生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり嘘です。
「誰でもまじんランプ」(2000/5/12)
「魔人のいない魔法のランプ」のリメイク(?)版。
いやアレンジ(?)もといネタ元。

導入もかなり違い、
学校でも家でも命令されている「世界一不幸な少年」のび太が、
何とかして欲しいとドラに泣きつきます。
「命令する道具は…」と渋るドラに、
「命令したいんじゃないんだよ。命令される辛さををわかって欲しいんだ。」
→「わかった」

解るな!
長いつきあいなんだから学習して欲しいですねこのタヌキ。
昔はいつものパターンなんて言ってたのにボケたか。
中古ロボットだから仕方がないね。

とにかく取り出した道具は「誰でもまじんランプ」
名前を呼んで返事をすると魔人にすることが出来るとの事。
西遊記のひょうたんに近いものになってますね。

またこりもせずいつものパターンでママがお使いを申しつけます。
「ママ」で有効となり「あらびあーん」と吸い込まれ。
このセリフはママのみでした。アドリブ?

最強道具を手に入れたのび太は、
「史上最強の幸せ少年だ!」
と命令される辛さは何処に行ったのやら、
謎衣装で大歓喜。

道で会った静香になにげなーく呼びかけ、
魔人になってしまいました。
「早く戻さないと!」と焦って脳がいかれたのか、
「バイオリンを聴かせてくれ」と血迷った命令を。
流石に失態に気が付いたのかすぐ終わらせたので事なきを得ました。

次は順当にスネ夫であります。
「ジャイアンから漫画を取ってこい」と人でなしな命令。
スネ夫はやはり耐性があるのか魔人のくせに嫌がりますが、
命令は絶対だとけしかけます。
辛さが解ったようだからいいじゃん、ねぇ。

言うまでもなくぶん殴られるスネ夫。
しかし命令は絶対なので食い下がります。

「その漫画を取り返さないと…」
「ぼくは…ぼくは…」
「どうなるんだろう?」
3段目でためらった!
駄目ですよそこは勢いでいかないと!

「帰ってきたドラえもん」は当然作成済み

こんな時の正解は一つ。
「(元に)戻れないんだ!」
テストに出ますので覚えておきましょう。

主人公補正のないスネ夫は哀れ末期演出で消し炭に。
しかし幽霊のようになりながらもスネ夫は戻ってきた!
下げた手のように見えるのが(元)マンガであります。
これで安心して眠れるだろ、スネ夫。

当然ながらこんなのじゃ読めないやと嘆くのび太に、
安心の末期演出で怒り狂ったジャイアンが襲いかかってきました。

説明の必要もありませんが魔人化。
冒頭でジャンケンに負けた悔しさを発散させるために
ジャンケンを申しつけますが、
何度やっても勝てません。
仕方がないので強引にグーにして勝利。いいのか。

それから命令される辛さを教えるためにジャイ魔人をこき使うのび太。
オチは解っているでしょうに学習しません。

「ジャイ魔人GO!」のかけ声で
少女(CV倉田雅世)の愛犬チロを捕まえたり、
幼女の風船を取ってあげたり、
サッカー少年(CV水田わさび)のボールを取りに川に飛び込んだりと大活躍。
しかし礼を言われるのはのび太ばかりとなんとも理不尽。助けてゲイラさん!
余談ですが老人(CV長島雄一)はセリフ一言です。とんでもない。

自己(?)パロは今回見直して気が付きました

おまけに草むしりとお風呂掃除をこなした所で、
また魔人化させようとするのび太。
そこに救世主が登場します。
消し炭にされたのに蘇ったスネ夫は、
「返事をしちゃ駄目だ!」と言い残し倒れます。
駆け寄るジャイアン、焦るのび太、
みんな大好き末期演出でいかれ狂ったジャイアン!

のび太は何とか返事をさせようと、
顔と声を替えて呼びかけますが、
怒りに我を忘れたジャイアンは耳を貸しません。
おまけに何故かジャイ子顔で大激怒!

ここ声真似なら最高に面白かったのですが、
顔だけで存分に笑えるので良し!
って言うかどうなってるんだこれ(今更)

その頃忘れ去られたスネ夫をドラが発見。
ここで「かったよ、ぼく」です。
悪のりが過ぎるぞ今回の演出!
素晴らしい映画を作った渡辺監督に謝れ!
→演出:渡辺歩
うん解ってた。

当時は(主に良い意味で)ハイハイ渡辺くらいにしか思ってなかったし。やっぱり渡辺だなぁ

後はまぁ今更お約束でのび太はランプの中へ。
拾ったのは何故か先生で、
「宿題をやりなさい」と命令。
今更宿題ネタの処理です。
こんだけ無茶苦茶やってるんだからもはやどうでもいいぞ。

ランプを持っている先生を発見したドラの会話がまた無茶苦茶で、
「野比くんならここから出てきて…
宿題やれと言ったら向こうへ飛んで行きおった。」
この人も大概感覚が麻痺してますよね。

なにはともあれ宿題をするのび太にママ大感激。
特大コロッケを作ってくれるそうナリ。
命令の辛さは何処に行ったのか不明ですが、
面白かったので良し!
(演出除いたらシナリオは実は無難なドラでは…ってのは禁句。
良い悪いは言及しませんが、当時ネット環境無かったら
どんな感想を持ったのだろうと思う時はあります。)

こちらはソフト化していますが、
テレビ文庫なのでやっぱりVHSのみです。
ってか10年前より20年前の方が写りが良かったのか。ウチのテレビ。

次回は作監渡辺の幼女(マリちゃん)が出ます。
楽しみに待っててね。
(続きません)
関連記事


追記を閉じる▲
「誰でもまじんランプ」(2000/5/12)
「魔人のいない魔法のランプ」のリメイク(?)版。
いやアレンジ(?)もといネタ元。

導入もかなり違い、
学校でも家でも命令されている「世界一不幸な少年」のび太が、
何とかして欲しいとドラに泣きつきます。
「命令する道具は…」と渋るドラに、
「命令したいんじゃないんだよ。命令される辛さををわかって欲しいんだ。」
→「わかった」

解るな!
長いつきあいなんだから学習して欲しいですねこのタヌキ。
昔はいつものパターンなんて言ってたのにボケたか。
中古ロボットだから仕方がないね。

とにかく取り出した道具は「誰でもまじんランプ」
名前を呼んで返事をすると魔人にすることが出来るとの事。
西遊記のひょうたんに近いものになってますね。

またこりもせずいつものパターンでママがお使いを申しつけます。
「ママ」で有効となり「あらびあーん」と吸い込まれ。
このセリフはママのみでした。アドリブ?

最強道具を手に入れたのび太は、
「史上最強の幸せ少年だ!」
と命令される辛さは何処に行ったのやら、
謎衣装で大歓喜。

道で会った静香になにげなーく呼びかけ、
魔人になってしまいました。
「早く戻さないと!」と焦って脳がいかれたのか、
「バイオリンを聴かせてくれ」と血迷った命令を。
流石に失態に気が付いたのかすぐ終わらせたので事なきを得ました。

次は順当にスネ夫であります。
「ジャイアンから漫画を取ってこい」と人でなしな命令。
スネ夫はやはり耐性があるのか魔人のくせに嫌がりますが、
命令は絶対だとけしかけます。
辛さが解ったようだからいいじゃん、ねぇ。

言うまでもなくぶん殴られるスネ夫。
しかし命令は絶対なので食い下がります。

「その漫画を取り返さないと…」
「ぼくは…ぼくは…」
「どうなるんだろう?」
3段目でためらった!
駄目ですよそこは勢いでいかないと!

「帰ってきたドラえもん」は当然作成済み

こんな時の正解は一つ。
「(元に)戻れないんだ!」
テストに出ますので覚えておきましょう。

主人公補正のないスネ夫は哀れ末期演出で消し炭に。
しかし幽霊のようになりながらもスネ夫は戻ってきた!
下げた手のように見えるのが(元)マンガであります。
これで安心して眠れるだろ、スネ夫。

当然ながらこんなのじゃ読めないやと嘆くのび太に、
安心の末期演出で怒り狂ったジャイアンが襲いかかってきました。

説明の必要もありませんが魔人化。
冒頭でジャンケンに負けた悔しさを発散させるために
ジャンケンを申しつけますが、
何度やっても勝てません。
仕方がないので強引にグーにして勝利。いいのか。

それから命令される辛さを教えるためにジャイ魔人をこき使うのび太。
オチは解っているでしょうに学習しません。

「ジャイ魔人GO!」のかけ声で
少女(CV倉田雅世)の愛犬チロを捕まえたり、
幼女の風船を取ってあげたり、
サッカー少年(CV水田わさび)のボールを取りに川に飛び込んだりと大活躍。
しかし礼を言われるのはのび太ばかりとなんとも理不尽。助けてゲイラさん!
余談ですが老人(CV長島雄一)はセリフ一言です。とんでもない。

自己(?)パロは今回見直して気が付きました

おまけに草むしりとお風呂掃除をこなした所で、
また魔人化させようとするのび太。
そこに救世主が登場します。
消し炭にされたのに蘇ったスネ夫は、
「返事をしちゃ駄目だ!」と言い残し倒れます。
駆け寄るジャイアン、焦るのび太、
みんな大好き末期演出でいかれ狂ったジャイアン!

のび太は何とか返事をさせようと、
顔と声を替えて呼びかけますが、
怒りに我を忘れたジャイアンは耳を貸しません。
おまけに何故かジャイ子顔で大激怒!

ここ声真似なら最高に面白かったのですが、
顔だけで存分に笑えるので良し!
って言うかどうなってるんだこれ(今更)

その頃忘れ去られたスネ夫をドラが発見。
ここで「かったよ、ぼく」です。
悪のりが過ぎるぞ今回の演出!
素晴らしい映画を作った渡辺監督に謝れ!
→演出:渡辺歩
うん解ってた。

当時は(主に良い意味で)ハイハイ渡辺くらいにしか思ってなかったし。やっぱり渡辺だなぁ

後はまぁ今更お約束でのび太はランプの中へ。
拾ったのは何故か先生で、
「宿題をやりなさい」と命令。
今更宿題ネタの処理です。
こんだけ無茶苦茶やってるんだからもはやどうでもいいぞ。

ランプを持っている先生を発見したドラの会話がまた無茶苦茶で、
「野比くんならここから出てきて…
宿題やれと言ったら向こうへ飛んで行きおった。」
この人も大概感覚が麻痺してますよね。

なにはともあれ宿題をするのび太にママ大感激。
特大コロッケを作ってくれるそうナリ。
命令の辛さは何処に行ったのか不明ですが、
面白かったので良し!
(演出除いたらシナリオは実は無難なドラでは…ってのは禁句。
良い悪いは言及しませんが、当時ネット環境無かったら
どんな感想を持ったのだろうと思う時はあります。)

こちらはソフト化していますが、
テレビ文庫なのでやっぱりVHSのみです。
ってか10年前より20年前の方が写りが良かったのか。ウチのテレビ。

次回は作監渡辺の幼女(マリちゃん)が出ます。
楽しみに待っててね。
(続きません)
関連記事

【2011/10/30 11:04】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。