生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロコロ伝説限定ドラフィギュア届きました。
タイトルはシリアル。
壊滅的に売れていませんね…

くろい

とりあえず開封していきます。
裏にはポリストーン製との記述があり、
「本商品は、小学館 コロコロコミック創刊号を元に製作して
おりますが、一部内容に関しまして変更・修正を加えており、
当時のものとは異なります。」
とも書かれています。改行が実に見事です(何)

そこそこ?
これが3900円のフィギュアだ!
記念で限定1000体なら元絵を大事にして欲しいです。
胴体いい加減すぎ。
ポリストーンのみにこだわらず、
シッポやひげは針金とか使っても良かったのに。
て言うかポリストーンじゃなくて良いのに(オイ)

ムラ
塗りが酷い…
塗料のはみ出しはまだ良いんですが(良くないけど)、
・首輪やシッポが境目まで塗れてない
・塗料の厚塗りででこぼこしている(油絵みたいと思ってくだちい)
・あちこち黒ずんでいる
記念1000体なのに…

塗れてない
口の裏側(音符部分)の塗れてなさが特に酷かったです。
いや全体的にこんなものなんですが。

飾れません
台座に本をセットできますが、
セットすると本がたわみます。
故におちおちセットできません。

中古FFの方が…
もうメインの豆本。
ドラが200ページ収録され、残りのページはメモ帳になっています。
コロコロ創刊号のドラは200ページなので、
内容などは当時に準じていると思われます。
青印刷で、当時の雑誌から取り込んだのかカスレもあり、
アオリも恐らく当時のままで、
学年誌の広告スペースには方倉先生の穴埋めカットが載っています。

また、これ以後に加筆されるものは加筆前の状態です。
よいこバンド(悪の道を進め)などなど。
そう言った意味では大変貴重な資料ではないでしょうか。
コロコロ創刊号がいくらで買えるかは解りませんが(笑)
(3~くらいなら1500円で買いました)
ちなみに収録されているのは

のび太放送協会
人間うつし
いいなりキャップ
仮病ぐすり
遠写かがみ
・ふしぎなきかい(役立つもの販売機)
無人島へ家出
・マジックボックス
無人たんさロケット
にっくきあいつ
アクトコーダー
念録マイク
宝物さがし
よいこバンド(悪の道を進め)
・手足につけるミニ頭
シャラガム
ぐうたらの日
パパのび太(りっぱなパパになるぞ!)

今現在普通に読めないのは「・」付けた3話程度です。
(まだあるかもしれないし収録されているかもしれませんが)
しかしそれもFFに収録されていますし、
相場的に3900円を出してこれを買うより安いかと。

これくらい良いじゃない
いわゆる差別的な表現のある話はないかと思いますので、
当時と違うのはこれくらいじゃないかと思われます。
関連記事

【2008/11/20 23:46】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。