生きているロボットをこよなく愛す
サイクロナスー
架空飛行機

説明書呼んで笑いました。
実際に触ってみて更に笑いました。

ヘンケイプロセス。
なにこれ…
前後分割され機体を形成しているふくらはぎとスネを合わせる。
ウイング周辺とバーニアは肩、腕になるので、
機体下部から上部へ移動。
機首部分はボディ内部に格納。

ウサギミミオヤジ
とまぁ文章ではよく解らない変形をこなし、
このプロポーションこの稼働。
もう笑うしかないねこれは。
腰は回りませんが、かかととつま先がそれぞれ独立して稼働するので、
わりと無茶なポーズも立たせ安いのです。
キモの変形は難易度は高くないが、
部品が大きく移動するので楽しいという理想的な形。
素晴らしいです。
左手に握り穴がないのは謎ですが…
もし見かけたら手に取ってみる事をおすすめします。

しかしこの世界には既に「航空参謀 スタースクリーム」がいるのに
サイクロナスも航空参謀。
別に参謀が2人いても問題はないのですが、
No2の称号となると話は別。
これからどうなる事やら。


中古店でふとした拍子にドラえもんくっつくんですのつめあわせ発見。
そのなかに唯一持ってなかった物が…!
いかづちマントは伝説
と言う事でくつくんです1段コンプ
=シリーズオールコンプ。
最後の難関はどこでもドアでした。
いや難関って事はないんですが、
1つの為にかかる送料とか考えると…って事で。

ただこのシリーズ、
3段からは新品の出回りが多いのですが、
1.2段に関してはほとんどない=ミニブックでの確認が出来ないので、
このあたりの物は名称がはっきりしないのが困りものです。

何故名称にこだわるかって?
こんなイカれたエラーがあるかもしれないじゃないですか。

ひらりマントのはずです。
言うまでもなく。
発注した人と作った人はそのつもりのはずです。
広報がアホたったんでしょうか。
通した上司がアホだったんでしょうか。
誰か気付け…
関連記事

【2009/01/26 22:48】 | TF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック