生きているロボットをこよなく愛す
三国志2観ました。
昨日の1は見逃してしまいまして、
これのために再加入したのに何やってんだって感じ。
見たところリピートもないっぽいので、
後半だけあってもなぁと録画しませんでした。
(別の意味で)ちょっと後悔。

見て解るかもしれませんが、
横山光輝原作と書かれている割にはデザインが全く違います。
…たまにある事です。
藤子で言えばポコニャン!とかモジャ公とか。
設定も全然違います。
まれにあります。
ポコニャン!とかモジャ公とか。
声優がやたら豪華です。
モジャ公とか豪華でしたね。

それはいい。
もうそれはいいです。
些細な事です。
于禁が女とかもどうでもいいです。
曹操が欧州人のハーフで金髪とか笑って流します。

蜀作る前に関羽と張飛と黄忠と、
劉備と曹操と司馬懿が死んだらだめじゃん。
三国出来てねぇぇぇぇぇぇぇ!
子供いないし建国前に断絶かよ!

とまぁツッコミどころしかありませんでした。
大胆なアレンジはいいんですが、
三国志にならないのはさすがにどうかと思いますよ。
あと何かあると爆破する孔明もねぇ。
いや爆破ならまだいいけど、
火薬じゃなくて閃光ですからね。

動きと声優がやたらいいのが逆にムカツク(笑)
夏侯惇の読みが「かこうとん」だったんですが、
横山の名前を使うんなら「かこうじゅん」であって欲しかった。
ってもうそんなレベルじゃないんですがー(正しいのは「とん」)
関連記事

【2008/11/02 23:59】 | サブカル類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック