生きているロボットをこよなく愛す
ハイテンションギャグ2本立て。
こう言うのやらせると新ドラは実に上手い。
のですが観る方は身体が持ちません(笑)

「のび太としずかの愛の家」
「しずかちゃんとスイートホーム」をバレンタイン仕様にアレンジ


大量のチョコをもらう出木杉
古典的表現多数ですね。
さあ、みんなでしっとマスクを呼ぼう
お約束の展開。
しかし静香ちゃんの渡し方が妙にドライに感じるんですが、
ザコなんか眼中にないと言う事でしょうか。
どうでもいいけど靴箱は臭いと思うな。
って言うか衛生面からして止めた方がいいでしょう。

「出木杉がしずちゃんを編んでマフラーに」が
「出木杉がしずかちゃんをチョコレートに、
チョコレートがしずかちゃんを…」
なんか型取りしたみたいですね(ヤメロ)


意図的ではなかったんですがドラのキャプ位置により流れがねつ造気味

なんと!出木杉へのチョコは勉強のお礼だった(棒読み)
作りすぎた余り物のチョコをのび太に進呈!
道具使ってても「作りすぎた」と表現してしまう辺り、
今作でののび太の扱いが伺われます。

「あとはご自由に…」のシーンでバックに声が聞こえるんですが、
何を言ってるのかよく解りません。
のび太の下は橋田さん
着実にクラスメイトリストが埋まってきています。
良い傾向。

微妙に可愛く見えるんですがどうでしょう
このギャグのために呼ばれたジャイ子。
ジャイ子の本名を明かさないのは、
同名の子がいじめられるのを防ぐためとか何とかと申しますが、
裏を返せばジャイ子に人権はないのでございます。
そもそもこういったオチのための子でございます。
これが当初の存在意義なのです。
その辺を忘れてはいけないのです。
笑ってやるのが手向け。

歓喜
原作ではジャイ→スネ落ちで終わりなのですが、
今回は何とのび太まで参戦。
のび→ジャイ→スネ
うむ!
スネ夫はメインキャラの中で唯一道具に感染されてませんね。
一人だけシラフなのがまた哀れでならない。
今回はきれいなジャイアンではありません。
美しいジャイアンなのです。
これテストに出るよ!

大歓喜

「余り物の」チョコを巡って漢たちの三角…でもないけど、
関係が複雑に!
ジャイアンが
のび太がスネ夫の気を引くために持ち込んだと誤解しますが、
この思想は彼の有名な理論、
「お前の物は俺のもの、俺のものは俺のもの」に繋がると思うのです。
すなわち、自分の欲しがるモノは人も欲しがるであろうモノである。
自分がそうであると同様に、
人も自分が欲しがる物を占有したいと思っているに違いない。
だから何としても渡さない。

我が儘で独善的で誰にでもある思想ですが、
逆に数限りない物は広く分け与えようと言うのもジャイアンの考え。
自分がよい物だから人もよい物だと思うであろうに違いない。
数限りないのだったら独り占めにするには忍びない。
→リサイタル


枠線内に入りながら必死で押しとどめ、
全員を引きずり出したドラの手柄でめでたく終了。
のび太は失言により静香ちゃんに嫌われてしまいました。
めでたしめでたし(オイ)
そう言えば旧版で、
静香がこれからみんなに
ローテーションでチョコをあげるってオチで終わった話がありますが、
あれどうなったんでしょう。
体の良い「あげない言い訳」だと思ったんですが…


と、今回は原作に更に暴走オチを追加しておりまして、
ギャグ全開で観る方も体力を消耗する傑作でありました。
いっそドラも踏み込んでいるので、
ドラ→のび太→ジャイ→スネ で、
通りがかったジャイ子が入ってしまい、
更に通りがかった出木杉が止めに入った結果、
大混乱で静香の絶叫オチでも面白かったかも…
趣味悪いですか。
関連記事

【2009/02/14 06:30】 | アニメ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック