生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントありがとうございます。
って言うかアレ読んだんですか(笑)
重ねましてありがとうございます。
ブログタイトルはアレをひたすら再翻訳かけたものなのです。
微妙に名残があるようなないような。
そんな感じでございまする。

アニメモジャ公は
キテレツと同じ方向で再評価されても良い作品だと思います。
全国ネットではないのが痛かったなぁと。

モジャ公アニメ化?
→なんだこの漫画(宇宙フレンド)
→でも一応観よう
→地方では放送しません
→文庫発売万歳!(ヤケ)

当時は原作至上主義でした。若かった。


CDは低評価の時代だったので実はそんなに苦労していなかったりします。
(ベートーベン以外)
値段も数百円、ものによっては数十円でした。
(ベートーベン以外)

想い出としては
学生時代定期をフル活用して、
時間があれば一駅ずつ降りて古本屋やCDショップをあさってました。
ジャンクの中から「レースのカーディガン」(当時は再録がなかった)を
見つけ出した時の喜びはひとしおでした。
探す楽しみにどっぷりと浸かった日々でした。

ネットではひょっこりとんでもないものが出てきますので、
破産しない程度に頑張ってください。
(あれやこれやから目をそらしながら)
関連記事

【2011/08/18 07:35】 | 更新履歴
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。