生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆の世界に遊ぶ文化人たち行って参りました。
…たどり着くまでが大変でした。
とりあえずバスで近くまで行きまして、
番地を頼りに歩いたのですが見つからない。
5丁目の14番地まで来ましたが、
17番地がないって言うか道がない。

どうやら別の町内から
別の道路を使わないと入れないようです。
RPGかよ!
道理で案内が一つもないと思ったよ!
って事で戻り戻って行きますと看板発見。
残り1.4キロ…は良いんですが、
900メートルを切った所でまた表示がなくなり不安に。

もうどうしようもないから
進みましたら着きました。
結局2時間ほど歩きはなしでしたよ。

展覧会ですが、
いろいろな漫画家さんのメッセージや
原画を観られて満足です。
…筆使ってないのが多かったですが。
松本先生の書き下ろしに夢は(略)があって
吹き出しそうになりました。
A先生は描き下しハットリくん1点だけでしたが、
使っている筆(影千代のシール付き)の展示がありました。

常設で色々な筆の展示があったのですが、
ジブリ特注のものなどもありまして、
興味深く見せていただきました。
A先生のはチラシにもHPにも載ってないし
単品グッズもなしだったんで迷ったんですが、
カット1枚に2000円は…って事で図録はパス。
ルパンはポストカードいっぱいあったのに。

筆は100円ショップの2本100円の物しか使ってないし、
(極小は模型屋で勧められた1本200円のを使ってます。
熊野筆かどうかは知りませんが地元品らしいです)
シンナー浸けるんだから関係ないなと思っていたのですが、
サンプル触ってときめいたので買ってしまいました。
300円のを!
値段からして安い方なんですが、
もう凄かったねさわり心地が。

まだ使っていないんですが、
通販リストに入ってないので
もしまた欲しい場合は出向かないといけないのか…
ってかイベントに合わせていけば2割引だったのか…

メッセージコーナーがあったのでとりあえずドラ。
もちろん出してませんよ
昔書道やってたんで最初字を書いたんですが
あまりの劣化ぶりにごまかしたのは内緒だ。
関連記事

【2008/09/07 21:24】 | たわごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。