生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・現在(のび太4、5年生)のドラを基準
・(昔のメモが基本にはなっていますが)ほとんど記憶頼りです
 本はあるんですが参照してると進まないので…
・反則気味ですが、史実、時事ネタ、細かな年号は無視
・故に違っている事が多々あると思います。
ていうか妄想です。

・ドラに出てくる伊奈子さんはオバQと同一人物と見なす。
・ドラに出てくる(中学生?)エリ様(?)も同一人物と見なす。



7万年前:のび太の日本誕生

江戸時代:21エモン(先祖の5エモン時代)

およそ15年前:パーマン、忍者ハットリくん、倍速、換身
   (換身で魔土博士死んでしまうのでパーマン以後の出来事)


2~4年前:チンプイ、ウメ星デンカ、ドビンソン漂流記
  (チンプイ作中より。バードマンが来てたのは本編とは別件でしょう)

・ドラえもん(現在)
バケルくん、エスパー魔美、怪物くん、
宙ポコ、ポコニャン、中年スーパーマン左江内氏
    (デンカも登場するがチンプイ時に地球に漂流しているため、
     この時にはウメ星再建を果たしているものとして除外。
     宙ポコには静香(入浴中)が登場。
     ポコニャンののび太はのび太郎っぽいですが…
     左江内氏は大人のパーやんより。多少前後ありえる。)

1.2年後:ドラえもん(終盤)、オバケのQ太郎、

約4.5年後:新オバケのQ太郎
    (根拠は10/17参照)

約17年後:劇画・オバQ
    (新オバQの15年後なら約20年後)

50年後:21エモン
     (2018年の設定ですが現在の50年後と解釈)

22世紀:ドラえもん(未来)


大体こんな流れかと。
「45年後…」はほぼ21エモンの時代だったり、
パパとママが結婚したのはパーマンが活躍していた頃だったりと、
妄想が膨らみます。
アニメ21エモンでは
文化の発展は宇宙人がもたらしたものとなっていますが、
この宇宙人漂着ラッシュを見ると頷けます。
タイムマシンもそんな感じで出来たんでしょう。
いや江戸時代の技術かもですが(笑)
関連記事

【2008/10/18 21:46】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。