生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でもいいものを作ってくれるんなら良し!
と言う事で最近飛び飛びなドラですが、
出来が安定して良いので存分に休んでくれ!
(いや別に作成の為に休む訳じゃないでしょうが)

レンタルDVDの新作も出た事だしな!
長い事止まっていたので一安心です。
「ドラえもんの歌」を観たい人は是非!

今回は一本目オリジナルストーリーでした。
不安半分でスタートし、
落書きを押しつけられた所で
タッチ手袋のアレンジかとも思いましたが、
非常に「らしい」話運びとテンポの良い展開で楽しませて頂きました。

原作からアニメ化って言うのはストーリーが解ってしまいますので、
時たまこう言ったオリジナルも混ぜていって欲しいなぁと思います。

生意気に良かった点とか出そうと思ったんですが、
このお話全部良かったです(オイ)
特に序盤のドラをはめるのび太が何とも。


もう一本は「21世紀のお殿様」
ただタイトル変えただけじゃなくて、
21世紀に合わせて(?)DSで遊ぶジャイスネが上手かったです。
他は原作に沿っていますので時代設定が特にない新ドラなら、
いっそタイトルそのままでやっても良かったですからね。
この辺の手を抜かないっぷりが良い感じ。

殿様が電球で感電→逃亡から
ママにたたき出される(違)演出に変わったのは、
電球では逃げ出すほどの感電しないからでしょうか。
いやちゃんとした根拠はないのでするかもしれないんですが、
経験上しない気がします(笑)

細かい追加要素としての一家との関わりと、
ファイトの使い方も良かったです。

総じて今回はとても良い出来で満足。
タイトルも戻りましたし…
これかからもこの調子で頼みます!
関連記事

【2007/11/02 23:54】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。