)
追加設定にやや解りづらい所が。
具体的には3つの星。
SDガンダム脳には心技体のバランスなのですが…
多分歌の中にヒントがあるんでしょうが一回では解らずじまい。
ただリルルとピッポが生まれ変われた事の一つの解答ではありますね。
奇跡には違いないんですが漠然とした奇跡ではなく、
理由のある奇跡。
ピッポが男なのも一翼を担っているのでしょう。
※このリンクはダミーです。ポイントで確信に触れる感想。

そう言った設定をテレビSPでカバーしてくれたらいいのですが、
今の所予定はなさそう?
「のび太とドラ、静香しか鏡面世界に立ち入った事はない」など
基本設定はしっかりしているので次にあればいいなぁ。
DVDスペシャル版特典かも。

来年はリメイクならアレですか。
だとすると渡辺監督そろそろ出番ですよ。
関連記事


追記を閉じる▲
流れは概ね原作通りですが、
ミクロスは出てくるものの役割としてはリストラ。
しかしその鬱憤を晴らすべくEDではやたら目立ってくれました。
でもテレビ放送ではカット必至なので、
それまでに涙を流す装置を付けてもらってね。

ピッポが役を取ったと言うより、
原作のジュド脳改造から交流をもって仲間にしたのと同様、
ドラの力で命を与えてしまうのは
映画の趣旨に添ってないと判断されたのではないかと。

終わる頃にはあのヒヨコがとても愛おしい。
あのボーリング球を卵に見立てたのも凄いですが、
ヒヨコなのはそう言う事だったのかと。
決してザンダクロスの口が
アヒルっぽくなったからではなかったのです。
あ、例によって予告編のみのシーンがありましたね。

予告でピッポの「撃たないで」を聞いた時は
まさか[いくじなし]が無くなるのかと危惧しましたが…
押さえる所はきっちりです。

そしてきっちりオシシは登場.
いつまであのシーンループしてるのフニャコ先生。
関係ないけど桃鉄のパッケっぽいのも出てきました。
コラボするのかしら。ハドソンだし。

予告で見せすぎ!と思っていましたが、
核心(革新)な変更点は上手く隠していましたね。
ミクロスが名前元ネタだけちょっと関係あると言うかないと言うか。
貴族ロボ、奴隷ロボの設定を上手く絡めてきたなと。
リルルはどっち側なんだろう。

リルルはロボットだから、
あんな事やこんな事してもセーフなんですね(オイ)
監督もキャラデザも女性だから何の問題もないですね。

地上波ではカットの対象になるんでしょうか。
DVD買わせる魂胆なんでしょうか。
いや買うのは間違いないんだけど、
折角だからフルハイビジョンで。
ドラもそろそろブルーレイに移行するべきではないだろうか。
気になる人は見に行くべし。と。

ピッポが男と主張するのはギャグだけではなく、
終盤の「男なら!」に繋がった時はもう。
ミクロスのリストラにより
男の子と女の子に綺麗に別れる展開が見事。
ミクロスは泣いていい。

泣いて良いのか笑って良いのかはドラミ様。
何しに出たの?歌いに来たの?デカルチャー?
折角千秋さんなのならもっと歌うべきと思ってたのですが、
(とすると普通のキャラソンとは行かないんでしょうが…主にギャラが)
関連性も薄いしちょっと唐突な挿入でした。

雅秋も一瞬で唐突すぎて、
ああ仕込みじゃなかったんだと。
パロを聞きつけて~ってのは本当だったのだと。

その他のゲスト声優も特に問題なし。
ロボだから棒でも問題なし。
総司令は上手かったし副指令はゴンスケだったし、
モブにチータスが混じってた気がする(ナイトガンダムもいたかも?)
のですが根本的にリルルとピッポがプロだから問題なし。

ザンダクロスと呼ぶのかジュドと呼ぶのかピッポと呼ぶべきか。
商品名はザンダクロスですが実際呼ばれる事は殆どなくなりましたね。
当人が気に入った名前が一番でしょう。

腹部レーザー砲が目からビームになったのは、
土木作業用を強調するためかな?と思いましたが、
あれはウソだったのかと。
原作では本当だったけど確かに無理がありますねあれで工業用は。
追加武装はフィギュアでは再現されてないでしょうね。
今急遽追加してるかも知れませんが。(か、WEB限定版か)

原作ベースは説明しなくても解るのですが、
(しかし子供向けとしてはどうかと思う所もいささか…)
追加設定にやや解りづらい所が。
具体的には3つの星。
SDガンダム脳には心技体のバランスなのですが…
多分歌の中にヒントがあるんでしょうが一回では解らずじまい。
ただリルルとピッポが生まれ変われた事の一つの解答ではありますね。
奇跡には違いないんですが漠然とした奇跡ではなく、
理由のある奇跡。
ピッポが男なのも一翼を担っているのでしょう。
※このリンクはダミーです。ポイントで確信に触れる感想。

そう言った設定をテレビSPでカバーしてくれたらいいのですが、
今の所予定はなさそう?
「のび太とドラ、静香しか鏡面世界に立ち入った事はない」など
基本設定はしっかりしているので次にあればいいなぁ。
DVDスペシャル版特典かも。

来年はリメイクならアレですか。
だとすると渡辺監督そろそろ出番ですよ。
関連記事

【2011/03/05 19:42】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック