生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスに乗っておりましたら、
途中からおばあさんが乗り込んで参りました。

ここまではごく普通なのですが、
問題はしばらく後にやって来ました。
そのおばあさん、
座ってる高校生捕まえて席を譲ってと言い出しました。

戸惑う高校生。
しかし譲らないわけにはいきません。
うわぁ…って雰囲気の車内。

でもおばあさん、
自分は座らずに立ってた妊婦さんを座らせたのです。
で、「こちらの子が譲ってくれたと。」
学生さんには「とくを積んだね。」と。

しばらく立っていたばあさんも、
その後席を譲られめでたしめでたし。

ちょっと良い気分になった一日でした。
関連記事

【2011/12/21 19:34】 | たわごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。