生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ありがちながら)ジョルジュのキャラは良かったです。
ジャイスネしずを絡めなかったのもお話の形としては良かったです。
*これは話として見た場合で、
子ども向けアニメとしてはメインキャラがいないのは寂しいかもな…
と最近思い始めてきました。
かかずさんなんてクレジット敵の剣士扱いでしたからね。

国をかけた戦争でありながら、
ドラ絡みの戦いはどうもギャグタッチで迫力のカケラもない…
のび太が女装のまま踊りながら闘うのは最初は笑えたけど、
歌いながらはやりすぎ…
関わらない人が真剣なだけに萎えます。
まぁ道具使えば余裕ってのは解るんですが、
海賊SPでもバトルは真剣だったのになぁと。

敵の3剣士も何故消えたドラの位置が解るのかとか、
そもそも何故いるのかの謎が残りまくりで、
今回はちょっとアレかも。
ドラミ様の演技力上昇だけはよかった。
いや「だけ」とは言わないけど…

・絵描き歌
「ドラミちゃんの」のはずですがロゴは「ドラミの」
いいけどさ。
折角千秋さん使うのならもっと歌わせろと言うのが本音。
CD収録に差し支えが出たら嫌ですが。

大晦日SP
ホイ…でしょうか。
なんかコロボックルと言うかアイヌっぽいけど、
まぁこれはあり。
あ、ドラコルルってアイヌっぽいよね(どこが)
関連記事

【2007/12/20 07:03】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。