生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のび太の忍者修行」

ニンニン(アドリブ)は山を越え谷を越え、
何処かへ行ってしまいました。
ドロンも巻き添えでドロンしました。

いつも通りグダーとだらけているのび太。
咎められても、「だらけちゃ悪い?と」
悪びれる様子もありません。
別にする事もなければノンビリしてても良いとは思いますが、
頻度の問題か、
「大体のび太くんには忍耐力というものがないんだよ。」
と辛辣なタヌキさん。

「あっ、そうだ!」と取り出したのは、忍者と忍術の本。
忍で連想したのかもしれませんが、何の関連性もありません。
何を伝えたかったのかかなりの謎です。

その本も、
ハットリくんではなく
マンガでもなく、
もちろん史実ではなく、
絵なら絵本。実写ならコスプレ集と取れるよく解らないもの。
修行セットの付属品なら箱の中に入っているでしょうし、
何故こんな本を持っていたのでしょうか。

しかし単純なのび太は思惑通り(?)に感化され、
山を越え谷を越え、投げる手裏剣ストライク
の忍者でござるイメージを抱きつつ、
「ボクも忍術が使えたらいいな」と危険発言。
一般的な忍者イメージなのかもしれない。
元道具名からのイメージ先行かもしれない。
でもここの一連ののび太は某OPを意識しているような気がしてなりません。

案の定、「忍術が使える道具なんてない?」
と聞くのび太に、
珍しく「あるよ。」と即答。

間違った忍者修行セットを出す所まで計算通りなのでしょうか。
それとも先ほどの本は
この子供のおもちゃの付属品だったのでしょうか。
連続で出てきた事から、
ドラはこっそり巻物を使っている線も捨てきれませんね。

「忍術を軽く考えてもらっては困る。忍術は忍ぶ術なのだ。」
と忍耐ネタに戻って伏線も張っておきます。
結局お説教したいが為に忍者本を出したのでしょうか。
このタコ八先生。もといタヌ八先生。

中身を見て目をキラキラさせるのび太が可愛らしいですね。
運命が解っているだけに余計…

まず選んだのは「水上歩行の術」
なぜかサーフィンでヒロインさんから素敵ーと。
いやそれ歩行じゃないから。歩いてないから。

しかしながら出てきたのは水ぐも。
これ未来の道具なのでしょうか?
いやいや実際には水ぐもって使えないらしいですから、
使えるレベルに改良された未来の道具なのでしょう。
アメンボウ?なにそれ。

のび太は「ただ浮きの上に立つだけだろ。」と馬鹿にし、
「じゃあやってもらおうかな。」とタヌキ。
ドラには結果が解っていそうですが、
売り言葉に買い言葉って奴ですね。

哀れのび太はお風呂場で垂直にひっくり返る羽目に。
どんだけ深いのでしょうか。シネラマンも飲んでたの?
それともこれが未来の水ぐもの効果なのか!
ドンブラ粉内蔵の「どこでも水ぐも」とか。
恐ろしく意味がありませんね。

水の上なんか歩いてもしょうがないので
あっさりくじけるのび太が次に選んだのは、
「天狗飛翔の術」
ジャイアンをからかって逃げるのび太
「のび太さんかっこいい!」と静香。
ないないないない。

出てきたのはロボットツリーの種でした。
未来の道具っぽいぞ!
唯一未来の道具っぽいぞ!(禁句)
これを飛び越える事により跳躍力を養うと。

この時の忍者ドラが可愛らしいのですが、
ドラの目の動きが細かくて感服いたしました。
木の頂点に向けてちゃんと視線が動いているのですよ。

どんなに訓練しても家越えは難しいかもしれませんが、
そこは未来の道具、
飛び越えるごとにふわぐわガスなどを
少しづつ吹き付けてくれたりするのでしょう。
3年、1年、半年と期間がある事から、
ちょっとずつ投与して中毒もとい蓄積させるのです。

しかしのび太は1時間に設定し、
あっという間に飛べるはずがない高さになってしまいました。
1時間って設定があるのもどうかと思いますが、
ぐんぐん伸びるって事はい1時間ひたすら跳び続けるのですよね。
さすが未来、恐ろしい特訓メニューです。

「モイストハリウッドに行く」を思い出したり

最後は疾風百里行の術
風のように早く走れるそうです。
イメージは何故かかギリシア。
意味不明と言いたい所ですが、
月桂樹はオリンピックの象徴。
オリンピックと言えば全裸、
つまり全裸修行を示唆しているのですね!
なかなか知的だぞ、のび太。

さて、ここまででのび太は一度も忍者を考えていません。
別に忍者になりたいわけではなくて、
忍術が使いたい…
と言うか静香にキャーキャー言われたいだけなのですね。

背景が不穏ですが、
スカートがめくれるのもお構いなしで尊敬する静香。
これまでの一連のイメージって、運動が出来る人は素敵で尊敬される…
つまり暗に出木杉肯定してますよね。
その位置にはいつも出木杉(たまにたけしさん)がいるのですよね。
あわれ。

あ、道具はドシフン。
地面に引きずらないように走るのです。
なんだか長すぎる気がしますが、
どうせ30分コースなどにしたのでしょう。
1寸から6間まで自由自在の「のびちぢみふんどし」
うん未来っぽい。

何も脱がなくても良いのに半裸で走るのび太さん
「こんなとこ誰かに見られたら大変だ」
なんて言うのは見てくださいって事。
スネ夫に踏まれて転び、
その先には待望のヒロインさん。
よかったね。キャーと言われて。
イメージ通りスカートもひるがえりましたよ。
一番望みが叶ったんじゃない?

もちろん納得するわけがなく、
「もっと手っ取り早く忍術が使える道具はないの?」
とこの作品の主題に戻りました。
そう言えば大長編忍者主題ってやってないですね。
次は時代劇なんか良いのではないでしょうか。

さっきの巻物はなんなの?
と言うのび太に、
「子供の忍者ごっこに使うんだ。くだらない」とドラ。
なら何故持っている。
知ってるぞ。
こっそり使ってメスネコ覗いたり、
子猫に化けてきれいきれいされたりしてるんだろ。
この変態タヌキ!

これもまた名前変更された「お手軽巻物」
ドロンは別に良いのではないかと…
幽霊イメージの方が強いからか、単に巻き添えか。
関係ないけどドロンモドキの水谷先生、
ドロンの由来は幽霊で、
陰気な先生だと思っていました、
アラン・ドロンだったのですね。
陰気なのは陰木さんだけで十分ですよね。

10分間だけ変身が出来るそうです。
「忍術が堪え忍ぶ術なんて嘘ばっかり」
根本的に化けるのは忍者じゃないんですが…
あと安易な発言は後で泣く事になるぞ。

真っ先にガマガエルに化けましたが、
「イヤー」との反応は当然。
ガマガエルでもアレなのに巨大で二本足です。
「のび太だよ」って言おうものならなおさらキャーです。

でも何故ここでガマガエルなのでしょう。
ハットリくんを読んだ(原作)ならばカエルは敵のはず。
のび太はケムマキ派なのか!
ケムマキに投影していたのか!
驚かせるのが目的なら完全に成功です。
おめでとう。

今回のアニメでは、カエルに変身する絵でも本の中にあれば、
納得が出来たのかなと思ったりします。

当然静香には追い出され、街の住民には追われ…
10分立たないと戻れないので逃げ回るのび太。
ひたすら哀れですが、
疾風百里行の術とかくれみの術を駆使して待避。

彼は何がしたかったのか

さて次は皆様お待ちかねの犬変身。
カットするかと思いきや、
PTAすいせん子供に見せたいアニメに怖いものなし!
さあきれいきれいしましょうね。

犬と一緒には入らないと思いますが…
のび太の妄想と言う名のサービスですので問題なし。
あ、動物と一緒はエリさまの例がありましたか。

犬作戦は言うまでもなく計画倒れ。
最後に姿を消す事を選んだのですが、
何で「しずかちゃーん」って駆け寄っていくの?
見えないから「ステキ!」展開はないよ。
何でなの?

それに気が付いたのか、
見えない事を利用してジャイアンを殴る蹴るの方向に転換。
オチが解ってるのに懲りない子ですね。
出現後、もう一度消える事でジャイアンからは逃げられましたが、
見えない事が災いして自転車にはねられてしまいました。
衝撃は伝わる…と言うか自転車などひっくり返ると思うのですが、
どうやらこの人ははね慣れているのだと思います。
練馬にはよくある事です。

その後も、工事現場で土をかけられ、バットで殴られ、
引っ越しのタンスに当たり、サッカーボールにぶつけられて
おまけに踏まれてしまいました。
なぜみんな揃って気が付かないのか。
やはりよくある事なのでしょう。
この土地で不思議な事を気にしても仕方がないのです。
オバケとか透明なのは腐るほどいるのです。
気にするのは大ガエルくらいです。タヌキはスルー。

のび太はくじけず目標地点までやっと辿り着きました!
堪え忍ぶとは正にこの事!
迷うことなく風呂場に直行!
時間もないし急げ急げ。

直行しておいて「あ…」はないと思う。
いるの期待してたんでしょ?
みんなの期待に答えたんでしょ?

とてもタイミング良く実体化し、
山のような風呂道具をぶつけられるのび太。
忍者はここにいたのか!
関連記事


追記を閉じる▲
いつも通りグダーとだらけているのび太。
咎められても、「だらけちゃ悪い?と」
悪びれる様子もありません。
別にする事もなければノンビリしてても良いとは思いますが、
頻度の問題か、
「大体のび太くんには忍耐力というものがないんだよ。」
と辛辣なタヌキさん。

「あっ、そうだ!」と取り出したのは、忍者と忍術の本。
忍で連想したのかもしれませんが、何の関連性もありません。
何を伝えたかったのかかなりの謎です。

その本も、
ハットリくんではなく
マンガでもなく、
もちろん史実ではなく、
絵なら絵本。実写ならコスプレ集と取れるよく解らないもの。
修行セットの付属品なら箱の中に入っているでしょうし、
何故こんな本を持っていたのでしょうか。

しかし単純なのび太は思惑通り(?)に感化され、
山を越え谷を越え、投げる手裏剣ストライク
の忍者でござるイメージを抱きつつ、
「ボクも忍術が使えたらいいな」と危険発言。
一般的な忍者イメージなのかもしれない。
元道具名からのイメージ先行かもしれない。
でもここの一連ののび太は某OPを意識しているような気がしてなりません。

案の定、「忍術が使える道具なんてない?」
と聞くのび太に、
珍しく「あるよ。」と即答。

間違った忍者修行セットを出す所まで計算通りなのでしょうか。
それとも先ほどの本は
この子供のおもちゃの付属品だったのでしょうか。
連続で出てきた事から、
ドラはこっそり巻物を使っている線も捨てきれませんね。

「忍術を軽く考えてもらっては困る。忍術は忍ぶ術なのだ。」
と忍耐ネタに戻って伏線も張っておきます。
結局お説教したいが為に忍者本を出したのでしょうか。
このタコ八先生。もといタヌ八先生。

中身を見て目をキラキラさせるのび太が可愛らしいですね。
運命が解っているだけに余計…

まず選んだのは「水上歩行の術」
なぜかサーフィンでヒロインさんから素敵ーと。
いやそれ歩行じゃないから。歩いてないから。

しかしながら出てきたのは水ぐも。
これ未来の道具なのでしょうか?
いやいや実際には水ぐもって使えないらしいですから、
使えるレベルに改良された未来の道具なのでしょう。
アメンボウ?なにそれ。

のび太は「ただ浮きの上に立つだけだろ。」と馬鹿にし、
「じゃあやってもらおうかな。」とタヌキ。
ドラには結果が解っていそうですが、
売り言葉に買い言葉って奴ですね。

哀れのび太はお風呂場で垂直にひっくり返る羽目に。
どんだけ深いのでしょうか。シネラマンも飲んでたの?
それともこれが未来の水ぐもの効果なのか!
ドンブラ粉内蔵の「どこでも水ぐも」とか。
恐ろしく意味がありませんね。

水の上なんか歩いてもしょうがないので
あっさりくじけるのび太が次に選んだのは、
「天狗飛翔の術」
ジャイアンをからかって逃げるのび太
「のび太さんかっこいい!」と静香。
ないないないない。

出てきたのはロボットツリーの種でした。
未来の道具っぽいぞ!
唯一未来の道具っぽいぞ!(禁句)
これを飛び越える事により跳躍力を養うと。

この時の忍者ドラが可愛らしいのですが、
ドラの目の動きが細かくて感服いたしました。
木の頂点に向けてちゃんと視線が動いているのですよ。

どんなに訓練しても家越えは難しいかもしれませんが、
そこは未来の道具、
飛び越えるごとにふわぐわガスなどを
少しづつ吹き付けてくれたりするのでしょう。
3年、1年、半年と期間がある事から、
ちょっとずつ投与して中毒もとい蓄積させるのです。

しかしのび太は1時間に設定し、
あっという間に飛べるはずがない高さになってしまいました。
1時間って設定があるのもどうかと思いますが、
ぐんぐん伸びるって事はい1時間ひたすら跳び続けるのですよね。
さすが未来、恐ろしい特訓メニューです。

「モイストハリウッドに行く」を思い出したり

最後は疾風百里行の術
風のように早く走れるそうです。
イメージは何故かかギリシア。
意味不明と言いたい所ですが、
月桂樹はオリンピックの象徴。
オリンピックと言えば全裸、
つまり全裸修行を示唆しているのですね!
なかなか知的だぞ、のび太。

さて、ここまででのび太は一度も忍者を考えていません。
別に忍者になりたいわけではなくて、
忍術が使いたい…
と言うか静香にキャーキャー言われたいだけなのですね。

背景が不穏ですが、
スカートがめくれるのもお構いなしで尊敬する静香。
これまでの一連のイメージって、運動が出来る人は素敵で尊敬される…
つまり暗に出木杉肯定してますよね。
その位置にはいつも出木杉(たまにたけしさん)がいるのですよね。
あわれ。

あ、道具はドシフン。
地面に引きずらないように走るのです。
なんだか長すぎる気がしますが、
どうせ30分コースなどにしたのでしょう。
1寸から6間まで自由自在の「のびちぢみふんどし」
うん未来っぽい。

何も脱がなくても良いのに半裸で走るのび太さん
「こんなとこ誰かに見られたら大変だ」
なんて言うのは見てくださいって事。
スネ夫に踏まれて転び、
その先には待望のヒロインさん。
よかったね。キャーと言われて。
イメージ通りスカートもひるがえりましたよ。
一番望みが叶ったんじゃない?

もちろん納得するわけがなく、
「もっと手っ取り早く忍術が使える道具はないの?」
とこの作品の主題に戻りました。
そう言えば大長編忍者主題ってやってないですね。
次は時代劇なんか良いのではないでしょうか。

さっきの巻物はなんなの?
と言うのび太に、
「子供の忍者ごっこに使うんだ。くだらない」とドラ。
なら何故持っている。
知ってるぞ。
こっそり使ってメスネコ覗いたり、
子猫に化けてきれいきれいされたりしてるんだろ。
この変態タヌキ!

これもまた名前変更された「お手軽巻物」
ドロンは別に良いのではないかと…
幽霊イメージの方が強いからか、単に巻き添えか。
関係ないけどドロンモドキの水谷先生、
ドロンの由来は幽霊で、
陰気な先生だと思っていました、
アラン・ドロンだったのですね。
陰気なのは陰木さんだけで十分ですよね。

10分間だけ変身が出来るそうです。
「忍術が堪え忍ぶ術なんて嘘ばっかり」
根本的に化けるのは忍者じゃないんですが…
あと安易な発言は後で泣く事になるぞ。

真っ先にガマガエルに化けましたが、
「イヤー」との反応は当然。
ガマガエルでもアレなのに巨大で二本足です。
「のび太だよ」って言おうものならなおさらキャーです。

でも何故ここでガマガエルなのでしょう。
ハットリくんを読んだ(原作)ならばカエルは敵のはず。
のび太はケムマキ派なのか!
ケムマキに投影していたのか!
驚かせるのが目的なら完全に成功です。
おめでとう。

今回のアニメでは、カエルに変身する絵でも本の中にあれば、
納得が出来たのかなと思ったりします。

当然静香には追い出され、街の住民には追われ…
10分立たないと戻れないので逃げ回るのび太。
ひたすら哀れですが、
疾風百里行の術とかくれみの術を駆使して待避。

彼は何がしたかったのか

さて次は皆様お待ちかねの犬変身。
カットするかと思いきや、
PTAすいせん子供に見せたいアニメに怖いものなし!
さあきれいきれいしましょうね。

犬と一緒には入らないと思いますが…
のび太の妄想と言う名のサービスですので問題なし。
あ、動物と一緒はエリさまの例がありましたか。

犬作戦は言うまでもなく計画倒れ。
最後に姿を消す事を選んだのですが、
何で「しずかちゃーん」って駆け寄っていくの?
見えないから「ステキ!」展開はないよ。
何でなの?

それに気が付いたのか、
見えない事を利用してジャイアンを殴る蹴るの方向に転換。
オチが解ってるのに懲りない子ですね。
出現後、もう一度消える事でジャイアンからは逃げられましたが、
見えない事が災いして自転車にはねられてしまいました。
衝撃は伝わる…と言うか自転車などひっくり返ると思うのですが、
どうやらこの人ははね慣れているのだと思います。
練馬にはよくある事です。

その後も、工事現場で土をかけられ、バットで殴られ、
引っ越しのタンスに当たり、サッカーボールにぶつけられて
おまけに踏まれてしまいました。
なぜみんな揃って気が付かないのか。
やはりよくある事なのでしょう。
この土地で不思議な事を気にしても仕方がないのです。
オバケとか透明なのは腐るほどいるのです。
気にするのは大ガエルくらいです。タヌキはスルー。

のび太はくじけず目標地点までやっと辿り着きました!
堪え忍ぶとは正にこの事!
迷うことなく風呂場に直行!
時間もないし急げ急げ。

直行しておいて「あ…」はないと思う。
いるの期待してたんでしょ?
みんなの期待に答えたんでしょ?

とてもタイミング良く実体化し、
山のような風呂道具をぶつけられるのび太。
忍者はここにいたのか!
関連記事

【2011/11/08 07:38】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。