生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15分一本?と思いましたが、
よく考えれば普通でした。
慣れって怖いなぁ。

「弟を作ろう」
キャンディーですぐについて行くのがのび太だなぁ…
ペロペロキャンディキャンディ。
ロリポップ


なんだかスネ太郎くんのママ(のママ?)みたい
すごい!


「えぇっ?忘れちゃったの!?自分の子供の顔!」
「って事はのびちゃんが2人ー!?」
近頃ののドラの無責任さと来たらもう。

しずかさん約1月ぶりに登場!
小さなのび太を抱き上げる所の作画…
と言うか表情の動きが凝っていますので
録画している方は一度コマ送りしてみる事をオススメします。

2本ともおいろけ
ここはいくらコマ送りしても無駄だけどな!

ジャイアンって意外に小さい子には優しいですね。
これで歴史が変わったら…

このシーンではスネ夫もだけど一貫して表情が違うんですよね。
蔑んでる笑いじゃないのが普段とちょっと違う感じ。

「お兄たんともっと遊ぶ…」
「今日はもう遅いからね。また今度、一緒に遊ぼう?」
最後に反発でもステータス目当てでもなく、お兄さんになった感じ。

ママの壊れっぷりがすごいです。
4変化どころじゃない

あとドラの無責任さ。

「悪の道を進め!」
えらい人の本って私も結構贈られましたが、
たまに読みたくなるものです。

シュバイツアーがすごく心に残ってます。
と言うか残ってるのはこのスープエピソード
こののち、シュバイツアーは肉入りのスープを食べなかったと記されていて、
なんて愚かな…と言うか意味のない事をするんだろうと思いました。
いや食べなかったのはそれはそれでアリでしょうけど、
「その日の夕食でスープに手を付けなかった」で締められていたんです。
これが作者の脚色だとしたら、
随分余計なものを付け加えてしまったと言わざるを得ません。
もったいないおばけが出ますよ。
と言うか食べ物を残さない事については厳しくしつけられたので、
これだけでシュバイツアーは偉人ではなくなりました(オイ)

だってただ食べないだけですよ。
食べなかったからって他の人の口にはいる訳じゃないんですよ。
まぁ今でしたらショックを受けた子供の心境は…とか、
そもそもこれ脚色じゃないかとか思えるんですが、
当時私も子供だったし(笑)

話を戻しまして、
以後のび太の行為が全て裏目に出る鬱展開。
心が痛みます。
壺2万円、ガラス10万円?…
と言うかのび太のアンダースローで割れるのか?

じつにまずい
もちろん「はあ~↓やれやれ↓」なのですが、
「はあー↑やれ↑やれ↑」のようにも見えます。
ドラだし。

お金を持ち出した事を怒られるオチに変更。
これはありですねぇ。
結果良ければよしとはなりません。
下半身ヘビみたい


次回はドラミ様誕生日SP。
素晴らしいです。
関連記事

【2008/11/28 23:06】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。