生きているロボットをこよなく愛す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~緑の巨人伝感想に変えて~
感想は映画館行った時に書きましたし。
今は消えてるけど(オイ)

・恐竜2006
例えるならばDQ8
なにもかもすっかり変わってしまって、
ビジュアルも凄くなったけどやっぱりしっかりDQだった。
あたりまえだ。DQだもの。

・新魔界
例えるならばSFC版DQ2。
理不尽だったバランスを調整して、
地味だった子にイベント追加したり装備追加したり、
安心して遊べるようになりました。
それだけに何か物足りないなぁ…
サウンドなど前の方が良かった部分もチラホラ。
でも安心が一番。

・巨人伝
例えるならDQ7。
個々のエピソード・イベントは凄く良かったし、
良くも悪くも心に残りました。
でもその分総合的に何がなんだか。
とりあえずラスボス思い出せない。
神様は覚えてるんだけど(笑)
別に嫌いじゃないんですが人には勧めにくいです。



まぁそのなんだ。
前半は凄く好き。
後半の細かいエピソードも好き。
て言うかラスト30分以外は好き。
雰囲気とか空気は最高なんだけどさ。
宇宙漂流記みたいですね。

結末に不満を感じた人にはコミック版お勧め。
と言うか今作のコミック版はいい。
本当にいい。
F信者の私がコミカライズもので初めて泣いた。


・新開拓史
SFC版DQ3
元々の名作に入りきらなかった所を追加し、
さらに追加要素まで入ってる。
面白くないはずがない!

あ、でも追加された盗賊の使い勝手が良すぎて逆に…
頼みますよ本当。
関連記事

【2009/02/06 21:36】 | 藤子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。