生きているロボットをこよなく愛す
と言う事でドラ百科調査中に発覚した新事実、
「ドラえもん新事実50」(1980年7月号)について、
特に気になった点を。

まず基礎知識として、
作者は方倉先生ではありません。
そしてお決まりの「監修:藤子不二雄」
(表紙が見つからないので確かな証拠は出せないのですが…
コピー頼んでない訳はないのですがどこいった。)

また、当時の濃い読者に向けた「新事実」は伊達ではなく、
身長、誕生日、ペルシャくんなど甘っちょろい事は一切書かれておりません。
眉唾物新事実のオンパレード!
でも監修藤子不二雄だからな!
アンチ方倉ほど心して読むがいいぞ!

重要パーツの割には引っ張ったり外したり
鼻と尻尾は同一部品。
首輪は補助電源。

ドラミ様の装飾はそれぞれ別パーツの特注品ですが、
電機部品(?)の首輪はちゃっかり共通パーツであるという、
とても合理的な考え方ですね。
発想が物凄く方倉的だが気にするな!

ドラは量産型、ドラミ様は一点物。ノラミャーコさんはBの量産?
男はA型、女はB型。
クモロボットの様な中間の方はABなのでしょうかOなのでようか。
ここで重要な事はノラミャーコさん(女性型)の
量産ネコがいる可能性があると言う事でしょう。

間を取って五月二日ではどうでしょうか
各キャラの(今は別設定な)誕生日。
「ああドラ百科設定ね」と思ったあなた。むしろ貴様。
それならわざわざ取り上げたりはしません。

ドラ百科で誕生日が取り上げられるのはこの翌月。
つまり「静香が12月2日、スネ夫が3月29日はドラ百科設定」は誤りです。
また、これを読んで次回の原稿を描いた…と言うのは考えにくい為、
これは正しい公式設定であったと思われます。
少なくとも「スタッフの間である程度共通認識としてあった」のは
間違いないでしょう。
この記事が「監修:方倉陽二」でなければ。

※と言う事を書いたのですが、
単行本内で誕生日の記述があった気がしないでもないのでちょっと保留。

また、ノビスケは外人(西洋人)と結婚した事が明記されてます。
衝撃でもないですが重要な事実。

セワシ繋がりで先に出しますがドラの末路、
確かに必要そうではある
いつまでも一緒だったようです。
こうして代を重ねて支えて行き、
最後にセワシの元に戻るのでしょうか。
その時の未来は一体どうなっているのでしょう。

最後はみなさん大好きなドラミ様ネタ。
どれだけウインク光線好きなんだか
みんな大好きウインク光線。
誰もが方倉設定だと思ってたら、
ゲームで採用され、
新ドラでは公式設定になってしまいました超必殺技。
ハリケーンアタックよりこっちでオッケーよ。
でもGには無効。
Gごときには魅力は理解出来ないのです。
っていうか何をした不埒物どもめ。



他にもドラの価格など珍妙な事実がありましたが、
めぼしい所で拾ってみました。
ドラ百科終了後もこのような記事がある可能性がありますので、
機会があれば引き続き調査したい所です。

ちなみに初期コロコロの一部は痛みのため、
コピー不可になっています。
(具体的には分解ドライバーやターザンパンツの号)
そのとばっちりで初期ドラ百科もコピー不可があります。
電子化してくれたら問題なくなるのでしょうけど、
当分は辛い状態が続くかも。
関連記事


追記を閉じる▲
重要パーツの割には引っ張ったり外したり
鼻と尻尾は同一部品。
首輪は補助電源。

ドラミ様の装飾はそれぞれ別パーツの特注品ですが、
電機部品(?)の首輪はちゃっかり共通パーツであるという、
とても合理的な考え方ですね。
発想が物凄く方倉的だが気にするな!

ドラは量産型、ドラミ様は一点物。ノラミャーコさんはBの量産?
男はA型、女はB型。
クモロボットの様な中間の方はABなのでしょうかOなのでようか。
ここで重要な事はノラミャーコさん(女性型)の
量産ネコがいる可能性があると言う事でしょう。

間を取って五月二日ではどうでしょうか
各キャラの(今は別設定な)誕生日。
「ああドラ百科設定ね」と思ったあなた。むしろ貴様。
それならわざわざ取り上げたりはしません。

ドラ百科で誕生日が取り上げられるのはこの翌月。
つまり「静香が12月2日、スネ夫が3月29日はドラ百科設定」は誤りです。
また、これを読んで次回の原稿を描いた…と言うのは考えにくい為、
これは正しい公式設定であったと思われます。
少なくとも「スタッフの間である程度共通認識としてあった」のは
間違いないでしょう。
この記事が「監修:方倉陽二」でなければ。

※と言う事を書いたのですが、
単行本内で誕生日の記述があった気がしないでもないのでちょっと保留。

また、ノビスケは外人(西洋人)と結婚した事が明記されてます。
衝撃でもないですが重要な事実。

セワシ繋がりで先に出しますがドラの末路、
確かに必要そうではある
いつまでも一緒だったようです。
こうして代を重ねて支えて行き、
最後にセワシの元に戻るのでしょうか。
その時の未来は一体どうなっているのでしょう。

最後はみなさん大好きなドラミ様ネタ。
どれだけウインク光線好きなんだか
みんな大好きウインク光線。
誰もが方倉設定だと思ってたら、
ゲームで採用され、
新ドラでは公式設定になってしまいました超必殺技。
ハリケーンアタックよりこっちでオッケーよ。
でもGには無効。
Gごときには魅力は理解出来ないのです。
っていうか何をした不埒物どもめ。



他にもドラの価格など珍妙な事実がありましたが、
めぼしい所で拾ってみました。
ドラ百科終了後もこのような記事がある可能性がありますので、
機会があれば引き続き調査したい所です。

ちなみに初期コロコロの一部は痛みのため、
コピー不可になっています。
(具体的には分解ドライバーやターザンパンツの号)
そのとばっちりで初期ドラ百科もコピー不可があります。
電子化してくれたら問題なくなるのでしょうけど、
当分は辛い状態が続くかも。
関連記事

【2011/05/13 01:19】 | 藤子
トラックバック(0) |


三畔
「監修 藤子不二雄」となっています。URL欄に画像を貼りました。
監修藤子といっても、コロタン文庫の続ドラ全百科みたいな、本当に監修したのかあやしい例もありますけどね。
ドラの価格については作者がそうインタビューで答えていたと聞いたことがあります。これは意外と本当に監修藤子なのかもしれません。
ネコ集め鈴がニャーンと鳴る、ってのも三谷版ドラで見た記憶がありますが、これが初出なのでしょうか。


三畔
アップローダに扉絵を上げたのですが「禁止ワードが含まれています」とのことでURLは貼れませんでした。
コンビニろだの10325にありますので、場所が分かるようでしたら見てくださればと思います。


たま
三畔さんはじめまして?なんでしょうか。
扉絵ありがとうございます。
英字のみ(アドレスのみ)は弾く設定になっているので、
その関係かもしれません。
お手間を取らせてすみません。

って言うか原本持っているんですね。
うらやましいです。

設定についてはどこまで監修しているか謎ですね。
全く無許可では描かないだろうとは思いますが、
「浮いているのを後から知ってびっくりした」
発言がある以上何もかも信じる訳にはいきませんし。
(この発言もネームを見せられてびっくりしたのか、
本を見てびっくりしたのかで意味が変わりますが)

ただこの「新事実」に関しては、
「耳をどっちからかじられたか」なんて、
項目作っておきながら、
「どうも両方らしい」と
いいかげんな答えが帰って来ているので、
誰かに聞いているのは確かと見て良いでしょう。

そうなれば原作(とドラ百科)から読み取れない事を
はっきり答えている項目は信憑性がある、
と言えるのではないかと思います。

鈴のニャーンはどうでしょうね。
ドラ百科以前にそこまで突っ込んだ百科はなく、
ドラ百科にも書かれていない事ですから、
これが初出の可能性も高いかと思います。
それを三谷先生が記憶の中から掘り出したのか、
極秘資料があったのかはまた謎ですが。

そう言えば三谷百科も未収録・・・あるんでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「監修 藤子不二雄」となっています。URL欄に画像を貼りました。
監修藤子といっても、コロタン文庫の続ドラ全百科みたいな、本当に監修したのかあやしい例もありますけどね。
ドラの価格については作者がそうインタビューで答えていたと聞いたことがあります。これは意外と本当に監修藤子なのかもしれません。
ネコ集め鈴がニャーンと鳴る、ってのも三谷版ドラで見た記憶がありますが、これが初出なのでしょうか。
2011/05/27(Fri) 21:45 | URL  | 三畔 #-[ 編集]
アップローダに扉絵を上げたのですが「禁止ワードが含まれています」とのことでURLは貼れませんでした。
コンビニろだの10325にありますので、場所が分かるようでしたら見てくださればと思います。
2011/05/27(Fri) 21:51 | URL  | 三畔 #-[ 編集]
三畔さんはじめまして?なんでしょうか。
扉絵ありがとうございます。
英字のみ(アドレスのみ)は弾く設定になっているので、
その関係かもしれません。
お手間を取らせてすみません。

って言うか原本持っているんですね。
うらやましいです。

設定についてはどこまで監修しているか謎ですね。
全く無許可では描かないだろうとは思いますが、
「浮いているのを後から知ってびっくりした」
発言がある以上何もかも信じる訳にはいきませんし。
(この発言もネームを見せられてびっくりしたのか、
本を見てびっくりしたのかで意味が変わりますが)

ただこの「新事実」に関しては、
「耳をどっちからかじられたか」なんて、
項目作っておきながら、
「どうも両方らしい」と
いいかげんな答えが帰って来ているので、
誰かに聞いているのは確かと見て良いでしょう。

そうなれば原作(とドラ百科)から読み取れない事を
はっきり答えている項目は信憑性がある、
と言えるのではないかと思います。

鈴のニャーンはどうでしょうね。
ドラ百科以前にそこまで突っ込んだ百科はなく、
ドラ百科にも書かれていない事ですから、
これが初出の可能性も高いかと思います。
それを三谷先生が記憶の中から掘り出したのか、
極秘資料があったのかはまた謎ですが。

そう言えば三谷百科も未収録・・・あるんでしょうか。
2011/05/28(Sat) 23:00 | URL  | たま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック